なぜ僕は職場の人のアドバイスを聞かないのか?邪魔な考えを排除して夢を叶える

シェアはこちら

PAK85_otonashikushiyagaredon20140830184335_TP_V

基本的に僕は自分の職場の人のアドバイスは極力聞かないようにしています。

こういうと、仕事での上司の助言や指摘を全然聞かないのか、と言われれば決してそんなことはないです。むしろ、そういうアドバイスは貪欲に聞いた方が良いと思っています。年齢を重ねれるほど聞きづらくもなるし。

僕がここで言いたいのは、職場の人のプライベートの部分、普段の生き方、在り方に関する部分です。この辺については、職場の人のアドバイスは全然参考にならないと思っているので、基本的には聞かないようにしています。

どうして、自分がそのように考えるのか、思うところを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

■会社を辞めようという発想がない

僕が職場の人の生き方とかが全然参考にならないと考える理由は、幸か不幸か離職率の低い業界にいるのが一因ではないかと思っています。

離職率が低いとは、一見すると聞こえは良いですが、言い換えれば会社を辞めようという意志のない人の集まりということです。

※関連記事:離職率の低い定年まで働ける会社に勤めるのは本当に幸せなの?

こういう人ばかりが集まっている集団、コミュニティは、将来独立して一流の一匹狼を目指している人には、とにかく苦痛で生きづらいです。そして、会話をしていても全然参考にならないような話ばかりだったりします。

高校か大学を出て、就職せずにいきなりフリーランスでやっていく人はかなり少数派だと思うので、このようなジレンマを抱いている人は非常に多いのではないかと思います。

将来独立を目指すのであれば、就職活動で離職率の高い低いは、あまり参考になる数値ではなさそうです。

会社を辞めようという意志のない人とばかり付き合っていると、どういう恐ろしいことが起きるのか、以下に書いてあることをご覧いただくとわかるのではないかと思います。

■お金に無頓着になる

自分なんかは、早期退職して独立したいというモチベーションが高くて今まで生きてきたようなところもあるので、お金についても、それなりにシビアに生きてきました。

お金についてシビアとは、浪費を徹底的に削減し、貯蓄の一部を金融商品への投資に充て、出費の大半を自己投資に充てるということですが、一応これを意識してきました。

これは月々の貯蓄額や自己投資額を予め定めておくという、基本的な蓄財方法で実践できることなのですが、会社を辞めようという意志のない人の大半は、こういうことすら意識をしない。

お金の使い方が極めてめちゃくちゃだったりします。職場の人を見ていて、そう感じる人も多いのではないかと思います。

職場の人のお金の使い道は、どんな感じでしょうか?パチンコなどのギャンブルや無駄な飲み会、無駄なモノを買ったり、車にお金を注ぎ込んだりしている人が大半で、セミナーや読書にお金や時間を注ぐ人はかなり少ないのではないでしょうか?

それに加えて、住宅ローンの支払いや無駄な生命保険料の支払い等に追われて、月々の貯金額がほとんど作れないという、目も当てられないような状態になっている人も少なくないです。当然こういう人と話していて、お金に対する考えを語り合うことは不可能です。

※関連記事:サラリーマンは年収1000万でも破産の運命?30代既婚者のライフプランの立て方

■自分の強みを考えない

会社を辞めようという意志のない人の大半は、自分の資質、能力を会社の仕事という枠の中でしか考えないのです。

つまり、牢獄の中に入れられて、その中でできるわずかなこと、そこで達成できて手に入れられることにばかり目が言ってしまい、いわゆる狭い牢獄の中で動き回ることしかできなくなります。

ようは視野が狭くなってしまいます。視野が狭いとは、本当に資質、能力を把握することなく、我慢して人生を送ってしまうことです。

なので、会社を辞めようという意志のない人は、副業して別の収入源を作ってみようという考えをほとんど持っていません。

言うまでもなく、これは非常に危険なことです。人間関係がこじれて職場に行けなくなったら、それで終わりですから。

本当に自分の好きなこととか、向いていることとか、誰に何ができるかを追求していくと、会社の枠に収まりきれないことも出てきます。

むしろ、閉鎖的な会社組織の中で自分の資質、能力を100%発揮できる人がいたら、その人は非常に幸せです。でも、そうじゃない人が多いから、多くの人は閉鎖的な組織社会で生きづらさを感じているのです。

会社員をやりながら副業をしている人は、副業していて全然ストレスを感じない人も多いのではないでしょうか?これは、副業で自分の向いていることを思いっきりしているからです。

※関連記事:あんまり頑張ると疲れるし精神崩壊するよ|そろそろ心を整理しよう

■まとめ

【関連記事】こんなはずじゃなかった|生き地獄な人生にはまる5つのポイント

自分が職場の人のアドバイスを聞かないようにしているのは、このように、自分が求めている情報が全然ないことです。

貯金もしなければ投資もせず、自己投資もせず副業もしない。その先に待っているのは、言うまでもなく生き地獄になります。

違う価値観を認め合うのも大事ですが、自分にとって明らかにマイナスとなるような考えや人間関係は排除して、他人のアドバイスを取捨選択してブレない自分を形成していけるようにしていきたいところです。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です