マカオはまるで夢の国|最大のカジノスポットのベネチアンに行く

シェアはこちら

前の記事で香港に行ってきた旅行レポートを書きましたが、今回はその隣のマカオの話。香港とマカオはフェリーで40分くらいの距離なので、どちらかだけではなくて両方合わせ技で旅行する人の方が多いと思います。(なかには深センや珠海に行く人も多いと思います)

自分も香港行って、その次はマカオに行ったりしていたのですが、正直言って香港はそんなにテンションが上がらなかったです。というより、マカオで超テンションが上がりました。

来た瞬間「うわー、すげー、まるで夢の国でないか」と思い、一瞬にして「帰りたくない。住みたい」と感じてしまいました。(旅行でよくあるパターンですが、そのまま移住してしまった人も多いと思います)

なんといってもラスベガスを超えた世界最大のカジノ大国ですからね。建物がみんなお城みたいで煌びやかで、本当におとぎ話の中に入ったような気分。

カジノで税収が成り立っている国だけあって、本当に娯楽でできた国ですから、どこか人を寄せ付ける魔力を十分持った国なんですよね。

自分は一瞬にして目がハートになってしまいました。この様子はまた別の記事に書くとして、今回はそのマカオでも最大のカジノスポットのベネチアンの様子を書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

〇まるで宮殿


Exif_JPEG_PICTUREマカオに行ったら真っ先に思い浮かぶのがベネチアンという人も多いと思います。他のカジノスポットの外観も素晴らしくメルヘンで夢の国って感じがするのですが、

その感激も一瞬で吹き飛ぶくらい、ベネチアンの外観はため息が出るほど圧巻。まるで宮殿に来たかのような気分になります^^

って、写真がないじゃねえかあΣ(゚д゚lll)はい、完全に撮影を忘れていました。まあ、近いからまた行ってくるか……。

ちなみに、マカオは日本から近い国では一番気に入っている場所なので、本当にもう1回くらい行くかもしれません。

まあ、今回はベネチアンの中の写真で勘弁してください。すいません。。。

〇外ではないよ。中だよ


Exif_JPEG_PICTUREしかもこのベネチアン、肝心のカジノのエリアは写真撮影が禁じられています(たしか)。なので、買い物エリアの写真をお届けします。

全面こんな感じで、外に出たかのような錯覚を覚えます。よくこんなの作ったなあ、とつくづく思います。

とても高級ブランド品を買う気にはなりませんでしたが、これは一日中歩いていても飽きないと思います。

ちなみに、カジノでも少し遊んだりしましたが、5,000円程度しか突っ込んでいませんが、一瞬にして消えました(。-∀-)

〇25,000円ぐらいで泊まれる?


今回はベネチアンには泊まりませんでしたが、観光客の中にはそのままホテルに泊まる方も多いみたいです。ベネチアンに泊まるなんて素敵~♪

なんて思いますが、プランによっては1泊20,000~25,000円程度と、日本のビジネスホテルに慣れた自分から見れば安くはないですが、思ったより手頃な価格で泊まれます。今度行ったら泊まってみようかな~♪

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です