僕が非常に不愉快な気持ちになる嫌いな言葉6つとその理由

シェアはこちら

嫌いな言葉

誰しも好きな言葉があると思います。著名人の名言だったり、とある本に書いてあった一行が忘れられなかったり、恩師から言われた一言が忘れられなかったり。

これは自分にも結構あり、例えば大前研一さんの「人間が変わる方法は三つしかない。一つは時間配分を変える、二番目は住む場所を変える、三番目は付き合う人を変える。この三つの要素でしか人間は変わらない。もっとも無意味なのは「決意を新たにする」ことだ。」とか、

高橋歩さんの「夢は逃げない、逃げるのはいつも自分だ」とかは好きな言葉の1つです。

こういう好きな言葉については、別記事でまたまとめて紹介記事を書いていますが(→詳細はこちら)、逆に生理的に受け付けない、とても不愉快で気持ち悪くなる言葉もあります。

今回シェアするのは、そういう僕が苦手で嫌いな言葉とその理由です。

これから話す、僕の嫌いな言葉を聞くと、本当に虫唾が走り、そういう発言をする人と距離を置きたくなってしまいます

価値観の違いとかは受け入れようと思いますが、これから話すような言葉は、すべてセルフイメージを下げてしまったり、ドリームキラーが発言するような言葉ばかりなので、

「あー、わかるわかる」と思ってくれる方も多いと思います。なるべく、自分はこういう発言はしないように気をつけていきたいと思います。

スポンサーリンク

■お金は使えば使うほど回ってくる

人に貢献すれば、自分に返ってくるとは思っているので、一利ある言葉だと思っています。

なので、言葉自体は虫唾が走るほど嫌いではありません。しかし、勘違いすると非常に怖い言葉だと思っています。

貯金も投資もしなくていい!!給料もらった分は残さずじゃんじゃん使って、日本経済を良くしていこう!!

勘違いしてこんなこと言って、本当にギャンブルや嗜好品や飲み会とかにじゃんじゃんお金使って、給料前は常にすってんてん。そんな人をたまに見かけます。

いざ会社を辞めるとき、結婚して子供が産まれるときに、どうしようもないくらいに困ってしまいます。

「お金は使えば使うほど回ってくる」が浪費の言い訳と化してしまうと、人生の破綻を招いてしまいます。

【関連記事】”お金は使えば使うほど増える”は勘違い|本当の意味を教えます 

■そんなにお金貯めてどうするの?

これ、僕がよく言われる言葉なのですが、逆に「そんなにお金使ってどうすんの?」と思ってしまいます。

こんな質問投げかけてくる人は、やはり浪費グセの激しい人が多いです。

浪費グセが激しいということは将来の目的がなく、非常に刹那的な生き方をしています。

これでは会社を辞めることもできないし、結婚生活も間違いなく破綻します。

何も目的なく貯金している人はいません。将来必要なお金が明確にあるから、節約したり投資したりするんです。

浪費グセの激しい人でも全員が悪い人ということはないので、影響されない範囲で適度な距離感を保って付き合いたいところです。

【関連記事】「そんなにお金貯めてどうするの?」と社畜に言われるのが大嫌い

■お金に興味がない

お金に対して超ネガティブな発言です。

口が裂けても言ってはいけない言葉だと思います。

お金はいっぱい愛してあげた方が良いに決まっています。

人間関係は選ぶ必要がありますが、お金は多すぎて困ることはありません。

お金を使うことに興味がないということなら同意しますが、お金そのものを否定してしまうのはNGだと思います。

【関連記事】お金なんて別に欲しくないなんて言う奴とはすぐに縁を切れ!

■早期退職に興味がない

高卒、もしくは大卒から働き始めて、定年まで同じ会社に勤め上げる。

小学校でも6年で卒業なのに、会社となると定年まで卒業を待っていたら40年前後かかってしまいます。正直、よほど会社の中で使命感を持てる仕事が見つからない限り、精神的に持つわけがないと思うのですが。

日本の自殺の大半の要因は、こういう我慢を美徳とする文化から成り立っていると思われます。

早期退職や独立を視野に入れさせようとしない一部の企業の文化、それに疑問を感じない人たちに非常に嫌悪感を覚えています。

■俺の年金のために働いてくれよ

おそらく定年退職間際だろうと思われる人の発言ですが、非常にびっくりしていまいました。

日本の公的年金制度は賦課方式といって、働いている若い世代が、65歳以上のリタイア世代にお金を貢ぐ制度です。

よく言われることですが、これはネズミ講と同じ構図なんです。我々は国家的詐欺に遭っていると自覚しながら、毎月厚生年金とか国民年金とか払い続けているわけです。破綻することが目に見えているのに。

「俺の年金のために働いてくれよ」という言葉を吐くということは、その現状に甘えようとしているわけです。正直、本当に年金制度がどういうものかわかっているのかなと疑問に思いました。

まあ、国の法律なので、日本に居住している限り、年金は払い続けないといけないんですけどね(泣)

【関連記事】バッシング中の厚労省年金マンガに思う|年金払い損世代の生き方について

※厚労省の年金マンガが一時期バッシングされたことありますが、その時に思ったことを書いています。

■セミナーなんかに行ってどうすんの?

「飲みに行こうよ~」と言われたのを断って、「今日はセミナーに行きます」とか言うと、周りが引いてしまうことあります。

一体どっちが有効なお金の使い方なんですかね?

飲み会やギャンブルに浪費している人ほど、「セミナーなんてお金の無駄だよ」とか言っているわけです。

この差は、2年、5年、10年と年月が経過するにつれて大きな差になっていくことでしょう。

〇関連記事

【関連記事1】貧乏まっしぐら!!避けたいお金にネガティブな口癖8選!!

【関連記事2】お金も人も逃げていく悪口と批判|人はなぜ不幸を招く発言をするのか?

 

他にも、人が離れていきそうな発言や口癖についてまとめた記事がありますので、良かったらこちらも併せてご覧ください。

なるべく人を不快にさせるような言葉は避け、みんなで良い気分を共有できるような言葉を使っていきたいですね。

【関連記事】好き嫌いが激しい性格の持ち主は自分に正直で優秀だと思う

好き嫌いが激しいということは、実はとても素晴らしいことです。嫌いなものが何もないという人は、おそらく嘘です。嫌いなものがない人なんて、何も感じることができないかわいそうな人なのです。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です