心構え一覧

スポンサーリンク

現在幸せを感じられないのであれば不幸を感じる要素を全排除してみよう

現在の当たり前にある幸せを感じようという言葉を当たり前のように聞きます。とは言っても現在の幸せを感じられないことはたくさんあります。自分も幸福を感じられない人でした。ですが、いまは不幸の要素を取り除くことができたので、当たり前の光景に幸福を感じることができるようになりました。

【住所不定が夢】放浪しながら仕事をしたり生活したいという話

放浪しながら仕事したり生活したり、これからはそういうライフスタイルを追求したいです。お金があってもなくても、住所不定でいたい。そんな放浪しながら仕事するような人生、もはや特別な人にだけ用意されたものではなく、誰でも実践が可能な時代が来ているような気がします。まずは自分は二拠点生活から始めようかな。

「自分で調べろよ」「ググレカス」と簡単に言ってはいけない理由

仕事の場で、「それぐらい自分で調べろよ!」「ググレカスこの野郎」と言いたくなることがあります。でも、すぐに怒りを露にしたり、バカにするように「自分で調べろよ」とか「ググレカス」とか言ってはいけないような気がします。この辺について思うところを書いていこうと思います。

少し元気がない…疲れやすい…そんな時に友達の話を聞くと元気になる

いつもより少し元気がない、疲れやすい。昨日凹むことがあった・・・。人間はいつも元気でいられることなんて難しいですから、元気がない、最近疲れやすいと感じることはたくさんあります。自分もそんな感じです。このようなとき、どうすれば良いか、思うところを書いてみたいと思います。

夢リストを書くと本当に叶う?過去に書いたのを見直したらたしかに叶っている

夢リストを50個なり100個なり書くと、夢が叶うということは以前からよく聞く話です。自分も夢リストを書いたりしましたが、昔書いたものを見直すと、たしかに叶っている夢が結構ありました。本当に叶うんだなあ、と実感したので、実際に実現したことを書いていきたいと思います。

【実話】財布の中身が汚いので整理してみたら本当に金運が上がった!

財布の中身が汚い、つまり使わないポイントカードやくしゃくしゃのレシートがいっぱい詰まっていたりしていると金運が下がるとよく言われます。自分も財布の中身は汚い方だったのですが、ふと整理してみたら、本当に金運が上がったんです。というか、今までは悪かったのかもしれませんが。

茶托がある場合のお茶の出し方の作法|このマナーだけは守りたい

お茶の出し方とか入れ方とかの作法にこだわる人って大嫌いです。茶托がどうとか、変なこと言う人種は滅びれば良いのにと思ってました。しかし、お茶の出し方の作法、特に茶托を使う場合は、たった1つ守った方が良いと思うことがあったので、考えを改めようと思います。

自分の殻に閉じこもることと殻を打ち破ることは紙一重だと思う件

「自分の殻を打ち破る」のは、とても大事なことだと思いますが、実は「自分の殻に閉じこもる」ことと紙一重になっていないかと思うことがあります。「自分の殻に閉じこもる」とは、どういうことなのか認識しないと殻を破るどころか、どんどん引きこもってしまいます。

エイプリルフールについた嘘は現実になるか?現実にならないか?

エイプリルフールになると、いろんな人がfacebookで嘘の投稿をします。自分もそうですが、現実になると嬉しい嘘を書くようにしています。去年のエイプリルフールでは「会社を辞めた」と書いたら、見事に現実になることに。だから今年も実現したら良い嘘を付いてみました。

【頑固な人と素直な人】成功者になるならどちらを目指すか?

すごい頑固な人もいれば、「えー!」と思うほど素直な人もいます。自己啓発書なんかを読むと、「素直になろう」と書いている本もあれば、「頑固になろう」と書いている本もありますよね。成功者になるには、どちらを目指した方が良いのでしょうか?そもそも相反するものなんでしょうか?

「人生に疲れた」そんな無気力状態から変化できる4つのヒント

「人生に疲れた」「もう何もしたくない」と無気力状態になってしまうこと、自分にはたくさんありました。人生に疲れたと思うほど無気力なときは、「もう自分は何をやってもだめだ」と自己嫌悪に陥って、ますます生きる気力を失います。しかし、そんな状態から変化できる4つの方法があるのです。

「眠い」「だるい」「疲れた」「動きたくない」ときの5つの過ごし方

眠い、だるい、疲れた、動きたくない……。はあ……。せっかく仕事から帰ってきたのに、もしくは土日なのに、そういうことありますよね。だるくなる理由はいろいろあります。ずっと仕事で全力出してきて疲れ果てた。テンションの高い状態で仕事して土日を迎えると、何もしたくない感じになります。

