節約の観点から断捨離を|物欲以外の欲求を充足させる

シェアする

節約2

別のところで書いたような気がしますが、最近、「断捨離」「シンプルな生き方」「物を持たない」「○○を捨てる」「減らす○○」といったフレーズを多く聞くようになった気がします。

断捨離は別に片付けに限ったことではないと思いますが、自分もその考え方が結構好きです。気持ちの面でも「あれもこれも」という気持ちにならずに心の中がすっきりして一点集中できるし、「物を持たない」というのはお金を貯めるという観点でも重要だったりするので。

いろんな観点から断捨離は大切と思っているので、節約、人間関係時間の観点から書いていきたいと思っています。

今回は節約の観点から書きたいと思いますが、このブログはお金の記事が多いため、他の記事と重複することが多いかもしれません。それだけ節約が重要なのは、これができないとタネ銭が貯まらず資産運用に着手できないからです。

いろいろ勉強していくと、良質な情報も手に入るようになって良い案件か悪い案件か判断できるようになるのですが、そもそもタネ銭がないと、どんなに良い案件でも指を加えて見ているしかなくなります。それはあまりにもったいないことです。

それに蓄財できるようになれば、心にも余裕が出てきます。「別に今会社をクビになってもしばらくは生きていけるなあ」とか「今日は彼女の誕生日だな。何かプレゼントしようか、たまには奮発するか」とか、上昇志向で物を考えることができるようになります。なので、節約の観点でいろいろ書きたいと思います。

スポンサーリンク

〇家が欲しいという考えを捨てる


これについては、別記事で書きましたので、この観点から話すのであれば多くは説明いらないと思います。お金の観点で最も断捨離したいのは悪い借金ですが、家を買うことによって大きな借金を抱えてしまいます。借金は多くの動きを止めてしまいます。

自由を分類すると、お金、時間、場所、人間関係の4つに大別できると思いますが、持ち家の購入はその中でもお金の自由と場所の自由を奪ってしまいます。

この4つの自由はそれぞれ相関関係にあり、例えばお金の自由を奪われれば会社を辞めれなくなるので、他の時間、場所、人間関係の自由を奪われてしまいます。

それに家は場所の自由も奪ってしまいます。住む場所を固定してしまうことで、別の場所で働きたいとか移住したいという考えが出てきた時に大きな妨げになってしまいます。そうなると、結局新たなビジネスチャンスを逃してしまうことになってしまいます。

〇生命保険を捨てる


これも他の記事で書いている通りです。ここでは多くの説明はいらないと思います。なかには入っておいた方が良いという人もいますが、貯蓄ができない状態で扶養家族が多いという状態でなければ必要はない。

必要な人には必要とは思いますが、必要以上に入っている人が結構多い印象があること、それによって逆にお金に苦労してしまい、家族を守れなくなったり経済的自由の妨げになっている人が多い印象にあることを考えれば、充分断捨離の対象です。

〇車を捨てる


地方では車がないとやっていけなかったりするので一概に否定できないと思いますが、どうせ持つなら中古車とか、新車でも比較的安価な軽自動車にするとか、それで充分だと思います。

負債とはポケットからお金が出ていくもの、という考えに従えば車は負債なので、身の丈に合った車で良いと思います。軽自動車だって、人や物を乗せるには不便しないし、ポケットから出て行くお金も最低限に抑えることが可能です。お金がない人ほど良い車に乗っている印象があります。

都市部に住んでいるのであれば、車はもう不要の産物となる可能性は高いと思います。旅の移動手段としたいのであればレンタカーを借りた方が安いでしょうし。家もそうですが、一時的な所有満足感を得るのが先か、経済的自由を手に入れるのが先か、よく考えたいところです。

車中泊とか自分も好きですが、自分も独立したらしばらく都市部に住む必要があると思うので、車は手放すことになりそうです(・・;)

〇ギャンブルを捨てる


そう言えば、ギャンブルの観点で節約の記事を書いてなかったですが、もはや言うまでもない。例えばパチンコはお金を無駄にするだけでなく、時間も多く無駄にしてしまいます。多くの人は1日中パチンコ屋にいたりします。負けた日は一体いくら使っているのか……(´ε`;)

同じ観点で麻雀も無駄です。コミュニケーションの一貫として有効かもしれませんが、最近は麻雀を知らない人も多いので、一度付き合ってしまうと、その後誘われ続けることになっていまいます。成功者で麻雀をしている人というのは、あまり見たことがありません。

その他競馬なんかもそうですね。職場でギャンブルの話で盛り上がっているのを見ると辟易する人もいると思いますが、正しい感覚だと思います。

ただ、例えばラスベガスやマカオに旅行に行って、多少カジノを楽しんでみるのであればありだと思います。日常から離れた世界を少しだけ味わうのであれば、それは大人の社交で、重要なことです。

〇付き合いの飲み会を捨てる


飲み会については、いろいろ選択が難しいと思います。飲み会にも自己投資、浪費、消費があるからです。でも、明らかに浪費に該当する、基本的に気乗りしない付き合いの飲み会はできるだけ避けるのが良いと思います。二次会とかも含めると、結構バカにできない額になります。

付き合いのゴルフやボウリング大会、麻雀大会も避けて良いと思います。ただ、この辺は誰と行くかが大事になるので、一概にダメとは言えないですね。この辺は人間関係の断捨離で書いていきたいと思います。

〇服を買わない


必要以上に服は買わないことです。それにブランド品全部にいえることですし、自動車にも言えることですが、見栄っ張りとオシャレは違ってきますからね~(・・;)。身の丈に合わない派手で豪華な格好しても周囲は見抜いてしまいます。

安くて着心地の良いものと、社交場に出たりセミナー講師をやる時など、ある特定の場所に必要な服、運動用の服、必要な服はある程度絞られると思います。

〇成果が出ないセミナー、本、教材


自己投資のつもりが結局浪費だった。最初は失敗してしまうことも多いと思いますが、「これだ!!」というのが見つかれば、自ずと必要な教材やセミナーは限られてくると思います。これは経験で取捨選択するしかなさそうです。

ただ、いつまでもイベントの参加に忙しく動き回ったり、必要ない本や教材に埋もれるような生活をしていたら、自己満足に浸っていないか振り返ることが必要だとは思います。

〇タバコを捨てる


これも別記事で書いています。お金を使って健康を破壊する行為、例えば過食とかもできれば避けたいところです。

〇中途半端な趣味を捨てる


趣味もお金がかかりますが、精神的に豊かにするし、場合によっては自分のように出版に繋げることもできれば、ブログやアフィリエイトのネタにもなりやすいので、できればここは残しときたいところです。ワクワクする趣味は、いずれとんでもないアイディアを生み出すこともあるからです。

ただ、ギャンブルのようにいまいちワクワクしない、誰かに誇れない、自慢できない、何かを失うだけの中途半端な趣味は捨てた方が良いのかなと思います。後、お金がかからないような方法でも余暇を楽しんだりできると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
この記事をお届けした
解放デビューの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!