会社を辞めたいという強い思いがモチベーションになって最良の行動を促す

シェアはこちら

max16011542_TP_V

「もう会社を辞めたい」「毎日職場に行くのはしんどい」「あー、もうバックれたい」でも、いま会社辞めたら、転職できるかどうかもわからないし、貯金もあまりない……。

このように、サラリーマンやOLでも、心の奥底では会社を辞めたいという思いがジワジワ強くなっている人が多いと思います。

しかし、この会社を辞めたいという強い思いが、最良の行動を促すモチベーションになります。そして、思いが非常に強いので、願いは叶いやすくなるのです。

会社を辞めたいという人は、これをモチベーションにして、変化を遂げていくことが可能になります。

スポンサーリンク

■お金について真剣に考える

一万円札2枚

会社を辞めたくても辞められない大きな理由は、何といっても経済的な問題、もしくはスキルの問題です。人的資本と金融資本。いずれかの問題がクリアされれば、会社を辞められます。

これは会社を辞めたいと考えている人であれば、自動的に考えるようになるでしょう。よって、お金について熟考するようになります。

よって、浪費を辞めて、無駄な固定費を削減し、時間も無駄にする飲み会は行かなくなり、健康まで壊すタバコは辞めるようになる。

これまで年間100万円も貯められなかった人が、年間200万以上貯められるようになっていく。会社を辞めたいという強い思いは、蓄財能力を一気に高めてくれます。

そして、いずれ貯金だけでは不十分ということに気付き、金融知識を身につけるようになり、投資を始めるでしょう。自分だけではなく、お金にも充分働かせる。これを実行します。

お金に対して厳格になり、お金を大切に扱うことができるようになります。お金を愛することができるようになります。だって、それが今までそれができなくて会社を辞められなかった。お金の問題が今の苦痛を生んでいるのですから、それを打破しようと行動するのは、実は自然の摂理に適っているのです。

一方で会社を辞める気のない人は、相変わらず浪費を続け、投資をしようとしません。この差は何百万円、何千万円という差を生むことになるでしょう。

【関連記事】僕がお金を貯めるモチベーションを維持できた4つの理由

■副業に本気になる

0I9A853115070150spk-thumb-1000xauto-18952

会社を辞めたいという強い思いがあれば、お金を貯めると同時に、副業に本気になることができます。だって、副業の収入が支出を超えれば、理論的には会社を辞めることができますから。

自分がブログをこうして持続できた原因は、将来作家として成功したいのともう1つ、早く会社を辞めたいという思いがありました。

とはいっても、1000~3000文字の記事を毎月50~70記事書く程度ですが、早期退職したいという思いが動機になっているのは間違いありません。

【関連記事】副業したいけどどうすれば良いかわからないならwordpressでブログを始めよう

早期退職しても、次のビジネス(執筆業)に発展させたいと思っているので、たぶんブログに対するモチベーションはそんなに下がらないと思いますが。

会社を辞めて自由になって自分の好きなことだけで食べていきたいと思えば思うほど、つまり会社が嫌いになればなるほど、副業に情熱を燃やすことができるようになります。

それもそうです。会社が大嫌いになったのですから、今度は好きなことで食べていけるように考えます。そしてそれが見つかったら本気で取り組むのは、やはり自然の摂理なのです。

■自己投資するようになる

photo-1445384763658-0400939829cd

お金は、貯金して投資するだけではなく、お金の使い方も重要になってきます。会社を辞めたいと思っている人は、ここもしっかり意識するようになります。

聞いたことある人も多いと思いますが、お金の使い方は大きく分けて、自己投資、浪費、消費です。当然、月々10万円支出があるにしても、自己投資の割合が多ければ多いほど良いのです。

会社を辞めたいと思う人は、副業などのスキルアップに自己投資するようになりますし、能力開発するようにもなります。そして、そこで出会った人たちは、会社の人間関係とは比べ物にならないほど、貴重な仲間になり得るのです。

先に書いたように、浪費を徹底して嫌うようになりますから、自己投資に対する割合を増やすことができます。そして、会社以外でどんどん自分を成長させることができるのです。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です