2017年04月一覧

スポンサーリンク

ブログの内部リンクのメリットと注意点|関連付けできる記事も読ませてファンを増やす

wordpressでブログを書きためていくと、「〇〇については詳しくはこちら」という具合で内部リンクを貼りたくなると思います。内部リンクのメリットはとても大きいし、SEOにも影響してくるとも言います。メリットはありますが注意点もあるので、そこは把握しておきましょう。

ノンフィクションとフィクションの中間にある小説を手掛けて表現できること

ノンフィクションとフィクションの中間にあたる小説を手掛けています。というのも、いま書いている小説は実在のモデルの方の過去の自分史(ノンフィクション)と将来の夢(フィクション)を組み合わせたものだからです。世界でたった一つのリアルサクセスストーリー。そんなのがあれば素敵ではないですか?

私はなぜ小説を書くのか?会社を辞めてまで専念する4つの理由

僕はなぜ小説を書くのか?なぜ会社を辞めて独立してまで小説を書くことに執着するのか?本当にいま会社を辞めて執筆活動に専念していますが、これからの年収を捨ててまで執筆活動に専念する理由についてお話ししたいと思います。自分の思い通りに生きたい人は、ぜひご覧ください。

茶托がある場合のお茶の出し方の作法|このマナーだけは守りたい

お茶の出し方とか入れ方とかの作法にこだわる人って大嫌いです。茶托がどうとか、変なこと言う人種は滅びれば良いのにと思ってました。しかし、お茶の出し方の作法、特に茶托を使う場合は、たった1つ守った方が良いと思うことがあったので、考えを改めようと思います。

【ブログを書くのが怖い方へ】自己開示した方が良いこととしなくて良いこと

ブログでこんなこと書いたらどうしようとか、どう思われるだろうとか、そう思って書くのが怖いと感じたことはないですか。僕もブログを運営してきて、書くのが怖いと感じたことがあります。でも、自己開示した方が良いこともあるんですよね。ただ、逆に書かなくて良いこともあります。

ブログ管理人の名前をハンドルネームから本名公開へ|少し恥ずかしいけど

少し、いやかなり恥ずかしいですが、思い切ってこのブログをハンドルネームから本名に公開しました。ブログをハンドルネームから本名に変えるときは、かなり勇気が必要ですし、意外とやることも多いですが、変えて良かったと思っています。今後の方向性についてもお話しします。

あなたの未来のサクセスストーリーを小説にします【世界でたった一つの物語】

主人公があなたの小説。あなただけではなく、仲間も家族も一生忘れられない宝物になるリアルサクセスストーリー。小説の読者に衝撃と感動を与え、背中を押すことのできるサクセスストーリー。そんな、あなただけの物語があったら、読んでみたくないですか?一生の宝物になりませんか?

新しい人生を始めるために捨てるべき4つのこと|40代から自分を取り戻す

今から新しい人生を始めるにしても、四捨五入したら年齢は40かあ。いや、これからでも全然間に合います。実際に自分は37歳で会社を辞めて旅立ちました。「捨てる贅沢:新しい人生を始める30のヒント」という本には、自分の人生を生きるために捨てるべきことが書かれています。

simplicity2の記事の見出しだけをカスタマイズする方法|子テーマのCSSを楽々編集

simplicity2で見出しに色を付けたりするには、style.cssを使ってカスタマイズする必要があります。CSSというと拒絶反応が出てきそうですが、コードをコピペするだけです。simplicity2で見出しをカスタマイズする際のコードを紹介しますので、まるまるコピペしてください。

自分の殻に閉じこもることと殻を打ち破ることは紙一重だと思う件

「自分の殻を打ち破る」のは、とても大事なことだと思いますが、実は「自分の殻に閉じこもる」ことと紙一重になっていないかと思うことがあります。「自分の殻に閉じこもる」とは、どういうことなのか認識しないと殻を破るどころか、どんどん引きこもってしまいます。

「天使は奇跡を希う」を読んだ感想【ネタバレなし】

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の作者が書いた、「天使は奇跡を希う」(七月隆文著、文春文庫)を読んだので、ネタバレなしで感想を書こうと思います。「天使は奇跡を希う」も印象的な小説でした。どこか切なくて、一途でキュンとする。たまにはこんな小説を読んでみたい。

夢も希望もない30代独身の僕が会社を辞めて独立して思うこと

30代になって会社勤めを続けていた僕は、まさに夢も希望もない人生を送っていました。何か変えたいけどどうすれば良いかわからず、夢も希望もない人生で悶々とする日々。僕の30代前半はそんな人生でした。いま思い出すだけでもゾッとしますが、会社を辞めてようやく人生が変わりました。

会社を辞めて良かったか、辞めなければ良かったか?独立2ヶ月で思うこと

会社を辞める時に、あとから「あの時辞めなければ良かった」と後悔してしまうことが怖くなって、なかなか会社を辞められなかったりします。自分も退職するときはそうだったのですが、実際に辞めて見ると「辞めなければ良かった」と感じたことは一度もありません。

文章が下手でうまく書けないと思ってブログの更新がなかなか進まない人へ

文章が下手だからブログがなかなか書けないと感じることがあります。自分もそんなに文章がうまく書けないです。ブログでもそう。でも、うまいとか下手ってあまり関係ないんですよね。極端に言えば、誤字だらけで表現がおかしい記事でも、読まれるときは読まれるのです。

スポンサーリンク