退職して失うものは給料だけではなく、無くて良いものも無くなる

シェアする

会社を退職して失うもので真っ先に思いつくのが給料です。自分も会社を辞めた人ですが、これからの収入をドブに捨てるようなことしてまで退職するのは大きな決断が必要です。

しかし、失うものは給料だけではありません。一緒に働いてきた仲間も失う?いや、言いたいことはそういうことではなく、無くても良いものまで無くなります。逆に、存在すると有害なものです。

スポンサーリンク

■退職すると収入と同時に支出も失う(減る)

退職して多少収入が減るのは予想していたので、節約生活しないといけないとは思っていました。

ただ、退職して1ヶ月すぎて、そんなに無理しなくてもお金は減らないことに気付きました。自然と使うお金が減っているのです。

まず、家賃が15000円ということ。前職は社員寮に住んでいたので、それでも出費は大きくはなっています。でも、15000円です。いくら地方都市(青森市)でも、こんな安い物件を借りられるとは思いませんでした。

住むには困りません。デッドスペースがあまりないので、不要なものはすべて処分したのは、別記事で書いています。

テレビもないし、冷蔵庫もまだ電源入れていないので、電気代は相当安い。たぶん、生きてるかあ?と思われる額ではないかと思います(ほとんどアパートにいなかったのもありますが)。別記事で、2月の電気代とか公開していきたいと思います。

また、会社を辞めたので、出なくても良い飲み会に行く必要がなくなったのも地味に大きいですね。会社員独特のストレスからも解放されているので、ストレス発散でお金を使う必要性がなくなったのもあります。

■会社を辞めると体重を失う⇒痩せる

意外だったのですが、痩せてから体重を失いました。退職前に断食して体重を落としたんですが、そこからリバウンドするどころか、さらに体重を落とすことができています。

余分なストレスがなくなって、何でも美味しく食べれそうなんで、太ってしまうかと思っていたのですが、逆に食が細くなった気がします。

今度別記事で書きますが、1日1食で、しかも晩ご飯はサラダにローズヒップティーだったりすることも多いです。

独立してから、動き回っていて人に会っているからかもしれませんが、意外と何か食べたいという気持ちが起きないんです。

コンビニ行って、お菓子買おう♪と思っても、「やっぱりいいや」と思ってしまったり。一時期体重が90kg近かった頃からは考えられないことです。

余計なストレスがなくなったのもあると思いますが、ストレスがなくなってテンションが上がっているのも大きいかと思います。

なんか、ブログ書いていても、誰かもブログをサポートしていても、小説を書いていてもテンションが高い。嫌な仕事しているわけではないから、そりゃテンション上がりますね。テンションが高いと、やっぱり痩せたりします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
退職して失うものは給料だけではなく、無くて良いものも無くなる
この記事をお届けした
解放デビューの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!