八戸駅前唯一の電源カフェのドトールで出張移動中にパソコン作業

シェアする

八戸市で

電源カフェと言えば、おそらく去年オープンしたTSUTAYAの八戸ニュータウン店内のカフェが思いつくと思います。結構おいしいパスタを食べながらパソコン作業できるので、個人的にお気に入りの場所にしたいのですが、八戸駅からも本八戸駅からも遠いのが難点です。車で八戸までやってきた時に、たまに行く程度です。

八戸駅まで、唯一電源カフェと言える場所は、なんといっても駅前のドトールでしょう。

スポンサーリンク

〇出張移動中に最適


E実は青森駅構内のドトールも電源が使えるのですが、コンセントの数が少なく、結構埋まっていたりすることが多いのと、アウガ内の青森市立図書館がかなり便利なので、最近は行っていません。

一方、八戸駅前のドトールは、青森駅のドトールに比べてコンセントの数が多く(10席用意してある)、比較的埋まることも少ないので、電源カフェとして重宝できる場所です。

新幹線通過の駅前のドトールということもあり、朝は6:30営業開始です。出張移動中のスキマ時間に少し執筆活動等のパソコン作業をしたい時に最適です。というより、八戸駅前だとこういう作業ができる場所は、今のところドトールしか思いつきません。

また、東京経由で夜行バスで帰ってくると、八戸駅前に6:30着なんてこともあります。そんな時、朝の頭が冴えている時間を使って、ちょこっとパソコン作業するには最適な感じです。もちろん、地元の人なら、仕事前に一息付くにも適していると思います。

〇唯一の電源カフェとして重宝


E青森駅前には電源カフェはドトール、図書館はアウガ、その他コンセントがない場所であればスタバもあればエクセルシオールもあるので、パソコン持ち込んで作業するには結構便利な環境なのですが、

八戸駅前はそうはいかない。コンセントがあるのがドトールだけなら、そもそもカフェと言える場所が周囲を見渡すとドトールくらいです。八戸駅前までやってきた時に唯一の救いになっています。

〇ネックは駐車場料金か


青森駅もそうですが、気になるのは有料駐車場しかないことだと思います。ドトールのある東口に直結しているユートリは1日最大1000円かかります。

西口の駐車場は1日最大500円と700円の駐車場があります(短時間なら1時間100円)。500円の方は結構満車になっていることが多いので注意が必要です。(ちなみに西口の駐車場は、セミナー等で東京に行く時に重宝しています。そのまま夜行バスに乗り込めるので)

今のところ、他に駅前にカフェができそうな感じがないので、しばらくここのドトールは重宝することになると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
この記事をお届けした
解放デビューの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!