自己投資、浪費、消費について考える|節約の基礎(1)

シェアする

前に記事で書いた通り、資産を増やす方法は、収入を増やす、支出を抑える、資産運用する、この3つしか方法はありません。その中でも、支出を抑える方法が最も手っ取り早くて、リスクのない方法です。また、支出を抑えなければタネ銭は貯まりませんから、資産運用することも難しくなります。

テレビのバラエティーの特集で、よく大金持ちが超一等地の高層マンションの最上階に住み、フェラーリを何台も所有し、高級ブランド品を着飾って毎日夜遅くまで豪遊する生活をしている様子が映し出されます。たしかに派手な生活をすることに対して、正直憧れを抱くことはあります。ただ、これはお金持ちではあるけど、お金に困らない生き方ではないでしょう。

実際、このような超大金持ちが派手な生活を繰り返し、ちょっと収入が減ったと思ったら破産してスッテンテンになったΣ(゚д゚lll)なんて話は多く聞く話です。いくら稼げるようになっても、生活レベルまで上げてしまってはいつまでもお金は貯まりません。上のような話は極端な例かもしれませんが、年収1000万円レベルの人の貯蓄が数百万円しかないなんて話は、本当によく聞きます。自分は年収1000万には達していませんが(・・;)、正直このような生き方は目指したくありません。

経済的不安から解放され自由に生きるためには、収入よりも遥かに少ない支出で生活することが必須条件となります。だからといって、ストレスになるほどの過激で、自分に向かない節約方法では、結果的に稼ぐ力を奪ってしまいます。ある程度自己投資もしていかないと、自分の成長を阻害してしまうことになります。

だからこそ、支出を自己投資、浪費、消費に分ける必要があります。お金の貯め方を学んだことのある人なら、一度は聞いたことのある話だと思いますが、非常に重要な考え方だと思います。

スポンサーリンク

(1)自己投資


金融商品に投資するのではなく、自分が稼げる人間になるために使うお金です。自分自身の成長やスキルアップのために使う、自己啓発費用です。例えば、以下のようなケースは自己投資と言えると思います。

・資格取得

・各種セミナーに参加する

・skype等で英会話を習う

・セミナー等で出会った人との交流を深める懇親会に参加する

・副業のために必要な費用を払う

・収入に繋がるような趣味を持つ

・書籍代

・健康的な食事をして、病気の防止に努める

・お世話になった人に対して、お土産を買う。

また、親孝行やデート代のように、大事な人のために使うお金も、かなり重要だと思いまし、自分の知らない世界に行って、驚きと発見を得るという意味では、海外旅行も充分自己投資と言えると思います^^

(2)浪費


お金浪費

自己投資の逆です。言うまでもなく自分自身のスキルアップを促さない、将来の収入アップに繋がらない、消えていくだけのお金です。住宅や車の購入のような、ポケットからお金が出ていくだけの使い方も、浪費です。

・住宅ローン

必要以上の生命保険料

・車の購入

詐欺被害

タバコ

会社の飲み会や、付き合いで行くボウリングやゴルフ大会、麻雀

飲み会の〆はキャバクラ、風俗

・ギャンブル

・高級品を買い占める

・オシャレにお金を使いすぎる

・成果が出ないセミナー、教材

・買っただけで読んでいない本

将来会社を辞めて独立したいとか、早くリタイアしたいとか、どうしても家が欲しいとか、まとまった目標金額を貯める必要のある方は、上記のようなお金の使い方は絶対に避けたいものです。私も生命保険はとっくの昔に解約しましたし、タバコも辞めました。会社の飲み会や麻雀は言うまでもなく、お金だけでなく、時間を大幅に失うので、よく考えて断る勇気を持たないと、かなり恐ろしい行為と言えます(・・;)

「成果がでないセミナー」「買っただけで読んでいない本」という項目からわかるように、自己投資と紙一重の部分があります。最近、自己投資という名の浪費に警鐘を鳴らす声も多く聞くようになりましたが、浪費を防ぐうえで、おそらく一番難しい部分だと思います(・・;)。自分もここの部分で結構悩みます。ただ、自己投資と浪費の違いは単純で、

・払ったお金<収入アップ →自己投資

・払ったお金>収入アップ →浪費

なので、セミナーに出て、いまいちピンと来なければ、今後の参加の要否を考えた方が良いでしょうし、自分の目標とかけ離れた資格の取得は避けるようにするのが必要かと思います。場合によっては人間関係の断捨離も必要でしょう。

(3)消費


お金消費

将来の収入アップには直接関係はしないけど、生きていくうえで必要なお金です。

・家賃

・食費

・服飾費

・交通費

・通信費

・光熱費

・介護費

変動費よりも固定費に当たる部分が多い項目ですが、生きていくうえで必要でも、カットできないわけではありません。家賃は、収入の1/3を超えるようであれば見直す必要があるでしょうし、食費や通信費も工夫次第で削るので、固定費の負担が多いと感じる人は、コスト削減を図ると良いと思います。

自己投資、浪費、消費を管理するには、確定申告が必要な人もいるので、領収書を保管するのが一番良いと思いますが、クレジットカードで一元管理すると、面倒臭くないです。ポイントのこともあるので、買い物は極力カードで済ませると良いと思います。

クレジットカードの使用に否定的な意見もありますが、カードは1個だけにして、リボ払いや分割払いを避けるようにすれば良いだけだと思います(´∀`*)

普段はケチと言われるぐらいお金にシビアだけど、使うべきところでは使う。でもあらかじめ貯金額は決めておく。そんな姿勢が大事だと思います(^o^)ノ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
この記事をお届けした
解放デビューの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!