2016年01月一覧

スポンサーリンク

うざいけど怒れない……かまってちゃんの本当は辛い心理と行動と対処方法

正直うざいと感じてしまうかまってちゃん。自分なんかも、ついかまってちゃんが近付いてきても、あまり相手にしなかったりするんですが、かまってちゃんは、常にかまって欲しいというわけではなく、かなりメンタルが弱っているとき、つまり何か辛い、嫌な状況にある時にそういう行動に出たりするので、結構他人事でなかったりします。

家賃が1万円台!これはびっくり!青森大学近くの賃貸情報

青森県内の賃貸情報について調べていました。なるべく家賃にお金をかけたくないし、独身なので、できるだけ安い物件を探してみました。そしたら、びっくりするほどあっさりと、家賃が1万円台の物件をごろごろと探すことができて、かなりテンション上がりました。しかも、物件を見てみると、1Rとはいえ、かなり充実した部屋になっています。

自分と同じ考えの人ばかりの世界があるとしたらどうなるか?

最近、「自分と同じ考えばかりの人がいたらどう?」ということが話題になりました。周りに自分と同じ考えを持ったばかりの人だらけなのか。そういえば考えたことなかったですね。ということで、今回は少しテイストを変えて、もしそういう世界があったらどうなるかについて考えてみました。

文芸美術国民健康保険と国民健康保険の保険料の違いを比較する

文芸美術国民健康保険というのがあります。自分も退職後の国民健康保険をいろんな条件で計算してみたんですが、やはり高いですね。しかし、文芸美術国民健康保険であれば、ある一定以上の収入がある人であれば、健康保険の節約になるみたいです。今回、保険料の違いについて比較してみました。

【独身の退職】国民健康保険と任意継続どちらが得なのか?

基本的に国民健康保険に入ることになりますが、退職する会社に2ヶ月以上在職していれば、在職中加入していた健康保険を2年間任意継続することができます。2ヶ月以上勤め上げていれば、どちらを選んでも良いということですが、問題なのは、どちらが安いか、ということになります。自分は独身なので、今回は独身者対象の場合を中心にシェア

フリーランスは結婚できないとか言われてるけど本当なの?

「将来は会社を辞めてフリーランスになろうと思っている」なんてことを言うと、「結婚はどうするの?する気ないの?」とか言われることがあります。特に自分の両親はその傾向が顕著で、「会社辞めるぞ~」なんてことを言うと、「結婚できないぞ~」なんてことを言われてしまいます。「会社勤めの方が相手見つかるぞ~」ということは、

お金を使うべきところで使わない残念な人の特徴3つ

お金、使うべきか、それとも将来のために貯金するべきか。これは結構迷うところでもあります。自己啓発書を読めば、「若いうちはお金を溜め込まずに積極的に自己投資に使うべき」なんて書いてあるし、金融系の書籍を読めば、「若いうちから積立投資して複利の効果でお金を増やそう」なんてことが書いてあります。

アフィリエイトの複式簿記|発生主義と現金主義【初めての青色申告】

2015年の僕の収入は、会社の給料以外はアフィリエイト収入だけなので、今回はアフィリエイターの立場で複式簿記について書こうと思います。ちなみに、僕の収入の内訳は、一番大きいのがグーグルアドセンス、他にアマゾン、楽天、A8.net等のASPとなっており、多くの副業ブロガーの収入源とあまり変わりません。

騙されるな!生命保険のセールストークのツッコミどころ4つ

これから紹介するセールストークは、売り文句というよりも、なぜか一般的な常識と捉えられてしまっている側面もあります。しかし、人生で2番目大きな買い物と言われる生命保険は、必要以上に加入してしまうことで、経済的に不自由となり、安心を得るどころか不安だらけの人生になってしまいます。それだけに、保険会社の売り文句を鵜呑みに

大宮駅付近で上限あり(最大料金)の駐車場についてまとめてみた

今回は新幹線が止まる大宮駅界隈で、上限あり(最大料金)の駐車場について、調べてまとめてみました。旅に出られる方、出張行かれる方、いろんな人がこの記事をご覧になると思いますが、気を付けて行ってきてくださいね。※カーナビでセットできるように、住所を記載しています。ぜひ活用してください。

【会社を辞めて旅に出る】そして自然に溶け込み生きる実感を得る

会社を辞めて旅に出る……。そんなことを考えたことがあります。そして、最近またそんな衝動に駆られることも多いです。「会社を辞めて旅に出る」までは行かなくとも、休職して旅に出たいと思うこともあるし、実際に有休使って旅に出たこともあります。ただ、有休を使って旅に出る程度では、得るものも限定的な気がします。

何もないからこそ幸せを感じる|物もお金も持たない贅沢

「モノやお金がなくても豊かに暮らせる。-もたない贅沢がいちばん」(ヘンリー・D・ソロー著、増田沙奈訳、興陽館)。最近、この本のようなタイトルのような考えや思考に心惹かれるようになってきました。何もないからこそ感じることのできる幸せ。車も家も家具も家電製品も、何もないからこそ見える情景、感情。

確定申告のおすすめ会計ソフトのMFクラウドに登録して無料で本をもらった

何といっても今のうちに青色申告に慣れておきたいのですが、必須でないとなると、一気に緊張感がなくなる……。ですが、とりあえずは会計ソフトで勧められたMFクラウドに登録。登録したら、無料で本がもらえちゃいました♪ということで、ぼちぼち確定申告の準備始めます。ちなみにMFクラウドは多くの人が勧めていますね。

本当はしなくていいことを手放してもっと楽に生きませんか?

