ソウルナンバーの出し方と意味|あなたが本当に求めていること

シェアはこちら

ソウルナンバー2

今回の数秘術の話はソウルナンバーです。これはあなたが本当に求めているものを示す数字です。魂の欲望とか言われているみたいです。スピリチュアルっぽい言い方をすると、潜在意識からの声という意味でしょうか。

一般的に言えば、人生の理念やビジョンのもとになるもの、つまり強い願望ということでしょうか。たしかに興味があります。早速見てみようと思います。

スポンサーリンク

■出し方

パーソナリティナンバーと同様、名前をアルファベット表記にして、数字に変換しますが、ソウルナンバーでは子音ではなく、母音を足していきます。

(1)名前をアルファベットで表記します。

例:山田太郎→TARO YAMADA

(2)アルファベット全部を下記の表に従って数字に変換します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
A B C D E F G H I
J K L M N O P Q R
S T U V W X Y Z

TARO YAMADAであれば、2 1 9 6 7 1 4 1 4 1

(3)変換して出てきた数字のうち、母音の部分だけ足します。(パーソナリティナンバーでは、子音を足します)

TARO YAMADAであれば、A、O、A、A、Aになります

∴1+6+1+1+1=10

(4)さらに一桁になるまで足します。

1+0=1

∴山田太郎さんのソウルナンバーは1になります。

■意味

「あなたの本当に求めているものが何なのか」ということらしいです。もしピンとくれば考えてみても良いかもしれませんが、ピンと来なければスルーで良いような気がします。

1

リーダーシップを発揮して、プロジェクトを切り開いていきたい。会社でプロジェクトの中心になったり管理職として威力を発揮するか。組織の枠に飛び出して独立したり会社を興す人も多いかもしれません。転職する人も多そうです。

2

良好な人間関係を重視します。働きやすい職場にしようと心がけられる、優しいタイプです。聞き上手で相手を受容することができますが、人間関係の悪い環境に入ると苦しみそうです。

3

仕事を遊びのように楽しみたいタイプで、明朗で楽観主義です。人に生きる喜びを与えることを望んでいるので、営業やコンサル向きではないかと思われます。でも、職場の雰囲気を良くするタイプだと思うので、どこでもやっていけそうな気がします。

4

安定志向ですが、物欲が強い傾向にあるようです。固定概念に囚われて、高い家を買ってしまったり、必要以上にお金を使ってしまうことのないよう、注意が必要かもしれません。

5

刺激を求め、常に自由と変化を求めています。体験を通して真理をつかみたいみたいです。ちなみに自分がこれでした。たしかに刺激を求めているし、自由を求めています。このブログを書いているのも、経済的自由の基盤を作りたいからです。

6

人の役に立ちたい。大切な人、物を守りたい。愛が理念として生きているタイプです。このような人と多く関わるようにすると自分自身も成長できるような気がします。

7

探究したい。一人の時間(静寂)を充実させたい。作家、芸術家、研究者の他、医者や弁護士など、専門性の高い職種がこのタイプかもしれません。自分、このタイプにも近いような。ちなみに、母音と子音全部足すと7になります。

8

強さを求め、目標のためなら忍耐できる。大人の態度を見せたがる。他人から認められたい。目標に向かって真剣に邁進することはできますが、承認欲求が強すぎて人間関係を破壊しないように気をつけたいところです。6の人と接するようにすると劇的に成長しそう。

9

全ての人の内面を理解したい。色々な立場の人の辛さ、喜びに共感したい。カウンセラーや教員など、先生と呼ばれる仕事で威力を発揮しそう。意外と芸術家にも向いているようです。

〇関連記事

【関連記事】人生のミッションを表すディスティニーナンバーとは?出し方と意味

ディスティニーナンバーについても、記事にしていますので、興味のある方はぜひご覧ください♪

【関連記事】人の第一印象を表すパーソナリティナンバー意味と導き方を解説

こちらはパーソナリティーナンバーに関する記事です♫

【関連記事】スピリチュアルな意味を持つ数字に関する占いの記事まとめ

数字に関する占い記事をまとめてみました。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です