クッシュボールの使い方|効果は日常業務のストレス解消にも

シェアする

最近、自分の部屋を掃除したり整理整頓していたら、何やらウニのような形をした怪しい球体が出てきました。

あれ、これ何だっけなあ?と思い出そうとしたものの、なかなか思い出せない。喉まで出かかっているのに、出てこない。ああ、なんだ、芸能人の名前をど忘れした時のようなこのもどかしさは(・・;)

クッシュボール

うーん、うーんとしばらく見つめても思い出せないので、誰かに聞こうとfacebookに投稿しようとしたところ、突然何かが閃いたように思い出しました。

このように、ど忘れした名前を思い出そうとする場合、解決しようと行動に出ようとすると、なぜか思い出すことが多い。人間の脳の構造は、少し不思議ですヽ(´Д`;)ノ

さて、このウニみたいな形の球体は、「クッシュボール」と言われるものです。

数年前、マインドマップのセミナー(だったかな?「Business Model You」の読書会でも置いてあったような……)に参加した時に、置いてあるのを見つけ、なんだか興味が湧いてきて、Amazonで買ったのを思い出しました。

スポンサーリンク

〇研修やセミナーだけでなく、日常業務の合間にでも


このクッシュボール、ウニみたいな形をしていますが、ゴムで出来ているので特に痛いとかはなく、むしろ触り心地が良い感じで、

ジャグリングのような要領で何度も左手、右手で持ち替えることで、何となく緊張をほぐしたりストレスを解消する効果があるようです。

たしかに、何か考えに煮詰まったときに、上記のような動作をすると、ストレスを緩和することができそうだし、触り心地が良いためか、不思議と地味に無心になってしまうので、何か良いアイディアが出てきそうな気がしますヽ(*´∀`)ノ

気がすると言っているのは、久々に発見するまで、全然触ってなかったので、まだ効能を確認できていないわけですが。

写真のクッシュボールの他、様々な色のタイプが売られていますが、比較的どれもカラフルです。これも視覚的刺激を狙っているみたいで、「シャキっとする」「やる気が出る」という効果があるようです。(あまり自分は、それは感じませんが……)

このクッシュボール、煮詰まったりイライラしたときに触っていると、どこか脳がリラックスしているような気がして、徐々にポジティブな気分になってきます。

地味にそう感じるだけですが、何か詳細に検討したり、文章を書いている時は、何かひらめくまでいかなくとも、思考を推し進めることには役立っているような気がします。

もともと実習形式のセミナーで使われているのをよく見るので、会議やミーティングの場でも活用すると、少し会議の場が楽しくなったり、和やかになるかもしれません♪

せっかく整理整頓のタイミングで見つけたのも何かの縁かもしれません。ブログ書いたり、執筆活動の場で活用して、脳をほぐしながら文章を書いていきたいと思います。

特に小説の執筆はストーリー構成の段階から、思考と工夫の連続なので、地味に活用していきたいと思います♪

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
この記事をお届けした
解放デビューの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!