意外と怖い研究室の学生のうつ病|大学に入ったら気を付けよう

シェアする

研究室とうつ病2

皆さんは大学の研究室というとどんな印象を受けるでしょうか。特に理工系の学部の研究室です。1人で黙々と研究を重ねて論文を書く。ここに煩わしい人間関係があると想像する人は意外と少ないかもしれません。

でも、たまに言われることなのですが、大学の研究室でうつ病を発生したり登校拒否に陥る学生は結構多いみたいです。

というのも、自分も大学は工学部の学生だったので、理系の大学の研究室の雰囲気は何となく肌で感じるものがあります。

実感として、たしかにうつ病になる要因が満載だと思います。自分も精神科に通院するギリギリ一歩手前まで追い詰めてしまったことがあります。では、理系の大学の研究室の学生はなぜ心を病みやすいのか、思うところを書いてみました。

スポンサーリンク

〇人間関係に悩む学生達の精神は破壊される

以前ブログのネタを考えようと、人間関係のない気楽な職場にはどういうのがあるのか調べてみたことあるのですが、そこに堂々と研究職と書いているサイトがあってびっくりしたことがあります。

大学の研究室は、むしろ企業社会よりも人間関係に悩みやすい要素満載だと感じているからです。まあ、これは大学によるかもしれませんが。

基本的に大学の研究室は、教授、准教授、博士課程、修士課程、大学4年生で構成され、これが会社の上司と部下のような関係になります。

特に実験系の研究室では、後輩が先輩の研究を手伝って、先輩が卒業したときに後輩がその研究を引き継ぐという感じになります。この辺も構造的に会社の構造と一緒です。

企業社会も十分すぎるほど閉鎖的だと思うのですが、大学の研究室はそれに輪をかけて閉鎖的です。自由な感じなんて全然ないです。

人数が少ない分、周囲と仲良くできなければすぐに浮いた存在となってしまうからです。一見アットホームな雰囲気に見える研究室ほどその傾向は強いです。

不自由な企業社会をよく表現した言葉として、「懲役40年の世界へようこそ」というのをよく聞きますが、企業社会を刑務所としたら、大学の研究室は少年院です。

〇拘束時間が長い研究室に生気を失う学生達

研究室 学生 うつ病

人間関係に悩みやすい環境に加えて、特に実験系の研究室はやたらと忙しいのが特徴です。実際に装置を起動させるわけですから、拘束時間がどうしても長くなります。

帰るときは午前様なんてことは珍しいことではありません。帰ってテレビを付けたら、どのチャンネルも深夜の通販番組なんてことはざらにありました。論文の発表前は3~4日徹夜なんて当たり前の世界です。

正直学生ではなくて、奴隷ではないかと感じることも多くありました。

払ってくれたお金の対価を与えようと、一生懸命教育しているという思いがあればともかく、正直それが伝わってこない研究室の方が多かったような印象があります。

自分の研究室ではなかったですが、学生を人間と思わず、ほぼ奴隷のようにこき使うような研究室も多数あります。

しかも輝かしい研究実績を出している研究室ほど、実は裏側はそんな感じだったりします。

〇研究室も大事なのは人間関係

理系の研究室だと、とにかく拘束時間が長いです。個人的に拘束時間が長い=ブラックという考えは少し短絡的かと思うのですが、

問題なのは、大学4年生になって研究室に配属されてから、急に閉鎖的な人間関係を良好にすることが求められてしまいます。それでいて拘束時間が長いから心を病んでしまうのかと思います。

大学生、研究室に配属される前であればかなり自由の身分です。

部活やサークルに入ったり、バイトに明け暮れる人が大半かと思いますので、大学生活も何かしら人間関係はあるのですが、部活やバイトであれば、気に食わなければ辞めれば良いので、人間関係を選ぶ自由があります。

やろうと思えば同じ学部学科内で友達がいなくても、部活やバイトの人間関係で充実した学生生活を送ることが可能です。

しかし、研究室となるとそうはいきません。価値観の合わない人とも共同生活を送らないといけないので、会社の閉塞感、いやそれ以上に窮屈だったりします。

【関連記事】大学院に進むならば精神的に辛い状況が続くことを覚悟せよ

最近の理系の学生はほとんどが大学院に進むと思いますが、窮屈な人間関係を思い知らせるという意味で職業訓練的な要素が強いです。部活やサークルの人間関係とは全然違ってきます。

研究室配属前と配属後のギャップがかなり大きいのが、自分の大学生活の大きな印象です。

研究というと、求められるのは継続した努力と運という、どこか個人事業主的なマインドが求められると思われがちですが、なんといっても人間関係が欠かせない業界だというのを思い知らされました。

■学生のうつ病の関連記事

【関連記事】うつにならない理系の研究室の選び方4つ|これだけは注意しよう! 

ということで、理系の研究室選びの際に、注意すべきことをいくつか書いてみました。

学生最後を飾る研究室生活ですが、ここで選択を誤ったり、過ごし方を間違うと、かなり憂鬱な日々が続いてしまいます。

結構自分も研究室生活は苦労したので、同じ思いをしてほしくないと思って書きました。良かったら併せてご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
この記事をお届けした
解放デビューの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!