稚内から高速バス(昼間便)で札幌まで行きました|北海道一人旅

シェアはこちら

IMG_1099

函館⇔稚内間を、行きは特急列車で縦断しましたが、帰りは高速バスで札幌まで戻ることにしました。函館まで行かなかったのは、翌日小樽から出ているフェリーで、地元の新潟に帰省するためです。

ということで、今回は稚内⇔札幌間の高速バスのレポートを書きたいと思います。このバス、1日に全部で7便出ていて、うち2便は夜行バスなのですが、今回は昼間便です。

スポンサーリンク

■AM11:30出発前

宿泊した稚内サンホテルをチェックアウトして(チェックアウトが正午と良心的でした)、徒歩30秒くらいの稚内駅前のバスターミナルに向かいます。

ここで宗谷岬行きのチケットを買うこともできますが、札幌行きの高速バスのチケットも買うことができます。

今回購入したチケットは、AM11:35稚内駅発、PM17:35札幌駅着のもの。ちなみに料金は片道6,200円です。

前日はこの区間、特急列車で移動しましたが、夜間で車窓からの風景を楽しむことができませんでしたので、今回は昼間便なので、その分車窓からの風景を楽しもうと思います。

なお、宗谷岬には、女子一人旅していた女性が1人いたんですが、その人も同じバスに乗っていました。話しかけることはできませんでしたが……。本人も、自分を見て、「あれ、この人さっき宗谷岬にいたよね……」と思っていたかもしれません。

■AM11:35出発

IMG_1095

定刻通り、AM11:35に出発します。3列シートの比較的快適なバスですが、さらに自由席とのことで、席を自由に選ぶことができました。(ただし、前方は女子専用になっていました)

もちろん自分は車窓からの風景が見える窓側の席に座ります。それにしても、前日電車で9時間移動しているし、今回は移動を楽しむ旅になっていますね。

高速バスでも、1杯だけビールを頂きます。普段真っ昼間からビールを飲んだりはしないんですが、こういうときは羽目を外してしまいます。

しかし、これと前日の寝不足が災いしたのか、せっかく窓側の席に座ったのに、12:00頃には爆睡してしまいました……。

■PM2:00頃羽幌着

IMG_1100

1回目の休憩は、このサンセットプラザ羽幌という場所で休憩です。ここに来るまで、自分は爆睡してしまいます。ちょっともったいないことしたな……

■PM3:30エゾシカ目撃

羽幌を出発して、高速道路に入ります。そういえば、バスの運転手の人が、「野生動物が多数出没する区間も通りますので、シートベルトをしっかりと……」と言っていました。

当日、宗谷岬でキタキツネを見ていたのですが、野生動物に遭遇するのは楽しいものです。車窓を眺めながらシャッターチャンスを待っていました。

どこら辺か忘れましたが、高速道路の車窓から大きな草原が見えてきます。そこで、何頭かの動物の群れがいることに気付きます。たぶん10~20頭くらいだったと思います。

最初は絵的に馬か牛かと思ったのですが、よくよく見てみると、色が灰褐色なので、馬でも牛でもなさそうです。そう、よく見たらエゾシカの群れだったのです。

シャッターチャンスと思って、すぐポケットに忍ばせていたデジカメを出したのですが、無常にもバスは通り過ぎ(止まるわけなし)、写真に収めることはできませんでした。

バスでの移動中だったので、仕方ないのですが、移動中野生動物に遭遇することは決して珍しくないでしょう。

■PM4:00頃砂川SA着

IMG_1101

2回目の休憩は、砂川SAです。どうやら日本最北端のSAだそうですが、札幌まであと少しです。

■PM5:35札幌駅着

IMG_1103

無事、夕方に札幌駅に到着します。それにしても、札幌は大都会です。たぶん規模的に福岡市ぐらいはあるのではないでしょうか。北海道の人口も一極集中しているような気がしました。

とりあえず、宿泊予定のホテルにチェックインを済まそうと、ホテルに向かいます。⇒宿泊記はこちら。

稚内の滞在時間も半日程度でしたが、翌朝フェリーに乗るので、札幌の滞在時間も半日程度です。

今回の北海道縦断ひとり旅の全体の流れは、次の記事をご覧ください。

【関連記事】【2016年北海道縦断】男一匹ひとり旅まとめ|函館~稚内~札幌~小樽

今度は北海道横断(根室まで行く)ひとり旅でもしたいですね。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です