wordpressでブログ書くなら、レンタルサーバーはどこにする?|記事を書く前に挫折しないために(第2回)

シェアする

アフィリエイトやネット集客を考えている人は、独自ドメインを取得して、wordpressでサイトを立ち上げることを考えている人が多いと思います。私もその中に一人で、しかも超初心者の部類に入りますが……(T_T)

これは無料のブログサービスの場合、サーバーをレンタルしたり、独自ドメインを取得するコストと手間がかからないのですが、いつブログ運営会社がアフィリエイト広告の掲載を禁止したり、ブログを削除してくるかわからない。Webサイトを重要な収入源と考えた場合、これではあまりにも頼りない。要はいつ会社をクビになるかわからない状況と一緒です。だから、wordpressでブログを作って、独自ドメインで運営するメリットが大きいわけです。

ただ、こうした場合、自分のような初心者は、いつどこで、何を用意したら良いかわかりません。無料のブログサービスしか経験がない場合、レンタルサーバー? 独自ドメイン? 何から用意すればいいんだ? となってしまいます。

まずはレンタルサーバーと独自ドメインを用意しなければいけません。よく使われる例えですが、wordpressを家と例えた場合、レンタルサーバーは土地で、独自ドメインは住所です。この2つがないと家が建たないわけです。

ちなみに、自分はそれがわからず、いきなりwordpressからインストールしようとしましたΣ(゚д゚lll)知っている人から見たら驚かれるようなことかもしれませんが、ブログ運営会社の提供する無料ブログに慣れているからだと思います。

そこまで勘違いしなくても、レンタルサーバーをレンタルする場合や独自ドメインで、どれを選んだらいいか悩むケースがあると思います。自分は超初心者のため、これはわからなかったので、自分がライフブログを運営していくことを伝えたうえで、サーバーとドメインの推奨パターンを聞きました。

スポンサーリンク

〇結論♪


結論を言うと、レンタルサーバーはエックスサーバー、ドメインはjpドメインです。エックスサーバーは年間15,000円、jpドメインは年間3000円程度、計18,000円程度です。どちらも他と比較すると、比較的値段が高い方で、知っている人から見れば、結構コストをかけているパターンだと思います。

エックスサーバー

エックスサーバーを選んだ理由については、一言で言うと、自分が一つのブログで大量に記事を発信していくタイプだから、という理由です。

つまり、自分の場合、セキュリティや安定性を重視した方が良いというわけです。せっかく書いたブログが、何らかのトラブルでパーになってしまっては、せっかくの努力も水の泡。そうなってくると、過去にトラブルの話を聞かないエックスサーバーが向いているとのことです。

また、良くアクセスが多すぎてパンクした、なんてことを良く聞きますが、自分が契約した月1,080円×10プランでも、月間200万PVに耐えられるぐらいの容量らしいです。

個人的には始めたばかりなので、「PVが多すぎてパンクした」なんてセリフに、憧れすら抱いてしまいますが(・・;)、長い目で見たら目標とするPVなので(でかく出たぞ(・・;))、これぐらいの容量には耐えてほしいです。

他にもwordpressのインストールがめちゃくちゃ簡単というのもあるらしいです。他のサーバーを知らないので、比較はできませんが、とりあえずエックスサーバーの場合は簡単だったのはたしかです。

以上から、少なくともライフブログを始める人は、とりあえずエックスサーバーを使うことで問題なさそうですし、セキュリティ面を重視するなら、エックスサーバーなんだろうなあ、と思います。



なので、比較的高価ではありますが、自分が他のサイトを持つことは当分ないこと、高いといっても、jpドメインを含めても月々1,500円程度の出費であることを考えて、エックスサーバーを選ぶことにしました。月々1,500円であれば、アフィリエイト報酬を目指すなら、すぐに元を取りたいレベルだと思います。

次はjpドメインや、エックスサーバー~独自ドメインの取得の流れについても書いていきたいと思います。サーバーやドメインを選んだら、早速登録するわけですが、その過程でも結構つまづきやすい箇所があったので、それもシェアしていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
この記事をお届けした
解放デビューの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!