早期退職するためにやってはいけないこと4つ|会社の奴隷にならないために

シェアする

退職やってはいけない

今は会社員だけど、自分の目指す方向が別にあって、いずれ、いや1~2年後には早期退職して独立したいという人も多いと思います。

別の記事でも書いていますが、早期退職を果たすには、副収入が支出を上回っていて、収入減のショックに耐えられるように、それなりの資産を持っておくのが理想です。

【参考記事1】会社を辞めるために必要な貯金額は?収入は?組織から抜けたい方へ

【参考記事2】会社を辞めることが夢になってないですか?退職して後悔したくない人へ

それでも夢を追うのも一つの手ですが、お金の問題が発生したらバイトする必要も出てきます。最近はブラックバイトなるものの存在が顕在化しているので、注意が必要です。前職辞めなければ良かった~、なんてことになれば本末転倒です。

できれば万全の準備をしてから会社を飛び出したいところです。ということで、今回は早期退職を目指すためにやってはいけないことについて、思うところを書きたいと思います。

スポンサーリンク

 時間とお金を浪費しない

【参考記事3】今すぐ辞めよう!時間もお金も破壊する無駄な行為8選

上の参考記事で書いているように、時間もお金も浪費してしまうような行為はできるだけ控えたいところです。

ギャンブルは胴元に貢ぐだけだし、付き合い飲み会もできるだけ断るようにしたい

独立を目指している人は既に副業にチャレンジしている人も多いでしょうから、自ずとお金も時間を浪費したくないという思考になると思うので、ギャンブルや無駄な飲み会については気を付けている人は多いと思います。

ギャンブル癖があったり、会社の飲み会を断っていないという人がいれば、要注意でしょうね。そのお金と時間を副業に充てて、実績を作っていかなければ独立の時期はどんどん遠のいてしまいます。

でも、気を付けたいのはセミナーにたくさん参加して消化不良を起こしたり、あまり役に立たない本を読んだりする行為です。

漠然と独立を考え始めた時にやりがちだし、最初はこういう経験も必要と思いますが、段々と方向性が見えてきたら、参加するイベントや本のジャンルを絞ったりすると良いと思います。

自己啓発書は誰々の本に絞って読むようにするとか、小説家を目指すなら自己啓発書よりも小説を読むようにしたいところでしょうし。

モチベーションが高いのは大事なことですが、知識メタボには気をつけたいなと思っています。

持ち家を買わない

【参考記事4】家を買う時の注意点|住宅購入で人生を縛られないように

【参考記事5】財産三分法で考える持ち家のリスク|多数派ながら実は怖い選択

上の参考記事で書いているように、このブログでは持ち家購入の危険性について、いろいろ書いていますが、早期退職を目指すのであれば、価値観の問題は別として、住宅の購入はできるだけ避けた方が良いです。

家を買うということは、ローンも含めた何千万円といお金を、投資に充てる前に支払いに充ててしまう行為です。金持ち父さん貧乏父さんなんかを読めばわかると思いますが、これではお金の奴隷まっしぐらです。

たまに「家を買ったほうが周りの信頼も上がるし」なんて言う人もいますが、正直この感覚がわからない。持ち家だろうが賃貸だろうが、人の信用にはあまり関係ない気がします。あくまで人の信用はいかに誠実であるか、いかに社会貢献しているかに尽きると思うので。

会社辞めたいし家も欲しいのであれば、かなりお金にシビアになる必要がありますし、同時に手に入れるのはあまり現実的ではない。家を買うなら成功して富を築いた後に買うのが一番です。

高い買い物は避ける

高い買い物は、何も持ち家に限りません。

人生で二番目に高い買い物は生命保険と言われます。日本人の9割が加入していると言われていますが、9割は無駄に入っていると言われています。

加入している内容を把握していなければ、すぐに見直した方が良いでしょう。参考記事を結構書いていますが、最終的には本人の立場によって必要性は違ってきます。

車の任意保険はさすがに必要かと思いますが、車両保険に入っている人の大半は要らないのに入っているような気がします。車の保険も併せて見直したほうが良いと思います。

車といえば、自動車も負債です。都市部に住むなら基本的に車は持たない、地方に住むなら、できるだけ安い軽自動車(自分はフィットを買ってしまいましたが……)。

高級車を買うなら退職後に富を築いてからにした方が良いです。

収入よりも遥かに低い生活をして、積立投資など、できるところから資産運用を始めていくようにするべきです。

本業のモチベーションを下げない

早期退職して独立を目指すのであれば、最も大変なのは本業のモチベーションの維持です。

特に独立後の事業内容と本業に大きな剥離がある場合は、モチベーションの維持が大変です。自分もそうです。時間を無駄にしている気がして仕方ない。

仕事している時間を執筆活動に充てたい。独立志望者であれば、誰でもこのような事態にイライラすると思います。

働いている時こそが自己実現の時間のはずなのに、働いている時間が無駄と思えてしまうのは、かなりしんどいです。

まあ、でもこれは仕方ないですね。仕事している時間は、仕事に集中しかないかと。ダラダラ仕事しても、無駄な残業を引き起こすだけです。

自分もそうですが、もう少し視野を広くして、残り短い(と思っている)会社員生活を過ごしたいと思います。この辺については、タイミングを見て、もう少し詳しく別の記事で書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
この記事をお届けした
解放デビューの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!