アドセンスのクイックスタート広告とは、いったいどういう広告なのか?

シェアする

グーグルアドセンスの二次審査に合格すると、自分のサイトやブログに広告を貼れるようになります。

最近、写真のようなクイックスタート広告というのが貼ることができるようです。今回はこのアドセンスのクイックスタート広告とは、どういうものなのか?について解説したいと思います。

スポンサーリンク

■意図しない場所にアドセンスが貼られているけど!!

最近、自分がwordpressの開設サポートした方で、アドセンスの二次審査に合格し、めでたく広告を貼ることができるようになった方の中で、何人か、このような問い合わせがありました。

「全然意図していない場所に広告が配置されているけど、これは何かわかりますか?」

本来であれば記事本文中、記事本文下、スマホであれば関連記事下に広告を配置したいはずが、なぜかそれに加えて意図しない場所に広告が出てきているとのこと。

問い合わせのあった方のブログは、全員simplicity2を使っていたのですが、見ると、ヘッダー下、フッター、サイドバーの3か所に広告が配置されていました。

問い合わせがあって、自分も何人かのwordpressの管理画面を確認したのですが、特に異常と思われる箇所は見当たらず。

「うーん、何でだろう?」と思って、アドセンスの管理画面を確認したところ、クイックスタート広告の表示が「オン」になっていました。

「それ、オフにしてみてください」

オフにしてから数分のタイムラグはありますが、無事に意図しない箇所の広告の配置がなくなりました。

そして、手順通りに広告ユニットのコードを取得して、意図する場所に広告を設置することができました。

おそらく、合格通知後、広告取得の画面に移行する過程で、クイックスタート広告を推奨する旨の記載があるため、表示をオンにしてしまったのかもしれません。

■クイックスタート広告とは何か?

自分はクイックスタート広告を利用したことはないのですが、このクイックスタート広告は、表示をオンにするだけで、グーグル側が自動的に広告掲載箇所を判断して広告を掲載する方法です。

コードの取得、コピペとか何もしなくても広告が掲載されるので、楽といえば楽ですが、逆に言うと、自分で広告を掲載する場所を選択できないというデメリットがあります。

グーグル側で判断するといっても、あまり広告を見てもらえない場所に配置される可能性があります。(特にフッターなんて、あまり見られないし)

さらに、これに加えて広告ユニットを利用すると、必要以上に多くの広告が貼られることになってしまいます。

最近では、1ページにアドセンス3つまでという上限は撤廃されていますが、あまり多くの広告を載せてしまうと規約違反と判断されてしまう可能性があります。

個人的には、クイックスタート広告を利用せずに、広告ユニットで掲載箇所を自分で選択することをおすすめします。

■なぜか意図しない箇所にアドセンス広告が設置されていたら

クイックスタート広告の使い方は、ページ単位の広告の画面で、「すべてのフォーマットを有効化」を選択しているか、直接クイックスタート広告の表示をオンにしているかのどちらかです。

意図しない箇所にアドセンスの広告が設置されていたら、いつの間にか、この部分を操作している可能性が高いです。

アドセンスの管理画面を確認して、クイックスタート広告の表示がオンになっていないか、確認してください。

もし、オンになっていたら、オフにするようにしてください。

お使いのテーマ等によっては、クイックスタート広告でグーグル側で配置箇所を判断してもらった方が良いかもしれないので、万人に使えない機能というわけではないですが、少なくとも自分で広告掲載箇所を選択したい場合は、非推奨です。(実際にグーグル側も、そう伝えている)

ご自身のサイトに併せて、利用するかどうかを判断してください。(詳しくは、アドセンスのヘルプで確認してください)



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
この記事をお届けした
解放デビューの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!