話題のリボーンプログラムの口コミ|これは絶対に価値観が変わりそう

シェアはこちら

スライド3

僕が女だったらたぶん行くだろうな、と思われるカンボジアの女性一人旅をターゲットにしたリボーンプログラム。今回、その口コミを少し調べてみました。

うーん、自分が女だったら今年のGWにも一人旅のツアーを予約して行ってきていただろうな……。体験談とかをブログで書いているんだろうな……。まあ、こればかりは愚痴っても仕方ない……。

心と体はデトックスされそうだし、価値観はすごい変わりそうだし、何か忘れかけていた大切なものを取り戻せそうだし、小さな悩みとか吹っ飛んじゃいそうだし。口コミを見てそう感じたんです。


■行ってきた人の感想を一部だけ公開

・参加する前はいつも笑顔でいなきゃと思い、笑顔を作っていたけど、実は心の中ではいつも嫌な気持ちでいっぱいでした。参加中に本当の優しさ、笑顔に触れて、自分の悩んでいたり思っていた事はすごくちっぽけに思え、これからは素の自分で心の底から笑顔でいようと思えるようになりました。(LP原文まま)

こういうことありますよね。本心じゃないのに、無理やり笑顔を作ってしまうような感じ。全然楽しくないのに、何で楽しそうな顔をしていないといけないの?みたいな。

作り笑顔とともに、本当の優しさとか、自然な笑顔とか、そういうのが消えてしまう。そして、悩みがどんどん深くなってしまう。本当はそんなストレスから解放されたいのに……。みたいなところでしょうか。(完全に自分の想像ですが)

このツアー、最後に孤児院訪問があるんですよね。ここで価値観が大きく変わって、忘れかけていた感謝の気持ちを思い出しそうな気がしました。

・このツアーは感動とたくさんの感謝が出来るツアーだと思います。心が洗われました。(LP原文まま)

カンボジアと言えばアンコールワットですが、この神秘的な空間でヨガしたり瞑想したり、聖水を浴びて厄払いしたり。占いもできるみたいだし、こういうスピリチュアルな体験によって、心と体がデトックスできそうな気がします。

・毎日の内容が濃く、充実していて予想をはるかに上回る、これ以上はない!と思える1人旅でした。日々の不安等はちっぽけなものに感じましたし、自分はまだまだ新しいことに挑戦できるんだと前向きな気持ちになれました。(LP原文まま)

この人も、日々の不安がちっぽけに見えた、と言っていますね。さっきは悩みがちっぽけに見えたなんて言っていたような気がしましたが。悩みが小さくなるほどの体験って、どんなことだするんだろう?

内容の濃い充実した旅をするには、1人旅に限らず目的を持った旅行をすることだと思っています。直感で何か閃いた女性はリボーンプログラムをチェックしてみてはいかがでしょうか。

■どういう人がツアーに参加しているのか

プレゼンテーション1

リボーンプログラムのHPを見て、どういう人が一人旅のツアーに参加しているのかも調べてみました。

・人間関係に疲れたため。日本にいるといつも誰かと一緒で、職場でも気を使い、友達といてもやっぱり少しは気を使い…。誰も知っている人のいない場所で、 素の自分を出して楽しめたら良いなあと思いました。(LP原文まま)

・未来(将来)への漠然とした不安が30才を目前として急に大きくなったこと。それもあり、ささいなことでイライラする等、自己嫌悪することが増え、さらに不安が増した。(LP原文まま)

・ネットの検索で見つけて興味を持ちました。参加を決めたのは一人旅OKで、ツアーも日本人の方が案内してくれるようで安心して参加できそうだったからです。(LP原文まま)

他にもyoutubeで参加者の声が聞けますが、何かしら仕事の人間関係や責任の大きさ、立場の変化、待遇、給料等に悩みを抱えていて、それでも何かしら成長を求めている人が多いように思えました。

■共通するのはスタッフに関する感謝

このリボーンプログラムに共通するのは、現地の日本人スタッフに対する感謝の気持ちが大きいなと感じました。

ただ単にしっかりと女一人旅をサポートしてくれるだけではなくて、笑顔が素敵だとか、接しやすかったとか、スタッフに対する満足度が非常に高いと感じました。

これも、自分が女だったら行っていたのに……、と思った理由です。


■関連記事

【関連記事】カンボジアの女一人旅で心と体をリセットして笑顔を取り戻せるツアー

リボーンプログラムに関する概要は、この記事でも紹介しています。気になる方はこちらも併せてご覧ください。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です