コンビニで数百円の買い物でもクレジットカードを使うと良い3つの理由

シェアする

クレジットカード1

キャッシュフローの一元管理ができること、支払いを後回しにできるのにポイントが付いてくることから、キャッシングさえしなければ、クレジットカードを使った方が良いと思います。

自分は極力支払いはカードで済ませる主義なのですが、こう言われると、コンビニやスーパーでの数百円単位の買い物でもカードを使った方が良いのか、と言われることあります。

答えは上記の理由から断然YESです。

今回は、この少額決済でもコンビニを使った方が良い理由を少し掘り下げてみます。

スポンサーリンク

〇数百円単位の買い物でも浪費かどうか見直す

コンビニやスーパーで、たかだかペットボトル1本とか、お菓子をちょっとだけとか、100円か200円程度の少額決済でクレジットカードを使うことに抵抗のある人も多いみたいです。

「金銭感覚が麻痺しそう」「コンビニで100円程度の買い物でカードを使うのが恥ずかしい」「インターネット上の決済以外で、クレジットカードを使う習慣がない」

どれも気持ちはよくわかります。しかし、キャッシュフローを一元管理して、明細書が来る都度支出を見直すのは、数百円単位の買い物でも同様だと思います。

チリも積もれば山となるで、1ヶ月の合計を計算すると、意外と出費があるのがわかると思います。ペットボトル1本だろうが、完食のお菓子だろうが、タバコ1箱だろうが、洗剤や歯ブラシだろうが、バカにすると結構痛い出費です。

なので、数百円程度の出費でも、せめて浪費かどうかを見極める習慣を付けると良いと思います。まあ、まずは数千円、数万円の無駄な出費があれば、まずはそこから見直すのが一番でしょうが。

カードで金銭感覚が麻痺するのは明細を見直していないからです。楽天カードのようにweb上に簡単に見られるのであれば、とても便利です。これを利用して簡単に家計をチェックできるようにしましょう。

〇支払いが楽

これは電子マネーでも言えることなのですが、機械に通して決済完了なので、支払いがかなり楽です。コンビニの店員もレジを開いてお釣りを計算する手間は省けますし、

もし後ろに並んでいる人がいれば、お釣りを計算している時間を省けるので、それだけ待たせなくて良くなります。自分のためだけではなく、人のためになると思います。

〇財布がパンパンにならない

カードで決済するので、小銭をや1,000円札を余分に増やさずに済みます。財布がパンパンだと、やはり少しみっともないので、カードでスマートに買い物する癖を付けていけば、もともと現金を持ち歩く必要がなくなります。

ただ、その後の支払いのことも考え、どうしても小銭が少なくて増やしておきたいなら、敢えて現金払いでも良いと思います。

支払いが楽で、店員にも優しい、財布がパンパンにならずに済むと思えば、別にコンビニでカード払いを恥ずかしいと思わずに済むような気がします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
この記事をお届けした
解放デビューの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!