誰かにすがる人の4つの特徴|自立できる人とできない人の違い

たまに見かけるのが、すがる人。「この人に会えば、きっと自分を変えてくれる」「この人はすごい!神様だ」みたいな感覚になってしまう人。「何か新興宗教にはまってしまったんじゃないか?」と思ってしまうくらいになってしまう人。でも、すがる人にすがられた当の本人は、ちょっと迷惑……。なので、結果として遠ざけられてしまう。

「仕事に疲れた」「誰か助けて」そんな思いを打ち明ける安心安全な場の必要性

自分の前職時代のように、会社の仕事に疲れた、さらに誰か助けて……と思っているのは自分だけではない気がします。で、このように「疲れた」「逃げたい」「助けて」と思っている人は、誰かにその気持ちを打ち明けているかといえば、ほとんどの人は誰にも言えずに悩んでいるような気がします。

不要な執着を手放すことで幸せを引き寄せる|容赦なく捨てた3つのこと

実際に会社を辞めてみると、いかにこの感覚が不要な執着だったかがわかります。この執着を手放すことで、大切なものを引き寄せることができます。手放してはいけないもの、手放したくないものを引き寄せることができます。もちろん、多幸感に満たされることもできます。

必要なものまで断捨離していないか?捨ててはいけないもの3つ

断捨離とかミニマリストとか、手放すとか、そんなことが当然のように聞こえてくる現代。自分もそういった考えは大好きですが、必要なものまで捨てていないでしょうか?自分は会社への依存を捨て、ついでにfacebookの友達は100人減らし、家賃15,000円(共益費込み)の部屋に引越し、テレビもなければ洗濯機もありません。

自己否定感を克服するための4つの方法|僕も昔は自分が嫌いでした

自分のことが嫌い……、自信がない……、生きづらい感じは自己否定感からやってきます。自己愛の欠如、セルフイメージの低下と置き換えればわかりやすいかと思います。何とかして克服したいところですが、自問自答したところで答えは出てきません。生きづらさは家族関係、職場の人間関係、恋愛……、様々な理由がありますが

仕事ができないという思い込みを取り外すための簡単な方法

自分は長らく仕事ができないという思い込みがありました。何年も会社員を続けてきて、「別に自分がいなくても仕事が回るんじゃないか」とか、いまいち成果を上げたような気にならなかったり。また、周りから「これじゃだめだ」「使えない」「仕事ができない」とか心無い言葉を浴びたりして、本当にそう思い込まされたりすることもありました。

本は一度読んだら捨てるくらいがちょうどいい気がする

今日は主に新居に持っていく書籍の分別をしていましたが、ここで感じたのは、本は一度読んだら捨てるのが良いこと。本も大量に持っていたら邪魔ですからね。読まない本なんて、ただの飾り。そう思って全然読み返していない本を容赦なく捨てたんです。そしたら10冊中9冊はゴミ箱に消えていきました。

セミナーを開催したいと思ったら友達にニーズを聞こう

セミナーに参加するのも良いですが、自分も主催したり、得意分野で開催したいと思っている人は多いと思います。でも、どういったことをテーマに開催していけば良いか迷うこともあると思います。思いつくまま主催してみたが、全然集客できなくて中止になることもあると思います。

意外と他人と比較してしまう自分がいることに気付いて少し凹む

自分はそんなに他人と比較してしまう人ではないと思っていました。自分は自分みたいな感じで、誰がどうなっていようが、別に気にしない人だと思っていました。でも、実際のところどうなんだろ……、結構自分の場合他人と比較してしまうことがあるんじゃないか、そう思うようになってきました。今回は、その辺について思うところを書いていきます

あまりにテンションが高いと逆に仕事が進まなくなる件

それは当たり前の話なのですが、あまりにテンションが高いと仕事に影響してしまうようです。実は最近テンションが高い状態が続いているので、そんな感じになってしまうことがあります。今回はその辺について思うところを書いてみたいと思います。ちなみに、ここでいう仕事とは、僕は会社員とブロガーのダブルワークをしていますが、両方指します

何がしたいのかわからない人へ|夢は大きくないとダメと勘違いしてないか?

よく将来の夢とか語るときに「何がしたいのかわからない」と言う人は案外多いです。「みんなにアピールするような夢はない」「別に俺は目標なんてない」そう考える人、結構多いです。「おれは何となく生きていければ、それで良いやあ」なんてことを口にする人は多い。というより、ほとんどの人はそうでしょう。

スポンサーリンク