アファメーションの成功例|実際にこんな成果が得られました!

シェアはこちら

0I9A853115070150spk-thumb-1000xauto-18952

セルフイメージを上げるために有効と言われているアファメーション。

ちなみにアファメーションとは、願望を実現するために、呪文のように言葉を口に出して唱えて潜在意識を引き出す方法です。

よく朝の始業時にスローガンや企業理念を読み上げる会社なんかがあると思いますが、あれも一種のアファメーションでしょう。

また、「口に出した言葉は、脳内にインプットされ、そのような人生を送るように勝手に選択される」とも言われます。

自分にとって快適になれる言葉を出せば、それだけ快適な人生を送れるし、ネガティブな言葉を発すれば、それだけ不幸な人生が待っているというのは、よく知られた話です。

言葉だけで、こんなに人生違うと思うと、希望的であると同時に、少し恐ろしくもあります。

【アファメーションって効果あるの?】

で、皆さんが気になるところと言えば、おそらくこのアファメーションの特性は本当なの?というところだと思います。

ということで、今回は自分の体験談について、思うところを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

■お金に関するアファメーションは効果がある

以前お金に関するアファメーションについて記事を書いたことがありますが、これは結構効果があると思います。

僕は自由の欲求が強い、つまり経済的自由を得たいという気持ちが強いので、意識することなく、

・お金持ちになったら〇〇する

・私は当然お金持ちになれる

といった言葉を使っていました。

そしたら、前述の理屈で言えば、脳が指令を出しているのか、いつの間にかお金に関する情報、つまり節約や投資といった蓄財面に関する情報を仕入れるようになっていました。

最初は本を読んだり、ネットで調べたりしていましたが(←個人的にネットで投資情報を調べるのは勧めません)、実は身近に詳しい人が何人かいることがわかり、そこから情報を仕入れるようになっていました。

こういった情報は口コミ、身近な情報が信頼性高かったりしますからね。

ということで、自然とお金の勉強をするようになり、お金が貯まるようになっていきました。

今のところ、会社を辞めても、独身を貫いて身の丈に合った生活をするという前提で行けば、おそらく15年は無職でやっていけると思います。(独身を貫こうとは思ってませんが)

お金が欲しい、お金を貯めたい、お金を貯めて〇〇したいと思ったら、地道に蓄財するのも大事ですが、願望を明確にするために、こういったアファメーションを使うようにしたらどうでしょうか?

【関連記事】これで億万長者!?お金が舞い込むアファメーションの例文7選!!

女性の方は、「恋もお金も引き寄せる!効果的な恋愛のアファメーション7選」という記事を読んだ方が効果的かもしれません。

■「おれはすごい!」というのも効果あり

処女作を商業出版したのは、もう5~6年前の話ですが(←1冊だけですが、商業出版したことあります)、この頃から無意識に始めたアファメーションと言えば、

・おれはすごい!!

・おれは天才だ!!

・おれには才能がある!!

・おれはできる!!

というものでした。今では、もうちょっと具体的に、

・〇〇のテーマで本を書く!!

・ブログで月間50万PV出すぞ(←ちなみに現状まだまだですwww)

という感じのことを言ったりもしますが、当時は「おれはできる!!」「おれはすごい!!」というだけでも、モチベーションを維持できて、

小説の出版は叶いませんでしたが、諦めきれずエッセイの企画を出したら、それが通りました。結局これが、就職してから、給料以外で得た初めての収入となりました。

■人に言うと効果あり

アファメーションは毎日唱えることでも効果はありますが、できれば人に言うようにすると、効果は大きくなります。

特に「おれは本を出す!!おれはすごい男だ!!」とかは友達に言ったりしました。

頭がおかしくなったかと思われましたが、それが逆に快感に思えたりもしました。だって、自分の願望をそのまま言っているので。

他人にどう思われようが、自分の願望に正直になり、口に出すようにすると、効果が出てきます。

今のところ、自分は「おれは〇〇するぞ」というアファメーションはできているのですが、

「△△さんにこうなってほしい」というアファメーションは弱いので、この辺を強化していくようにしたいと思っています。

この結果もまた、後日シェアしていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です