テール焼きを初めて食べる|実家に帰るついでに仙台に寄ってきました

シェアする

今年も残すところ、あとわずか。既に帰省している人も多いと思いますが、自分もその一人。今日から新潟の実家でまったりと過ごしていますヽ(・∀・)ノ

GWや年末年始で帰省する方によっては移動手段をどうするか考えるのも、楽しみの一つだと思います。てか、自分の場合、それが最大の楽しみだったりします。いきなり実家まで直帰するわけではなく、道中いろんな人に会いながら帰っています。道中、いろんな場所に立ち寄るのがまた楽しい。帰省の楽しみの半分は、ここにあると言っても過言ではありません。

私の場合、青森に転勤になって以来、実家のある新潟に帰るルートと言えば、基本的に

(1)青森から特急を乗り継いで、日本海側を通るパターン

(2)新幹線、または高速バスで仙台まで行って、それからまた高速バスに乗り換えて新潟まで行くパターン

(3)東京まで夜行バスで行って、今度は新潟行きのバスに乗り換えるパターン

用事によって、パターンを変えてますが、今回は(2)の仙台を経由しました。とあるセミナーで出会った人と忘年会をしたり、たまたま開催予定の勉強会に出席したりするためです。

スポンサーリンク

 〇牛タン食べてきた~


仙台といえば、自分が学生時代を過ごした街なので、それなりに思い入れがあります。良くも悪くも、学生時代のことを思い出してしまいます。

NCM_0491

今回、忘年会で行った店は、「牛タン炭火焼 仁」という比較的こじんまりした感じの、家庭的な温かみのあるお店です(お店の外観の写真撮り忘れる)。貧乏学生時代に牛タンは比較的敷居が高く、なかなか食べに行こうとはなりませんでした。なので、牛タンを食べるようになったのは社会人になって以降、何かの用事で仙台に行く用事ができてからですね。

NCM_0492

牛タンが柔らかくておいしいので、それだけでも満足のいくお店だったのですが最も興味をそそられたのは、下の黒い物体(o ̄∇ ̄o)♪

なんだろうなあ、と思ったのですが、テール焼きだそうです。仙台で牛タンを食べたことのある人ならご存知だと思うのですが、仙台で牛タンを食べに行くとテール(尻尾)の部分はテールスープとして出てくることが多いものです。こんな食べ方があるなんて、初めて知りました。

NCM_0493

そして食べてみると、これがかなり美味しい。あれ、テールって、普通に焼いて食べたら、こんな美味しいのねヽ(・∀・)ノ学生時代に仙台にいながら、これは初めて知りました。どうやら、食べられるお店も限定的だそうです。

ちなみに、ビールから途中で日本酒に切り替えましたが、辛口の割に飲みやすいお酒を頼んだせいか、グデングデンになって、次の日は若干二日酔いになってしまいました(・・;)

今回は、仙台経由で実家に帰るという、比較的多いパターンでしたが、こういう帰省の途中で、いろんな人に会って、いろんなことを語り合いながら帰るというのは、本当に楽しいものです。

今度は、日本海側から帰って秋田を経由したり、ゆっくりと盛岡経由で帰ったり、いろんなパターンを試してみたいですね(青森に戻る途中でこういう旅をするより、新潟に帰る途中の方が、解放感に満ちているので、できれば行きでこういう旅をしたい)。それでは、これから、のんびりと実家で過ごして、親孝行していきたいと思います。それではヽ(´▽`)/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
この記事をお届けした
解放デビューの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!