本当はしなくていいことがたくさんある。しなくていいことを止めて、もっと楽に生きよう。今回紹介するのは、そんな引き算思考の本です。「しないことリスト」(pha著、大和書房)。著者のpha氏は28歳で会社を辞めて、それ以降はブログの広告収入等で生計を立てているそうですが、決して成功者ではないし、金持ちではない。でも、幸せそう。

デトックス後の理想の心と体の状態をしっかりイメージしてみた

デトックス後の理想の心と体の状態について、書いていきたいと思います。心が折れそうな時は、成功後のイメージを持つことって大事でしょうからね。なお、これから書く事は、トレーナーさんから「ぜひ書いておいてください」と言われたことです。思わずカップラーメンを食べてしまった……、なんてことがないように、

3週間のファスティング生活スタート|果たして耐えられるか?

2週間の1日1食生活を終え、これから去年11月以来のファスティング生活に入ります。しかも3週間という長丁場です。地獄の日々となるのか、悟りの日々となるのか。1週間ですら葛藤の日々でしたが、今度は想像を絶する期間です。ちなみに、今のところ周りで3週間のファスティングをやった人は、いただろうか?完全に未知の世界です。

今の仕事を続けたら人生お先真っ暗ではないですか?

これまで会社員を続けてくると、ぞっとすることをたまに考えてしまいます。3年後、5年後、10年後……、今の仕事を続けていたら、間違いなくお先真っ暗でしょう。ずっと今の会社で働くことを考えるだけで気持ちが悪くなって、食欲がなくなってしまいます。「お前は将来〇〇にしようと思うから、こういう仕事の経験積んでおけよ」みたいなこと

健常者∝障害者クロストーク会~みんな違いがあってみんな良い~に行ってきた

先日、青森市内で開かれたイベント、「健常者∝障害者クロストーク会」に行ってきました。今回は3回目で、自分は弘前で行われた2回目も参加しています。健常者って?障害者って?その違いは?ということを話し合うような堅苦しい感じではありません。第3回目となる今回は、市民活動団体SHITの説明会という形で行われました。

みんなで語り合う|夢リストワークショップを開催しました!

以前告知したように、青森市で夢リストワークショップを開催してきました。男性2名、女性2名の計4人での開催。夢リストをシェアする機会はいずれ作りたいと思いつつ、今回初めて試みたので、どんな感じになるかドキドキでしたが、語り合う場で良いアイディアが出たり、「それだったらこの人に話をしてみるよ~」という話が出てきたり、

辛い!イライラする!叫びたい!叫びの壺を買ってみました

理想と現実のギャップに苦しんでいる状態のとき、充実感がないばかりか、不安に心が締め付けられているようなときは、情緒不安定になります。とても辛い状態です。一種のうつ状態なので、落ち込みを経験することも多いですが、イライラして叫びたい衝動に駆られることも少なくありません。

次こそ本が売れる!印税を稼ぐぞ!処女作を出版して感じた反省点6つ

印税を頂いた時は、会社の給料の何倍も嬉しかったですね。ですが、処女作を出した時に感じた反省点は結構あります。今度2冊目を出す際(←予定はまだ未定……)、処女作よりも本が売れる、そして印税を稼げるようにするために、処女作出版時の反省点、「あー、こうしておけば良かった」と感じたことを書いていきたいと思います。

一生結婚できないと言われる男の特徴5つ|そりゃ無理だわ……

「ああ、この人は一生結婚できないだろうなあ」と思う男の人がいます。実際に晩婚化が進んでいるのもあるんでしょうが、一生結婚できなさそうな男の人は結構多いような気がします。婚活とか行くんだけど、なかなかうまくいかない。もう何年も女性と付き合っていない。むしろ、そのような生活に居心地が良くなり、「自由だあ」と言いながら

うつにならない理系の研究室の選び方4つ|これだけは注意しよう!

自分が大学が工学部で、理系の研究室でうつ発症寸前まで追い詰められたことがあるので、以前に研究室の学生のうつ病に関する記事について書いたら、この記事が結構アクセス高くなっています。自分も経験したことは、他の人も多く経験しているということなのでしょうか。それだけ研究室の人間関係は、案外問題点が多いように感じます。

保険営業の究極の殺し文句「病気になってからは入れない」の罠

よく保険を勧めてくる営業の人の殺し文句に、「病気になってからは入れないから、健康なうちに入りなさいよ、今から入れば月々の保険料も安くできるし」という言葉があります。たしかに病気になると加入できない保険もあるので、一見すると理にかなったような説得に見えます。それゆえに、健康診断で何も問題がないような人でも不安を煽られ、

スポンサーリンク