新幹線の中でパソコンを使う快適さ|新幹線の移動だって悪くない

シェアする

前回、夜行バスの魅力について延々と書いたと思いますが、別に新幹線での移動も悪くないと思っています。普段は安さの観点で夜行バスでの移動を重視していますが、旅程上どうしても新幹線を使わなければいけないこともあります。それに新幹線は、何といっても早く目的地に着くし、バスに比べれば疲労感も少ない。当たり前ですが/(-_-)\

それに人によっては夜行バスを苦手とする人もいます。「眠れない」「疲れる」「腰が痛くなる」など、これはどうしても生理的な問題なので、全員に夜行バスを勧めることはできない(でも、自分の旅行レポは、夜行バスでの移動が多くなると思うので、そこはご了承ください)。

そうなってくると、少し高いけど新幹線を使うことになります。それに新幹線だって、時間を有効に使うことができます。

スポンサーリンク

○なぜか新幹線の中はパソコン作業がはかどる


新幹線2

そう、新幹線移動の最大メリットは、どういうわけかパソコンの作業がはかどるんですヽ(・∀・)ノ今この記事を書いているのも、新幹線の中です。

私がよく使う東北新幹線は、窓側にはコンセントが付いていたりしますから、結構便利です。それに、カフェ、図書館や自宅にこもって作業するより、なぜか集中できる。

たしかに最近は新幹線にコンセントが付いてきた事情もあり、パソコン作業をする人が増えてきたように思います。(個人的には、一方で思ったより増えていないような気もしますが)

ひとえにパソコン作業と言っても、自分のようにブログや小説を書く人もいるでしょうし、メール対応に集中する人、パワポ資料作成など様々だと思いますが、新幹線でパソコン作業をするメリットについて、少し考えてみました。

(1)時間の制約がはっきりしている

これはカフェや自宅での作業でも同じだと思うんですが、こういう場合の制約は、だいたい寝る時間までとか、出かける時間になるまでだったりして、比較的調整することもできます。

でも、新幹線の場合は時間の調整ができない。作業時間は発着時間内に限定されます。作業時間が決められていると、「今がチャンス」みたいな気分になって、とことん集中できたりしてしまうのです(´∀`*)

(2)疲れたら車窓の風景を眺める

これは個人的な趣味かもしれません。疲れたら、少し窓の方に目を向けて、車窓からの風景を楽しむ。そして、またリセットして作業に集中する。車窓からの風景を見ているうちに、ふとアイディアが湧いたり、良い表現が思いつくことなんかもあります。これは、新幹線の中でしか味わえません。

他には、「それなりに雑音があった方が集中できる」「将来フリーを目指しているので、それを模擬体験している感じになる」「自宅と違って、思わずyoutubeやfacebookに時間が取られて、時間を浪費してしまうことがあまりない」等があります。

たまに電波の通らない場所があったりするので、ネット環境が必要な場合は不便だったりしますが、上記の理由で新幹線のパソコン作業は大好きです。

さすがに夜行バス中では、パソコン作業はやりづらいですからね。スマホで文章を書くのも、たまにやりますが、かなりやりづらい。正直、ガラケーの方がまだ文字を打つのが楽だった……(泣)

なので、新幹線で移動するときは、ここぞとばかりに記事を書く事に集中していきたいと思います(´∀`*)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
この記事をお届けした
解放デビューの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!