県境が好きで跨ぐと興奮する|「マツコの知らない世界」に出演しました

シェアする

県境 好き

10月10日(火)の「マツコの知らない世界」の2時間スペシャルに出演させて頂きました。過去に「県境マニア」という本を出版しているとはいえ、あくまで趣味の話。

しかも「県境が好き」なんて、あまりにマニアックすぎるし、どうだろう?と思っていたんですが、ツイッターユーザーの呟きを見る限り、思った以上にバッシングもなくてホッとしています。

スポンサーリンク

■「マツコの知らない世界」放送当日のツイッターの反応

「マツコの知らない世界」の放送当日のツイッターの反応は、案外みんな暖かいものでした。

O.A.では「なかなか県境が好き、という人がいない」と言っていたんですが、ツイッターを覗くと、

「いや、県境で興奮する気持ち、なんかよくわかる」「たしかに県境跨ぐとテンション上がるよね」とか「県境マニアの人の話、なんかホットする」なんて投稿が多かったです。

おー、そうですか、わかってくれますか。あの県境の境界線を跨いだ時の高揚感。

何と言っても、面白く話せたかどうかは別として、批判等の書き込みがなかったのが、とても良かったです。

■「マツコの知らない世界」の放送当日

「マツコの知らない世界」の放送当日のこと。実は自分はテレビを持っていないので、O.A.を見れなかったんです。

自分がテレビを持っていないことを知っている人は多かったので、「Skypeとかzoomで実況できない?」という声を頂いたので、放送当日はzoomを立ち上げて「マツコの知らない世界」のO.A.を待っていたんです。

しかし、自分が出てきても、なぜか「入れない」という連絡が。結局いろいろ試行錯誤しているうちに時間が過ぎ、放送終了……。

※ちなみに相手はブロガー座談会でご一緒させて頂く斎藤美佳子さんです。

しょうがない。それではオンデマンドで見るか(O.A.後1週間視聴可能)と思っていたんですが、結局次の日、ブログ相談のお客さんのご自宅で、録画したものを見せてもらいました。

実は過去に、だいぶ昔ですが「ゴロウ・デラックス」や「シルシルミシル」、「たけしのニッポンのミカタ!」等に出演させてもらったことがあるんですが、共通して感じることは、

自分がテレビに出ているところを自分で見るのは恥ずかしいなあ、ということ。

「県境が好き」「県境で興奮」なんて言葉をカメラの前で連発したなんて、かなり久しぶりのことです。(たぶん2年ぶりくらい)

■「県境マニア」の活動をまた再開したいなあ

会社を辞めて自営業になってから、ワークライフバランスなんてものがなくなったので、24時間自由ではあるのですが、はっきりした休みを取りづらくなっているのが、少し悩みでした。

というのも、最近映画も見ていないし、DVDも見ていないし、読書する時間すら作れていない。ましてや、のんびりと旅に出ることもなくなってしまった。「県境マニア」として旅に出れないのは、ややストレスに感じていました。

それこそ「好きなことで生きていく」という状態を少しずつ作れているのですが、一方で純粋な趣味の時間を作れていない。

「マツコの知らない世界」に出る自分を見ながら、そう感じるところもありました。

自営業になると精神的疲労感はなくなるものの、そのかわり肉体的疲労感が目立つようになりました。

徐々に「県境マニア」活動を復活させて、県境跨いで興奮して、勝手に癒やしてこようかなあ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
この記事をお届けした
解放デビューの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

コメント

  1. […] 何と言っても、あの、マツコの知らない世界に出演した経歴もございます。本当に面白い方です。 […]