”お金は使えば使うほど増える”は勘違い|本当の意味を教えます

シェアはこちら

お金の勘違い

「お金は使えば使うほど自分に回ってくるよ」

お金に対するマインドセットに関する記事や書籍なんかを読むと、そんなフレーズを聞くことがあります。でも、僕は前からこのフレーズには違和感を覚えていました。

で、実際、このフレーズを信じている人のなかには、相変わらず貧乏なままの人も多くいるような気がします。

ていうことで、今回は「お金は使えば使うほど増える」というフレーズについて、思うところを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

■貧乏な人は浪費の言い訳をしている

個人的には「お金は使えば使うほど増える」という言葉は、解釈によっては、かなり危険な言葉だと思っています。

というのも、「じゃんじゃんお金使って、日本のGDPを増やしていこうよ」という意味に解釈してしまっている人がかなり多い。

つまり、将来の経済的自由のことなんか一切考えず、浪費の言い訳にしてしまっているのです。

身の丈に合わないような車を買い、頻繁に飲み歩いてキャバクラにも行き放題。常に財布の中はスッテンテン。お金の知識も全然ない。

こういう人が「お金は使えば使うほど自分に回ってくるよ」なんて言葉を使うと、ゾッとします。

なんか、宝くじで3億当たるとか、森を探索していたら1億見つかったとか、確率がほぼゼロに近い奇跡を信じているような感じがするからです。

お金は基本的には、使ったら消えていくだけです。お金の使い方は、よく自己投資、浪費、消費に分けられると言われますが、特に浪費と消費については、自分には返ってきません。

僕が感じていた違和感は、おそらくこれではないかと思います。浪費家がこのフレーズを使っているのです。浪費は返ってこない。つまり、この「お金は使えば使うほど増える」はただの勘違いです。

■自己投資

言うまでもなく、「お金は使えば使うほど増える」は自己投資のことを言っています。でも、この自己投資も、別記事で書いたように浪費と紙一重だったりします。

・自分の価値を高めるような服装を買ってモチベーションを上げる

・敢えて高級住宅街に住んでみる

・セミナーに積極的に参加する

どれも自己投資のように見えますが、成果が出なければ、一転して浪費になってしまいます。

また、理想的な自己投資の1つとして、「人に使ってあげる」「人に奢ってあげる」というのもよく言われることですが、これも付き合う人を慎重に選んで、ようやく成果が出ることです。

でも、だからといって、お金を溜め込んでばかりいるのも考えものです。節約や投資には限界があるからです。

大きな利回りを狙えば、それだけ大きなリスクを伴うのは誰でもわかることです。

だから、将来会社を辞めてフリーになりたい、という野望を持ったり、会社組織の中でどんどん能力を発揮していきたいと思うなら、どうしても自己投資は必要になります。

でないと、いつまで経っても殻を打ち破ることはできないからです。結構自分はこのジレンマに苦しんだような気がします。

このように、自己投資で成果を出すために必要なことは、やはり自分をよく知ることではないかと思います。

自分が何をしたいか、誰が成功したら自分も嬉しいか、そういうことを考えて、やりたいことを抽出して絞り込んでいく。

何がしたいかはっきりしたら、それに見合ったスキルアップを図っていく。

自分の夢に合致したことを学んでいったりするのですから、多少お金がかかっても抵抗がないはずです。

そして、余計なことにお金を使わずに済むし、自分の直感を信じることができるようになってきます。

自分は正直、このスタート地点に立ったのかな、という感じがしています。

やりたいことは時系列で明確になってきたので、ようやく実践あるのみの段階に入ってきた感じです。

■関連記事

【関連記事】会社の飲み会は金の無駄?|自己投資か浪費か、参加を判断する基準

【関連記事】自己投資と浪費は紙一重|自己投資という名の罠(1)

【関連記事】ファッションにお金をかけるのは自己投資になるか?ならないか?

【関連記事】なぜ僕にとって車や時計にお金を使うのは自己投資にならないか?

【関連記事】20代、30代の自己投資と資産運用|「自分への投資は最高の利回り」は本当か?

【関連記事】高級住宅街に住むメリット「成功したいなら敢えて住め」は本当か?

【関連記事】「お金は使わなければただの紙切れで価値がない」の言葉には罠がある

自己投資と浪費の境界線について、思うところを書いてみた記事です。

自己投資と浪費って、お金の使い方としては真逆なんですが、紙一重なんですよね。

僕も結構お金の使い方で葛藤することがよくあります。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメント

  1. 通りすがり より:

    現実には「お金はお金のあるところに集まる」等と同様、
    使ったお金が更なるお金を連れて返ってきてくれるという
    笑う門には福来る的な経験則的オカルト話であって、
    お金は使う程増える=自己投資するとお金を増やす能力がつく
    なんて解釈は無理ありすぎでしょうね。

    • 阿久田川 直紀 より:

      コメントありがとうございます。
      自己投資の重要性は否定しませんし、実際にリターンが出ることはありますが、
      問題なのは自己投資と浪費は紙一重ということです。

      必要なところでお金を使わない限り、お金は増えてくれませんね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です