ふるさと納税は上限いっぱいまで利用すべき|年収&家族構成別目安

シェアする

ふるさと納税には各々の年収や家族構成によって控除額の上限があります。ふるさと納税は上限いっぱいまで使うべきとは思いますが、上限を超えると実質的な負担金が2,000円を超えてしまいます。

また、ふるさと納税でもらえる家電なんかを見てもらうとわかるのですが、必要寄付金額が、実際の定価より高かったりします。なので、上限を超えて損をすることもあります。

なので、上限いっぱいまで利用すべきとは思うのですが、上限の目安は把握しておいた方が良いでしょう。この記事を見てわかる通り、独身が有利で、子持ち夫婦(片方が配偶者控除を受けている場合)が不利になっていますが、これは独身の方が控除できる要素が少ないからでしょう。

※総務省HP参照。住宅ローン控除や医療費控除等、他の控除を受けている給与所得者の方の控除額上限はこの記事とは違ってきますし、お住まいの各自治体によっても違ってきます。しかし、2015年の制度改正以降の目安を反映しています。

スポンサーリンク

■独身&共働き夫婦子供なしの場合

年収300万円→28,000円∴控除額26,000円

年収400万円→42,000円∴控除額40,000円

年収500万円→61,000円∴控除額59,000円

年収600万円→77,000円∴控除額75,000円

年収700万円→108,000円∴控除額106,000円

年収800万円→129,000円∴控除額127,000円

年収900万円→151,000円∴控除額149,000円

年収1,000万円→176,000円∴控除額174,000円

年収1,200万円→239,000円∴控除額237,000円

年収1,500万円→386,000円∴控除額384,000円

自分は独身なので、かなり良いのが貰えそうです。なんか家電かパソコンでも買おうかな。

【関連記事】ふるさと納税でパソコンはいかが?米沢市・安曇野市・飯山市

【関連記事】長野県伊那市にふるさと納税して家電をゲットしよう

【関連記事】日立市のふるさと納税は家電が充実|人気の家電を紹介

【関連記事】ふるさと納税で日立のミニマルをゲット|ロボット掃除機はいかが?

■夫婦(共働き含む)+子供1人(高校生)

16~18歳の扶養家族。中学生以下の場合は、計算に入れる必要なし。(控除額に影響しない)

年収300万円→19,000円∴控除額17,000円

年収400万円→33,000円∴控除額31,000円

年収500万円→49,000円∴控除額47,000円

年収600万円→69,000円∴控除額67,000円

年収700万円→86,000円∴控除額84,000円

年収800万円→120,000円∴控除額118,000円

年収900万円→141,000円∴控除額139,000円

年収1,000万円→166,000円∴控除額164,000円

年収1,200万円→229,000円∴控除額227,000円

年収1,500万円→374,000円∴控除額372,000円

■共働き夫婦+子供1人(大学生)

大学生とは19歳から22歳の特定扶養親族。

年収300万円→15,000円∴控除額13,000円

年収400万円→29,000円∴控除額27,000円

年収500万円→44,000円∴控除額42,000円

年収600万円→66,000円∴控除額64,000円

年収700万円→83,000円∴控除額81,000円

年収800万円→116,000円∴控除額114,000円

年収900万円→138,000円∴控除額136,000円

年収1,000万円→163,000円∴控除額161,000円

年収1,200万円→226,000円∴控除額224,000円

年収1,500万円→370,000円∴控除額368,000円

■夫婦+子供1人(高校生)

片方が配偶者控除を受けている場合。

年収300万円→11,000円∴控除額9,000円

年収400万円→25,000円∴控除額23,000円

年収500万円→40,000円∴控除額38,000円

年収600万円→60,000円∴控除額58,000円

年収700万円→78,000円∴控除額76,000円

年収800万円→110,000円∴控除額108,000円

年収900万円→132,000円∴控除額130,000円

年収1,000万円→157,000円∴控除額155,000円

年収1,200万円→219,000円∴控除額217,000円

年収1,500万円→362,000円∴控除額360,000円

■共働き夫婦+子供2人(大学生と高校生)

年収300万円→7,000円∴控除額5,000円

年収400万円→21,000円∴控除額19,000円

年収500万円→36,000円∴控除額34,000円

年収600万円→57,000円∴控除額55,000円

年収700万円→75,000円∴控除額73,000円

年収800万円→107,000円∴控除額105,000円

年収900万円→128,000円∴控除額126,000円

年収1,000万円→153,000円∴控除額151,000円

年収1,200万円→206,000円∴控除額204,000円

年収1,500万円→358,000円∴控除額356,000円

■夫婦+子供2人(大学生と高校生)

片方が配偶者控除を受けている場合

年収400万円→12,000円∴控除額10,000円

年収500万円→28,000円∴控除額26,000円

年収600万円→43,000円∴控除額41,000円

年収700万円→66,000円∴控除額64,000円

年収800万円→85,000円∴控除額83,000円

年収900万円→119,000円∴控除額117,000円

年収1,000万円→144,000円∴控除額142,000円

年収1,200万円→197,000円∴控除額195,000円

年収1,500万円→346,000円∴控除額344,000円

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
ふるさと納税は上限いっぱいまで利用すべき|年収&家族構成別目安
この記事をお届けした
解放デビューの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!