一生結婚できないと言われる男の特徴5つ|そりゃ無理だわ……

シェアはこちら

OOK_bocchimeshi15202437_TP_V

「ああ、この人は一生結婚できないだろうなあ」と思う男の人がいます。

実際に晩婚化が進んでいるのもあるんでしょうが、一生結婚できなさそうな男の人は結構多いような気がします。

婚活とか行くんだけど、なかなかうまくいかない。もう何年も女性と付き合っていない。

むしろ、そのような生活に居心地が良くなり、「自由だあ」と言いながら結婚しようという意識が薄らいでいく。

とはいえ、周りの友達はもう何年も前に結婚して、子供も大きくなっている。そういう光景を見て、「やっぱり結婚もいいかもなあ」と思う。でも、自分はなかなか結婚できる気配がない。

今回、そのような一生結婚できなさそうな男の特徴について、思うところを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

■ストレスフルな生活を送っている

似たテイストの記事で、同じことを書いている人が少ないのですが、一生結婚できなさそうな人の大きな特徴として、仕事等でストレスが非常に溜まっているということがあります。

なんで自分がそう思うかと言うと、仕事に充実感がなかったりして、ストレスをどんどん溜めてしまうと、自分のことで頭がいっぱいになって、周りを見れなくなるというのがあります。

よくフリーランスよりも収入が安定している会社員の方が結婚しやすいなんてことをよく言われます。まあ、これは若干正しいとは思いますが、個人的にはそういう理由で近付いてくる女の人と結婚したくないですね。

それに、だからといって我慢して会社員を続けてみても、先に書いたようにストレスフルな状態では、周りに興味を持てなくなるので、返って逆効果な気がします。

恋愛うんぬん言う前に、ストレスフルな状態というのは、何とも嫌な感じがします。

【関連記事】仕事のストレスが恋愛にも悪影響を及ぼしてしまう3つの理由

■無駄遣いが多い

無駄遣いが多いのも、結婚では致命的と感じます。やはり男女間で一番ぶつかりそうなところはお金に対する価値観だと思うのです。

無駄遣いが激しく、貯金もほとんどない、投資もしていない、収入源が会社の給料しかない……。これで女性が結婚したがるのかどうか、かなり疑問です。

あまりケチケチして、デートまで割り勘なのは御法度ですが、将来のことも考えず、目先の快楽のためだけに浪費する男性の姿は、女性から見たらかなり痛いのではないかと思います。

■外に出ない

モテる男の必須条件として、必ず取り上げられるのが清潔感とか第一印象です。でも、外に出なくなり、人に会う回数が減っていくと、つい失われてしまいがちなのが、この清潔感です。

だって、自分の部屋の中で身だしなみに気を使おうとか、あまり思わないですよね。

休日もずっと寝て暮らしてばかりとか、行動範囲が狭いと、人との出会いの機会を失うだけでなく、重要な清潔感にも気を使わなくなってしまう気がします。

あまり人と頻繁に会っても意味がないですが、異業種であってもなるべく人に会う機会を増やすようにして、清潔感を意識するような環境に身を置くのも大事と思います。

【関連記事】清潔感があると言われる男の特徴8つ|モテ男の必須条件

■結婚に対する意識が希薄

自分なんかは、とても自由の欲求が強くて束縛を嫌う傾向にあるので、時々「別に結婚しなくてもいいかあ」とか「一緒独身の方が自由でいいや」という思いがちらついてしまいます。なので、これは自分のようなタイプです。

自分はこれから会社を辞めようとしているので、結果論的に結婚しなくて良かったなあと思ったりもするのですが、独立後はさすがにパートナーが欲しいと思っています。

ただ、最近はパートナーの重要性というのもあるような気がするんですよね。ビジネスにパワーが出てくるという感じでしょうか。

それに、ずっと1人のままでは、どこか満たされない。同じく束縛のない、自由の欲求の強い人を求めれば良いのではないか、最近はそういう気がしています。

結婚しなくて良いと感じるのは、今まで自分には合わない女性と付き合ってばかりだったのかもしれません。

【関連記事】一生独身でいいと考える男の心理4つ|でも本当に幸せか?

■低収入がマインドブロックになっている

よく、結婚したい男の条件として、「年収何百万円以上」みたいな話が出てきます。

そういう話を聞くと、その金額に満たしていない多くの男性から、ため息が聞こえてきそうです。

でも、よくよく考えて「年収1,000万円以上の男じゃないと結婚したくない!」とか言う女性と結婚したいでしょうか。

どこか足元しか見てなくて、自分の本質を見てくれていないような気がして、ちょっと嫌な気持ちになりますよね。

特に好きなことを仕事にして、束縛されないフリーランスになろうとしたら、最初は低収入を覚悟しないといけないでしょう。

それでも暖かく見守って支えてくれる女性と結ばれるように、自分自身を成長させていった方が良いような気がします。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です