【青森市カフェ情報】「知恵の実」で上質なコーヒーをまったり空間で味わう

シェアする

青森 知恵の実

ブログを書くときや、コンサルの業務をこなすときは、wi-fiの繋がっている図書館やスタバに行くことが多いのですが、小説を書くときは、別にwi-fiがない場所でも良いわけです。

「小説の執筆に集中できるカフェを教えて欲しい」と言ったら、最近、青森市内で「知恵の実」というカフェを紹介してもらいました。

ちょうど小説を書くことに集中できる時間を確保したいと思っていたので、早速行ってみることにしました。今回は、そのレポートです。

スポンサーリンク

■「知恵の実」の看板は少しわかりにくいかも

知恵の実を最初に訪ねようとしたとき、ちょっと道に迷ってしまいました。というのも、写真のように、看板がわかりにくいんです。

まるで、どこかの一軒家です。一応「珈琲」とか書いた旗とかは立っているのですが、それでもここは本当にカフェなのか?少し不安になります。

車で通っていれば、「知恵の実」の看板は、まず気付かないです。小さいうえに、背景に溶け込みすぎです……。また、注意したいのは、定休日の火曜日と水曜日以外にも休業日があるということ。この情報はお店のドアに書かれています。

場所は、筒井駅から徒歩1分程度。踏切の音とか聞こえる、のどかな住宅地にあります。それだけに、ますますカフェだとわかりづらいですが。

でも、経験ある人多いと思いますが、こういう隠れ家的なところが大当たりだったりしますからね~。口コミでの紹介だし、期待が膨らみます。

■レトロでまったりした「知恵の実」の空間

青森 知恵の実

中に入ると、レトロで昭和を感じるカフェです。ピアノやオルガンなんかも置いてあります。雰囲気めっちゃ良いです。

青森 知恵の実

時計も、またまた昭和を感じる縦長の大きな時計。鳩とか出てきそうですが、鳩は出てきませんでした。その代わり、「ボーン、ボーン」と味のある音が聞こえてきます。とても心地いいです。

これは良い気分で執筆活動ができそうです。最高の空間です。ただし、wi-fiだけではなくて電源もなかったので、PC使うなら、バッテリー容量が充分ある状態で行きましょう。

ここで小説を書いたりするのは、本当に気分が良い。これははかどります。

■「知恵の実」には豊富な本がある

青森 知恵の実

本棚には、様々な本が置いてありました。マンガも置いてありますが、風の谷のナウシカが全巻揃っていました。これはちょっと読みに行きたい。

漫画以外にも、ホメオパシーに関する本があったりしました。食にはかなり意識している様子が伺えます。

また、ヒプノセラピーの本があったり、「金持ち父さん貧乏父さん」の本があったりと、意識の高さを伺えるラインアップでした。結構知見を高められそうな本がいくつかありました。

■「知恵の実」のコーヒーが上質すぎる

青森 知恵の実

頼んだのは「知恵の実」という、お店の名前のコーヒー(350円)と、お昼どきだったので、ピザトースト(350円)。

ここ、コーヒーが劇的においしい!コーヒーをこんなにおいしいと感じたのは久しぶりな気がします。しばらく缶コーヒーとか飲めなくなりそうなくらい。

コーヒーの豆の香ばしさが残ります。かなりこだわっている感じします。これで350円だったら全然安い。ピザトーストも、ケチャップとかが懐かしい感じの味で、とても美味しかったです。

自分は基本的に執筆活動で行こうと思っていますが、まったりと本を読みに来ても良いですね。一回来ると、なかなか帰りたくなくなります。

紹介してくれた人は、結構長くいる人も多いとか言ってましたが、この気持ちがわかる気がします。ここは長居したいです。また通おうと思います。

【知恵の実】

青森県青森市筒井1-12-2

営業時間:10:30~16:00

定休日:火曜日と水曜日(これ以外にも月に2~3日休みあり)

※筒井駅から徒歩1分程度

※電源、wi-fiはなし。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
この記事をお届けした
解放デビューの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!