車中泊に感じる独特のロマン|実は楽しい、宿泊代の節約だけではない魅力

シェアする

お金に関する記事で、車はポケットからお金が出て行くだけなので、できれば、そこにお金を注ぎ込まない方が良いと書いたと思います。ただ、車を持つな、とは言えない。当然のことながら地方在住者だと、公共交通機関に頼れないため、車がないと生活に支障が出るからです。

ただ、東京都内で車を持つのは考えものです。移動のほとんどを電車やバスといった公共交通機関に頼ることになるため、駐車場代、自動車税、車検等の維持費を無駄に払うだけになります。電車やバスによる移動も地味にお金がかかりますから、まさに二重苦の状態です。これだったら旅行の時だけレンタカーを借りた方がよっぽど良いでしょう。

地方在住で、車を持たざるを得ない人も、軽自動車にするとか、中古車で我慢するとか、できるだけコストのかからない方法を選ぶべきです。それなりに大きな車を買ってしまうと、初期費用だけでなく、維持費もそれだけ大きくなってしまうのでΣ(゚д゚;)

このように、金食い虫の性格を持つ自動車ですが、必ずしも悪いことばかりではありません。旅行手段としては、自動車は電車や飛行機の移動にないメリットがあると思います。東京都内在住の人も、旅行手段をレンタカーにすることを勧めたいくらいです。

スポンサーリンク

(1)時間的な制約が少ない


Exif_JPEG_PICTURE

電車での移動の場合は、電車の発着時間を気にする必要があります。特に田舎に旅行している際は、1日に数本しか止まらないローカル線の発着時間を気にする必要があるため、自ずとタイムリミットができてしまいます。ここをミスってしまうと、余分に待ち時間が多くなったり、近くに宿がなければ駅寝を覚悟しないといけなくなったりします(個人的には、これはこれで楽しい旅だと思いますが……)

しかし、自動車となれば、そういう成約は、ほとんどなくなります。好きな時間に好きな場所に行って、好きな時間に移動することができます。ある程度、フレキシブルに予定を組むことができます。

(2)電車では行きづらい場所がある


Exif_JPEG_PICTURE

電車での移動の場合、時間的な制約だけではなく、場所的な制約が大きくなります。どうしても旅行の範囲が最寄駅から徒歩で行ける範囲になってしまうからです。駅から何kmも離れた場所に行くには、さらにバスを使ったりすることになりますから、それだけ不便です。

しかし、自動車の場合は、そういうことはなくなります。道さえあれば、基本的にどこにも行けてしまいます。特に自分のように、マニアックな旅になってしまう場合は、車での移動は欠かすことができません。

ただ、稀ではありますが、自動車より、電車の方が行きやすい場合もあります。例えば、いわゆる秘境駅なんかは、車で駅付近まで行くことが不可能な場合があります。
JAF

(3)車中泊できる


Exif_JPEG_PICTURE

特に一人旅の場合に重宝しますが、自分は結構この車中泊が好きです。眠たくなったら、道の駅とか、近くにトイレがあって車中泊可能な場所に車を泊めて、シートを倒して、毛布をかけて寝てしまう。

寝付けなければ、ライトを付けて本を読んだり、外の風景を眺めたり、晴れていれば星を見上げたりして、自分だけの空間を楽しむ。なぜかそういう時は、自分の人生を見つめ直して、短期的な目標を考えたりできたりします。

宿泊代がかからないという大きなメリットがありますが、車中泊の魅力は、それだけに留まらない気がします。そして、空が明るくなってきたら起きて、近くの銭湯に移動して、風呂に入ってくる。

移動しては、疲れたら寝て、また起きて何となく好きな場所に移動してみる。予約もいらないし、時間に縛られることもない、宿代を払う必要がない。なんて自由で開放的な時間だろう。自由の欲求の高い自分にとって、車中泊は適した旅行手段かもしれません(´∀`*)

最初に書いた理由で、将来、車は手放してしまうかもしれませんが、住む場所が固定されてしまう住宅購入も、自分の場合はないと思います。移動の自由が制限されるなんて、自分にとっては地獄なので。

旅行は、つかの間の日常からの解放に意味があると思います。なので、車中泊のように、徹底的に自由を追求する旅も、これからも多く取り入れていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
車中泊に感じる独特のロマン|実は楽しい、宿泊代の節約だけではない魅力
この記事をお届けした
解放デビューの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

コメント

  1. マークン (石井) より:

    何かおもろいですね。初めて見ましたが人となりが見え隠れし親しみがわきました。またよく見させてもらいます。青森に出張中の62歳のジジイです。もう休みます。

    • 阿久田川 直紀 より:

      マークンさん、ご覧頂いてありがとうございます。
      車中泊とか大好きです。ところ構わず寝れてしまうんです。
      旅行ネタも更新していきたいと思っているので、これからもよろしくお願いします!