サラリーマンを続けるくらいなら野垂れ死ぬ方がましと思える3つの警告

シェアする

今後何年も、何十年もサラリーマンを続けるくらいなら、会社を辞めて野垂れ死んだ方がましだと思えることがあります。

一時の感情に流されているだけであれば忍耐が必要ですが、そうではなくて何ヶ月も何年も続いている状態であれば、すぐに会社を辞めて組織から逃れる必要があります。

自分は「会社員に向いていない」「独立したい」と精神が崩壊するほど悩んで、結局決断するのに7~8年かかりました。これは収入源を確立するまで独立する勇気がなかったからです。

一方で、もっと早く逃げておけば良かった、せめて休職すれば良かったと思ったりもします。つまり、すぐにでも逃げたほうが良いくらい追い詰められていたんです。そして、だいたい、こういう場合は何らかの警報が出ているものです。

スポンサーリンク

■体調に異変

仕事のストレスに、身体的症状が長く出ている場合です。どちらかというと男性より女性の方が身体的悪影響が出やすいでしょう。

「昨日誰かに怒られたけど、今日も話をしないといけない」とか「今日の仕事が緊張する」とか、一時的な状態で食欲が減退しているのなら忍耐の必要性はありますが、そうではなくて、仕事のストレスでずっと体の調子が悪い場合です。

身体的悪影響が出るくらいということは、精神的にはもっと不調のはずです。これを何ヶ月も何年も続けるのは、非常に危険です。早く会社を辞めて独立したり転職を考えた方がよっぽど良いです。

高待遇な大企業ほど、周りは「もったいないよ」と言ってくるでしょう。実際に自分も、そう言われ続けました。しかし、ここまで来たら、もはやそんなことは言ってられなくなります。

生活費を稼ぐため、将来の不安を解消するために自殺に追い込まれてしまっては本末転倒ですが、実際にこういう人がかなり多いと推測されます。

経済的な工面の事情等で、すぐに退職するのが怖ければ、休職を検討するのも1つの手法です。休職しながら、次の道を模索するのは有効です。

【関連記事】うつ病で休職する人へ|知らないと損する健康保険の仕組み

■精神崩壊

「毎日仕事に行くのは嫌だけど、サラリーマン続けるしか方法が思いつかない」これ、結構多いと思います。本当は辞めたくても辞められないと考えている人がいかに多いか。

しかし、残念ながら、このように我慢して働き続けると、いずれ精神が崩壊します。自分がそうでした。部屋で叫んだり、会議室の机をひっくり返したり、周りに響くほど壁を蹴ったり、常軌を逸した行動をすることがあります。

【関連記事】ストレスで会社で物に当たるようになっていった僕の心の闇

特に男性の場合、身体的悪影響が出てこないので、知らない間にストレスを許容限界最大値を超える数字まで上げてしまいがちです。

やはり、この場合、精神科を受診すれば、何らかの診断が下る状態ですから、休職を検討したほうが良いでしょう。ここまでいくと、意外と周りも異変に気付いています。

【関連記事】あんまり頑張ると疲れるし精神崩壊するよ|そろそろ心を整理しよう

■数年後を想像して絶望

今の会社で働き続けて、3年後、5年後、10年後を想像して絶望しかないようであれば、すぐに退職を検討するべきでしょう。

別に左遷とかそういうのではなく、このまま昇進したときのことを想像するのです。上司をイメージすると良いでしょう。

これで絶望を感じるようであれば、今後いまの仕事が好きになる可能性はほぼありません。

ただ、この場合はまだ猶予があって、とりあえず今の環境でそんなに苦痛でないのであれば、慌てて退職する必要もなく、副業を始める等しながら突破口を探るのが良いでしょう。

しかし、いずれかは上の身体的、もしくは精神的な悪影響が出てきますから、それまでには退職を決断できるところまで副業を育てたり、資産を貯めたりしたいところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

サラリーマンを続けるくらいなら野垂れ死ぬ方がましと思える3つの警告
この記事をお届けした
解放デビューの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツユニット
スポンサーリンク