会社員に向かない人に適した仕事とは何なのか?いろいろ考えてみた

シェアはこちら

YOU85_harowinjyosi20131019162822-thumb-1000xauto-17573

会社員を続けてきて、メリットも感じる一方でデメリットも強く感じます。

会社を辞めることは経済的なリスクを伴うのは言うまでもないですが、会社員を続けるのは、精神的なリスクがかなり大きいです。

それに、別にやりたいことがあって、それが明確になり、実践できるレベルまで至った場合、会社員を続けることは、大きな時間の無駄にもなります。⇒関連記事はこちら

実際に、会社員に向かない人というのも存在すると思うのです。実際に働いてみないと気付かないかもしれませんが、僕は実際に働いてみて、組織に属することが向いていないとはっきり自覚することができました。

結婚に向かない人というのは、そうそういないと思いますが、会社員に向かない人というのは確実に存在すると思います。

組織で働くことが必要悪というつもりはないですが、そもそも働き方は多様性があり、これから話すように会社員に向いていない仕事というのも存在し得ると考えているからです。

人付き合いが苦手でなくとも、自由と孤独を愛する人は本当に多いと思います。そういう人は、どういう仕事をしていくと良いのでしょうか?

一般的に知られている職業だと、おそらく下記の職業を思い浮かべるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

■ブロガー

まずは、僕が始めていることから。組織に属さず、1人で黙々とこなすことによって成果を上げられる仕事といえば、インターネットのビジネスがあるでしょう。

ネットビジネスと言えば、物販やアフィリエイトを真っ先に思いつくと思いますが、比較的制約なく、好きなことを書き続けることができるビジネスと言えば、やはりブロガーではないでしょうか。

プロブロガーとか、アルファブロガーという言葉を聞いたことがある人もいると思います。

ブログにグーグルアドセンスのようなクリック型報酬の広告を掲載し、ブログそのものをサービスにする方法です。

物品や情報商材の購入に誘導するサイトアフィリエイトに比べると、自由気ままに好きなことが書けます。

物販やサイトアフィリなんかも、自由と孤独を愛する自分から見たら、とても幸せなビジネスと思いますが、そもそも自由の欲求が強い人は、成約を嫌う傾向にあります。

そういう場合、ある程度好きなことで情報発信できるブログだと、夢中になって進めることができるのではないかと思います。

好きなことを書くといっても、たまにしか更新しなかったり、日記調の書き方では、肝心要のPVが稼げないので、情報発信するというスタイルだけは崩せませんが。

■物販

自分はたまに不用品を売ったりしたことがあるくらいで、ほとんど物販と呼べるものをしたことがないですが、アフィリエイトよりは早く稼ぐことができると言われているので、魅力的に感じます。

利益は、そのまま仕入れに使うことが多いので、なかなか手元に資金が残らないのが難点かな、と思っていましたが、

実際に物販で利益を上げている人が言うには、「在庫を残さず、確実に売る方法がある」とのことです。もちろん経験が必要とは思いますが、もし確実に売る方法があれば、どんどん仕入れていきたいですよね。

■アフィリエイト

ブロガー同様に使い古された手法で、オワコンのイメージを持っている人も多いアフィリエイト。

物販なんかもそうかもしれませんが、情報商材でも怪しいのが多く、にも関わらず、誰かに教えてもらわないと、何したら良いかわからないと思っている人も多いと思います。

実際に10年後アフィリエイターという仕事が存在しているのかどうか、先が読めない気もしますが、実際にサイトアフィリでも稼いでいる人は予想以上に存在します。(実際に、そういう人からブログの書き方とか教わっているので、リアルな話です)

楽に稼げるビジネスとは思いませんが、コンサルしてくれる人さえ間違わなければ、まだまだ稼げる余地はあるような気がします。

サイトアフィリの特徴は、契約が決まれば高額報酬入ることもあるので、爆発的にブレイクしやすいことでしょう。一方で、グーグルアドセンスは爆発性はないけど安定感がある感じです。

出来れば、この2つの特徴は組み合わせていきたいと今後考えています。

■トラックの運転手

a1180_003879

個人的に憧れる職業の1つが、トラックの運転手です。

労働時間、束縛される時間は長いかもしれませんが、基本的に時間の大半を占めるのは1人で運転している時間です。なので、人間関係のストレスに晒されるリスクが少ないのかなと思っています。

でも、実際にやってみたことがないので、何とも言えないですが、こういう精神的な束縛のない仕事に魅力を感じるのはたしかです。

■作家

昔から存在する孤独な職業の代表格といえば、作家業でしょう。紙媒体で出版したり、原稿料をもらって文章を書くのが、作家とかライターという仕事、自分のブログを立ち上げて文章を書き続けるのがブロガー。

作家とブロガーは、方法が違うだけで、基本的には変わらないと思っています。

ただし、本を書く場合の労力は、ブログ100記事分という話も聞いたことがあります。実際に出版だと、書いては消して、また書いて消して、の繰り返しになります。(←これは実体験)

それでも、自分は文章を書く事自体が好きなので、やはり出版を目指していきたいと思っています。

他にも、フリーでできる仕事はたくさんあります。コンサルやカウンセリングを必要とする、人と接触の多い職業を含めれば、かなり多く存在します。

これは会社員に向かない人も魅力があるという証拠になります。

ちなみに僕は、会社員に向いている人よりも、会社員に向いていない人が大好きです。

■関連記事

【関連記事】会社を辞める勇気と度胸が湧いてくる言葉を9個考えてみた

【関連記事】我慢の限界を超えると心が壊れる|その前に何もかも捨ててしまおう

【関連記事】【会社員向き不向き】そもそも会社員に向いてる人ってどんな人?

本記事をご覧頂いた読者の方が、興味を持って頂けそうな記事をいくつかピックアップしてみました。

会社員を続けるか辞めるかは、離婚するかしないかと同じくらいの究極の決断になります。

慎重になりすぎて心が壊れる前に辞めると決断するのか。それとも、まだ未練があるので、しばらく続けてみるか、すごい迷うところと思います。

良かったら併せてご覧ください。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です