服飾費の節約に悩んでいる人へ|オシャレな洋服をレンタルしよう

シェアはこちら

a0780_000336

家計簿をチェックすると、月々の支出のうち、服飾費(被服費)の割合が多い人が結構います。特に女性の場合が多く、服飾費を節約した方が良いケースが多い気がします。

よく聞くモデルケースとしては、毎月20,000~30,000円ぐらいかかっていて、しかもトレンドもあって翌年は着れない服も多く、そういうのは大方捨ててしまうそう。もったいない……

女性となれば、ファッションは衣服に留まらないでしょうね。化粧品もこだわるでしょうし、ネイルもこだわるでしょうし、バッグとか小物だってこだわる。エステにも通う……。

いったい月々いくら貯蓄できるのか・・・、ファッションはいくらお金かけてもきりがない側面があるため、どんどんお金をかけて、全然手元にお金が残らない、なんてことに陥る危険性もあります。

自分の見せ方を考えることは大事だと思いますが、それで経済的自由を目指せないのであれば本末転倒ですからね。節約を意識するのはとても大事です。

スポンサーリンク

■レンタルすれば?

そもそも一時期しか着ないような洋服、買う必要あるのでしょうか?

僕なんかもそうだったんですが、どこか洋服は買うもんだと思い込んでいるところがありました。どこか服のレンタルと言うと、結婚式のドレスとか和服のように、滅多に着ないものばかり思い浮かべますが、

よくよく考えたら一般的な洋服のレンタルだってあるんですよね。

ということで、洋服のファッションレンタルサービスについて、少し調べてみました。

■ファッションレンタルサービス

・エアークローゼット

自分の好みやサイズを登録して、勝手にスタイリストが洋服を3点ぐらい選んでくれる。返送料・クリーニング料不要で月額6,800円

・リシエ

東京・原宿に実店舗のあるファッションレンタルサービス。レンタル期限は1週間と短い分、レンタル料は500~3,000円と安価。

・サスティナ

洋服だけでなく、小物類もレンタル可能。計5点までレンタル可能で、月額5,800円。

・ラクサス

バッグ専門のレンタルサービス。ルイ・ヴィトン、シャネル、エルメス、グッチ、プラダ、ミュウミュウ、フェンディ、カルティエ、ブルガリ、ディオール、聞いたことのあるような有名高級ブランドはだいたい揃っている。月額6,800円。

と、ドレスや和服のレンタルを除いてざっと調べてみるだけでも、これだけ出てきます。とは言っても、もともと服飾費にお金がかからない人が、このサービスを使うメリットはそんなにはないでしょうが、

月に何万円も一定してファッションにお金がかかる人、季節ごとに以前着ていた洋服を捨てていた人は、検討の余地ありです。

■関連記事

【関連記事】ファッションにお金をかけるのは自己投資になるか?ならないか?

ファッションの自己投資と浪費の境目に関する基準について書いた記事を、随分前に書いていました。おしゃれと見栄っ張り、この違いはとても重要ですよね。もし、服飾費(被服費)にお金がかかりすぎていると感じている人は、併せてご覧ください。

【関連記事】滅多に使わない家電などは買うより借りる|DMMいろいろレンタル

ファッションに限らず、最新家電やオフィス用品、アウトドアにスポーツ用品、さらにはヤギまで、ありとあらゆるモノをレンタルできるのがDMMいろいろレンタルです。

1度しか使う機会がないようなモノは、こういうレンタルサービスを使用して、お金のかからないシンプルライフを実現したいところですね。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です