「いつか幸せになりたい」は幻に終わる|今幸せである理由を考える

シェアはこちら

IMG_1309

「いつか幸せになりたい」「何年後かに金持ちになりたい」「来年ぐらいには誰か見つけて結婚したい」このように、人生の目標を持つ人は、とても多いと思います。

自分もそうです。「年内にブログを50万PVにする」「来年までに小説を1冊出版する」「2年後に総資産5000万円にする」「5年後に情熱大陸に出演する」など、今は手に入っていないことが手に入るように目標設定しています。

しかし、この「いつか幸せになりたい」と願うだけでは、その願いは幻に終わる。「幸せになりたい」ことが夢なのではなく、「幸せになる」ことが夢ではないか。「神さまとのおしゃべり」(さとうみつろう著、ワニブックス)P428~447を読んで、そのようにも感じました。

今回、この「神さまとのおしゃべり」に書いてあったことの感想を書きたいと思います。

スポンサーリンク

■明日3兆円が手に入る?

主人公のみつろうが、神さまに「願いを1つだけ叶えてあげようか」と言われて、「明日3兆円が手に入る」と言います。

3兆円なんて、国家予算の3%もの額を簡単に手に入れられるわけないのですが、神さまは簡単に「じゃあ叶えてあげる」と言います。

しかし、なぜ神さまはそのように言ったか。明日も「明日3兆円が手に入る」という願いが叶うからです。つまり、ずっと「手に入れたい」と思い続けることができるということです。

あれ?なんかおかしくないですか?そういうことです。結局「いつか〇〇したい」と思い続ける自分の状態が続くだけで、結局夢が叶わないのです。

観念的な話でとっつきづらいかもしれませんが、「いつか〇〇したい」と願っているうちは、その願いはずっと幻に終わってしまうとのことです。

これは「明日3兆円手に入る」と願っても、「3時間後に手に入る」「1秒後に手に入る」「0.000000000001秒後に手に入る」と言っても、同じことということです。

ずっと「なりたい」と願う自分の状態が叶うだけで、結局叶えることができない。

■ないものよりも現在あるものに焦点を

「金持ちになりたい」とつぶやくと、「金持ちじゃない」ことに焦点がいってしまい、手に入れられない理由を脳が勝手に探し出してしまうそうです。

・3兆円がない

・豪邸がない

・外車がない

不足を見れば、永遠になりたいと願うだけで、永遠に実現しない。そんな夢とか願望、全然楽しくないですよね。これでは夢とか願望、目標とは言えない。

「ああだったらいいのに」と表現してしまうとわかりやすいかもしれません。自分でコントロールして実現できることをスルーして、ないことに焦点を向かわせ、永遠に手に入らないマインドを作り上げてしまうのです。

では、どうすればいいか。「幸せになりたい」のであれば、「今、幸せである」とその場で願うことです。

ちょっと気分が落ち込んでいるとき、物事がうまくいっていないときはなかなか難しいかもしれません。心の持ちようではどうにもならないかもしれません。

【関連記事】今ある幸せに気づくのが大切とか言われるけど、なぜ我々はそれができないか?

しかし、少しだけ心の余裕ができたら、例えば「金持ちである」「いま総資産何千万円ある」と、実際の総資産額をつぶやいて、その理由を考えてみてはどうか、ということです。

【いま総資産が何千万円かある理由】

・給料とボーナスが貰えているから

・投資して利回りが出ているから

・ブログでの収入が伸びているから

・過去に印税をもらったから

こんな感じで現在お金がある理由を探すようになります。そう考えれば、これからどのようにして資産を増やしていこうか、具体的な計画ができて、「2年後に総資産5000万円にする」とか、そういう目標を立てやすいのではないでしょうか?

■神さまとのおしゃべりの総評

神さまとのおしゃべりは500ページくらいの分厚い本ですが、対話形式の小説になっており、時折イラストも挿入されているので、かなり読みやすいです。

ただ、内容は観念的で、少しスピリチュアル。なので、個人的にはとっつきにくいテーマではありました。もし、読みやすい小説になっておらず、一般的なビジネス書の構成であれば、間違いなく挫折していました。

しかし、読んでいる最中はピンと来なくても、あとでじわじわやってきます。「そういえば、神さまとのおしゃべりって、こういうことも書いていたよな」と。そんな不思議な感覚になる本です。

とりあえず、ピンと来なくても、最後まで読んでみたほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です