小説を書く理由一覧

スポンサーリンク

なぜ大人になって将来の夢を叶えるのが無理だと思ってしまうのか?

将来の夢を叶えようとしても「おれには無理だよ」とすぐに諦めてしまう。子供の頃はそんなことなかったのに、大人になってから、将来の夢を持つことすら許されないような閉塞感すらある。無理なことしないでまじめに働け、みたいな。でも、本当はみんな自分の生きたいように生きたいはず。

【小説や自分史を書いて欲しい人へ】あなただけのリアルサクセスストーリー

あなたの過去の自分史と未来の夢を描いた小説があったら読んでみたいと思いませんか?僕はそんな小説を書くことにしました。書いて欲しいという方がいれば、いつでも問い合わせは受け付けます。世界でたった一つだけの、宝物のようなリアルサクセスストーリー。そんなのがあったら素敵だと思いませんか?

自分を押し殺して会社に人生を捧げると必ず破滅的な未来が待っている

会社に人生を捧げるなんて、何とも嫌な響きですね。なんか、自分を押し殺して、給料という名の人参をぶら下げられてラットレースをのたうち回る負け犬みたいな感じで。でも、実際に会社に人生を捧げるなんて、たしかにバカげていると思いますし、人生が破滅すると思います。

他人ではなくて自分の人生を生きるために何をしてきたか?

自分の人生を生きるためにどうしたらいいのだろうか?最近当たり前のように聞かれる「他人の物差しではなくて、自分の人生を生きるために行動を変えよう」という言葉。いったいどうすればいいのでしょうか?公私ともにとても重要なことなので書いていきたいと思います。

もう人生に疲れた、何もしたくないよ……毎日が辛くて仕方ない人へ

人生に疲れた、もう何もしたくない、動く気力すらない。そういうふうに感じてしまうほど、心が追い詰められて疲れ果ててしまうことがあります。人生に疲れた、何もしたくないとは、何かを変える必要があるシグナルです。そんなとき、どうしたら良いかを書いてみました。

ノンフィクションとフィクションの中間にある小説を手掛けて表現できること

ノンフィクションとフィクションの中間にあたる小説を手掛けています。というのも、いま書いている小説は実在のモデルの方の過去の自分史(ノンフィクション)と将来の夢(フィクション)を組み合わせたものだからです。世界でたった一つのリアルサクセスストーリー。そんなのがあれば素敵ではないですか?

私はなぜ小説を書くのか?会社を辞めてまで専念する4つの理由

僕はなぜ小説を書くのか?なぜ会社を辞めて独立してまで小説を書くことに執着するのか?本当にいま会社を辞めて執筆活動に専念していますが、これからの年収を捨ててまで執筆活動に専念する理由についてお話ししたいと思います。自分の思い通りに生きたい人は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク