仙台フォーラス地下の北京餃子は相変わらず安くて量が多い

シェアはこちら

IMG_1244

所要があって仙台に行く機会は結構あるのですが、たまにふと行きたくなるのが、フォーラスの地下にある北京餃子です。もう何年も前の話ですが、仙台に住んでいた学生時代、よく通っていたからです。

自分が学生時代の頃から、フォーラスの地下にあったのですが、そもそも昭和52年(1977年)の創業当時から、この場所にあったそう。

北京餃子といえば思い出すのが大盛りの広東焼きそばです。これで学生時代、自分の胃袋はだいぶ満たされました。

今回、かなり久しぶりに訪ねました。当時と少し新しいメニューはありましたが、昔懐かしのメニューはそのままあるような感じでした。

スポンサーリンク

■大盛りサイズのメニューが多い

IMG_1245

昔懐かしのメニューで大盛りなのは、冒頭でも書いた広東焼きそば(620円)です。食べきれない人のために5/8サイズがあります(550円)。

なぜ5/8なのかわかりませんが、5/8サイズも昔からあります。

隣にあるのは木須肉そばめし(620円)。焼きそば半分、ご飯半分という感じです。そばめしといえば、焼きそばとご飯が混ぜ合わさっている感じですが、写真のとおり、このそばめしは分離されていて、焼きそばは焼きそば、そばめしはそばめしとなっています。

ちなみに木須肉そばめしは、学生時代はなかったメニューです。ただ、去年来仙した際に食べた記憶があり、比較的長く続いているメニューのようです。量は広東焼きそばと同じくらいなので、結構な量です。

IMG_1246

あと、もう1つ気になったのがメガ盛り!ジャンボ炒め。大盛りの野菜炒めですが、かなり量は多い感じです。健康には良いような気がしますが、さすがにこればかり食べていたら太りそうです。

■広東焼きそばを頼む

IMG_1247

学生時代を懐かしむように、注文したのは広東焼きそばです。久々に見ると、やっぱり量が多い。せっかくファスティングで体重落としたのに、これは多すぎたかなと、少し後悔です。

なお、量が多いといっても、大食いタレントが挑戦していそうな食べきれないサイズではありません。学生ぐらいの年齢であれば、簡単に食べきることができるサイズです。

ただ、ファスティング明けの自分にとっては、かなり多めの量でした。意外と少食になったことを実感します。

味は昔懐かしの味そのまんまでした。酢をお好みでかけると美味しいです。学生時代の思い出のランチの1つ、いつまでも残っていて欲しいです。

【北京餃子】

宮城県仙台市青葉区 一番町3丁目11−15 仙台フォーラスB2F

022-262-4363

営業時間:11:00~22:00

〇関連記事

【関連記事】【初体験】ランチの時間に「いきなりステーキ仙台店」に行ってみました

仙台でのランチのもう1つの記事です。立ち食いのステーキで有名ないきなりステーキ。仙台店に行ったレポートです。たまにこういうがっつりした肉を食べたくなります。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です