名作ドラマ・映画一覧

スポンサーリンク

【映画の感想】「海賊と呼ばれた男」で仕事の熱い思いを取り戻そう

先日、海賊と呼ばれた男の映画版を観に行きましたので感想を書きたいと思います。原作を読んだのが3年ほど前。めちゃくちゃ熱い気持ちになったのを覚えていますが、2回読んだりしていませんでした。どんな名著でも、3年も経てば内容を忘れてしまいます。そのタイミングで映画を見るのも良いかなと思ったので、観てきました。

「君の名は」は絶対にカップルで見るべきと思った3つの理由

何度も観たくなると話題の「君の名は」を観に行きました。とても良い映画でした。映像と音楽が頭から離れません。たしかにこれは何度も観に行きたい。でも、観て思ったのはカップルで見るべきと思ったことです。で、自分はぼっちで観に行ってしまいました。なぜぼっちではなくてカップルで見るべきと思ったか、思うところを書きたいと思います。

映画「怒り」の感想|豪華キャストに惹かれて原作を読まずに観に行った

今回は映画「怒り」を観に行った感想を書きたいと思います。ちなみに原作はまだ読んでません。(同じ原作者の「悪人」は読んでます)渡辺謙、宮崎あおい、松山ケンイチ、妻夫木聡、綾野剛、高畑充希、森山未來、広瀬すず、このキャスティングを聞いただけでも力を入れて作った感じがわかります。

「君の名は」でひとり映画してきた|ぼっちで観に行って何を感じたか?

映画「君の名は」を観に行ってきました。別記事でも感想書いていますが、実はひとりで観に行きました。ぼっちです。映画館に行くこと自体、約2年ぶりなんですが、ひとりで映画館は、これまでも何回か経験したことあります。映画見ている間は別に誰かと話すわけではないし。一人でもあまり抵抗ないんです。

映画「君の名は」はどれくらい余韻に浸ることができるのか?

今回見てきたのは、「君の名は」です。ヒットしていますよね。しかも余韻に浸るとか、周りの評判も良いです。自分の感想としてはたしかに、印象的な映画でした。どれくらい余韻に浸ることができるか、いろいろ書きたいと思います。今後も映画の感想とかもブログにアップしていきたいですね。

面白かった90年代のドラマを8つシェア|今でもたまに見たくなる

大学時代や社会人になってから見た2000年代、2010年代のドラマなんかは、あまり印象に残っていない。決して面白いドラマが全然なかったということはなかったのですが。どの年代でも、中学高校時代に見たものは印象に残りやすいのかもしれません。現にたまにその時代に触れたテレビドラマとかマンガとか読みたくなることがあります。

【名作社会派ドラマの感想】聖者の行進の悽惨な虐待シーンの衝撃度が凄すぎる

90年代野島ドラマの中でも、突出して悽惨なシーンの多いドラマです。工場で働く知的障害者の青春を描いたドラマなのですが、実在の虐待事件をモデルにしているらしく、これでもか、というくらい虐待シーンが繰り広げられます。しかも容赦ない。見ていて目を背けたくなるようなシーンがとても多い。あまりに過激な描写に、スポンサーを降りた企業

【名作ドラマ】中学時代に見た高校教師(1993年のほう)のクオリティが今観ても凄い

そのうちの1つが高校教師だと思います。もちろん2003年の上戸彩のほうではなくて、1993年の桜井幸子のほうです。当時は野島伸司ドラマの絶頂期でしたが、その野島ドラマの中でも最高峰クラスの作品ではないかと思います。(個人的には人間・失格も同じくらい好きでしたが)

【映画の感想】ブラックレイン|鬼気迫る役者の演技がすごい映画の感想

出演している役者全員が鬼気迫る演技をしているんですよね。特にヤクザ役の役者が。見ていて、貫禄ありすぎて、見ているだけで緊張してしまう。スクリーンではなく、実際に見ていたら、その緊張で逃げ出したくなるような演技するんですよね、出演者全員が。

ドラ泣きをもう一度|DVDの「stand by me ドラえもん」の感想

去年映画館で感動して泣いてしまった「stand by me ドラえもん」もそうです。映画館で見た時に、「これはDVDが出たら買おう」と思いました。もう1回ドラ泣きしたいんです。Amazonで予約可能であることに気付くと即効で予約して1ヶ月以上経ったかな?ようやくDVDが届いたので、早速再鑑賞しました。

スポンサーリンク