メールで大容量のファイルを添付する時に便利な無料サービスはこれだ!!

シェアはこちら

動画や大量の写真、分量の多いPDFのファイル……。容量が大きすぎてメールで送れない、もしくは容量が大きすぎて相手方に気を使ってしまう(T_T)

プライベートの場ではそんなに多くないかもしれませんが、個人事業主の方や副業している人にとっては、結構容量の多いファイルをやり取りする機会が多いので、意外と身近な問題です。

ここでは、大容量のファイルを問題なく、楽に送れる無料サービスについて紹介したいと思います。とはいっても自分が使っている範囲なので、あまり多くは知らないですが、今のところクラウドサービスならDropbox、無料ファイル転送サービスであれば宅ふぁいる便で問題ないと思います^^

スポンサーリンク

〇Dropbox


今のところ、このブログのデータのバックアップするためにしか使っていないDropboxですが、(ちなみにWordPress Backup to Dropboxというプラグインを使っています。Wordpressのプラグインについての詳細はこの記事を参照してください)

もともとファイルを共有するためのツールなので、これを使わない手はないと思います。2GBまで無料で使えるし、操作も、「Dropboxフォルダ」を開いて、そこに共有したいファイルを格納して、ファイルを提出したい人を招待して終わりです。URLを送っておけばDropboxに登録していない人でも閲覧できるのが便利ですね。

現状、これから話す宅ふぁいる便のような無料ファイル転送サービスしか使っていませんが、これからDropboxを使う機会も増えていくと思います。

他にはGoogleドライブ、oneDriveなども聞きますが、個人的に既に使っているツール以上に手を広げたくない心理が働いているからDropboxを使おうとしている感じです。既にGoogleドライブを使っている方であれば、それで問題ないと思います。

〇宅ふぁいる便


宅ふぁいる便

これもGigaFile便とかデータ便など、有名なサービスはいくつか使っていますが、自分は宅ふぁいる便を使っています。

というのも、以前に本を書いた際、当時出版社の編集者が使っていたのが宅ふぁいる便だったんですね。その名残があって、今でも宅ふぁいる便を使っています。

出版後もメディアの取材等があったりして、圧縮していない写真のデータを送る必要が出てきたりすることもお多いので、今でもちょくちょく使っています。

無料で登録もしなければ50MB、無料登録であれば300MBまで使用可能ですが、PDFや写真のデータであれば全然問題ないレベルです。もちろん、ふぁいる送付の際はちゃんとメッセージも送ることができます。

保存期間は3日間ですが、個人的には十分な期間と思っています。気になるようでしたら、

相手方がファイルを開いたかどうかメールの自動送信で確認できる機能があります。また、48時間ファイルが開かれていなければ、「まだファイルが開かれていません」と通知してくれます。

一気に送れる人数が3人までですが、これは人によっては不便に感じるところかもしれません。その場合はDropboxのようなクラウドサービスを使うことになるのかなあ。

こんな感じで、大容量のファイルを添付する際に便利なツールを紹介してみましたが、もしかしたら今後も別なツールを使う機会があるかもしれません。もしそういうことになれば、また別途シェアしていきたいと思います(^^)

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です