お金が全然貯まらない!無駄遣いしていないのに貯金できない5つの理由

シェアする

無駄遣いしていない、節約を意識しているのにお金が全然貯まらない!そういうふうに感じることはないですか?

家賃は安いし、生命保険の無駄な加入もない、格安スマホにしている、ギャンブルもしていないし、飲み会も少ない、両親への仕送りもしていない。つまり大きな支出は特にしていない。でもお金が全然貯まらない!どういうことだ!

自分もそのような時期がありました。特に大学時代、全然お金が貯まらなくて泣きそうになったことがあります。今でこそそこそこの資産はありますが、自営業だけに、やはり油断しないでお金を減らさないようにしていきたいところです。

今回は、気を付けているのに、なぜかお金が貯まらない理由について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

■自己投資しなければ、お金を貯める以前に稼げない

まず、月々の収入が13~15万円とか、そもそも収入が低い場合があります。節約、支出削減と言っても限界があります。

そもそも収入が低ければ、収入を上げられるようにしないといけません。稼げるようにならないと、お金は貯められないし、投資に回すこともできません。

収入を上げるには、自己投資する必要があります。支出には自己投資、浪費、消費に分類されますが、家計簿をチェックしていて、自己投資の割合が少なくなっていないでしょうか?

いくら支出が低くても、浪費と消費の割合が多ければ、それらをカットして自己投資の割合を増やす必要があります。

本を多く読む、少し高めの濃密なセミナーに参加する。この習慣がなければ、すぐに実践する必要があるかもしれません。

ブログを書きたいなら、レンタルサーバーや独自ドメインの維持費も自己投資です。(エックスサーバー&jpドメインでも年間20,000円もしませんが)

人のために使うお金も自己投資です。しかし、これは使う相手を間違わないようにしましょう。

■喫煙していると、意外とお金が貯まらない

タバコ代は、結構お金がかかります。1日1箱吸っていれば、単純に440×365=160,600円の支出になります。

結構な額です。健康を破壊するために年間16万円もお金をかけているのです。後述しますが、こういう時間も健康も破壊するお金の使い方は、なるべく避けたいところです。

なので、節約したい喫煙者は、まずは禁煙から入っても良いと思います。

■時間と健康の破壊は完全に無駄で人生が破滅する

たばこだけではなく、時間と健康を破壊するようなお金の使い方は、極力避けるようにしたいところです。

・行きたくもない会社の飲み会に付き合い、自分もお金を払う

・前述したようにたばこを吸う

・ジャンクフードを食べながら晩酌する

・本を買ったけど読まない本が多い

・テレビを見る(一応電気代の無駄です)

とにかく、100円でも無駄なことには一切お金を使わない。しかし、自己投資と判断できれば100万円でも使うようにする。この姿勢はとても重要だと思います。

■細々した支出が多いのは、「なぜかお金が貯まらない」の元凶

案外細々支出で家計を苦しめていないでしょうか?

・毎日のようにスタバやタリーズ等のカフェに行っている。

・ついペットボトルを買ってしまう

・1食1000円もする外食をしてしまう

・車のガソリン代が地味に高い

・電気やガスの無駄遣い

・自宅に光回線を敷いているが、使用頻度が少ない

管理するのが面倒なほどの細かいレシートが多ければ、それは細々した支出が多いということになるかもしれません。

ただ、自炊して、飲み物も自分で用意して……となると、時間の無駄にも繋がりますから、ここは難しいところではないかと思いますが。

■家計簿をつけていないとなぜお金が貯まらないかわからない

そもそも家計簿を付けていない人もいると思いますが、帳簿のように正確に付けるまではいかなくとも、だいたいの支出は把握しておきたいところです。

家計簿を付けるのが面倒であれば、支出のほとんどを1つのクレジットカードで済ませてしまって、明細をチェックすることで管理していきましょう。これ、すごい楽で良いですよ。

もちろん、リボ払いとか、そういう浪費につながることはやってはいけませんが。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
お金が全然貯まらない!無駄遣いしていないのに貯金できない5つの理由
この記事をお届けした
解放デビューの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!