なぜ僕はブログ記事を1000文字以上書くようにしているのか?

シェアはこちら

YOSX9788-thumb-1500xauto-19739

ブログは「質より量より更新頻度」という言葉を聞いたことがあります。これはブロガーにとって、とても大事な格言と思っています。文章の質やボリュームなどを気にして、いつまでも更新できないよりは、とりあえずは場数をこなしていった方が良い。

これは自分も守ろうと思っています。とは言っても、1年で700記事弱ですが……。しかし、文章の質やボリュームについて、まったくこだわらないか、と言うと決してそんなことはないです。今回は、文章のボリュームの話です。

このブログでは、基本的に記事の文字数は最低でも1,000文字を超えるように書いています。ほとんどのブログは1,000~3,000字で収まっています。3,000字を超えようとしたら、もう1記事書こうかな、ぐらいな感じです。

今回、なぜ自分が1,000文字以上書こうとしているのか、思うところを書きたいと思います。

スポンサーリンク

■検索上位を狙うなら600文字以上

おそらく推測の領域を超えていないと思うのですが、よく言われるのが、最低でも600文字程度ないと、グーグルから優良なコンテンツとは認められないというのがあります。

原稿用紙1枚程度の分量しかないと、検索上位に出てきづらくなってしまうみたいですね。

これは、本当に600文字なのかどうかは、よくわかりませんが、とりあえずグーグルにちゃんとした1つのコンテンツと認められるための目安として考えています。

ということで、この時点で最低でも600字は書かないといけなくなります。

■では、なぜ自分は1,000文字か

では、なぜ自分が最低でも1,000文字を心がけているかどうかについてですが、だいたい以下のような感じです。

〇グーグルが求めるであろう文字数に尤度を持たせるため

600文字というのは、あくまで推測なので、本当に600字前後の記事を書くことに不安があります。なので、それにだいぶ尤度を付けて1,000文字にしています。

1,100~1,200文字くらいの記事でも、あるキーワードで検索上位に来ており、アクセスの高い人気記事になっていることがあります。

なので、1,000文字あればだいたい問題ないかと思います。

特にグーグルアドセンスの広告を貼っている場合はPVを意識することになりますから、これはMUSTだと思っています。

〇読ませる記事を意識する

あまりに文字数が短いブログを読んで、「終わりかよ!」とがっかりした経験はないでしょうか?

あまりに短いというと、どのくらいかというと、だいたい400文字以下です。

原稿用紙1枚に満たない文字数だと、何となくがっかりした感じがします。

なかなか短い文字数でしっかりとした、読者を唸らせる記事を書くというのは難しいものです。

ただ、文字が1,000あれば良いというわけではないですが、文字数が極端に少ない人のブログは、だいたい日記になっていて、情報発信になっていないことが多い感じがします。

検索エンジンで流入してくる人が求めるのは、情報発信であり、芸能人でもない人の日記なんか読みたくないのです。

情報発信を意識するようになると、おそらく文字数が書けない!なんてことはなくなってくるかと思います。

だいたいは1,000文字を超えてくるのではないかと思います。

だんだんブログの記事数が増えてくると、他の関連記事についても紹介したりするし、そもそも慣れてくるので、1,000文字のハードルは低くなると思います。

とは言っても、「このネタで1,000字書くのはきついなあ」と思うこともたまにあるのはたしかです。

■関連記事

【関連記事】僕がブログを書き続けることができる秘訣を6つシェアします

1年間で700記事弱と、決して多くはないかもしれないですが、コンスタントに記事を更新してきました。

この1年間の休日はブログを書いてきたような気がします。

なぜ、自分がブログを書き続けることができたのか、思うところを書いた記事です。良かったら併せてご覧ください。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です