人の第一印象を表すパーソナリティナンバー意味と導き方を解説

シェアはこちら

パーソナリティナンバー

マスターナンバーとか、ディスティニーナンバーとか、なぜか数秘術の記事を書いているこのブログ。

誰かがfacebookで呟いていたのを見て興味を持ってしまったんですが、今回はパーソナリティナンバーの意味について書いてみたいと思います。

パーソナリティナンバーとは、人の第一印象を表す数字です。周りの人が自分をどう見ているか。それを表す数字です。たしかに気になる。

スポンサーリンク

この記事の内容

■導き方

パーソナリティナンバー、そして別記事で書くソウルナンバーの数字の出し方は少しややこしいかもしれません。

(1)名前をアルファベットで表記します。

例:山田太郎→TARO YAMADA

(2)アルファベット全部を下記の表に従って数字に変換します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
A B C D E F G H I
J K L M N O P Q R
S T U V W X Y Z

TARO YAMADAであれば、2 1 9 6 7 1 4 1 4 1

(3)変換して出てきた数字のうち、子音の部分だけ足します。

TARO YAMADAであれば、T、R、Y、M、Dになります

∴2+9+7+4+4=26

(4)さらに一桁になるまで足します。

2+6=8

∴山田太郎さんのパーソナリティナンバーは8になります。

■意味

1

決断力と行動力があるように見られる。前向きで率直、勇敢。自慢げな態度、大風呂敷を広げる言動があるように見られることも。ぐいぐい人を引っ張るんですが、あまりぐいぐい引っ張りすぎると、気付いたら人が離れてしまうかもしれませんね。

2

優しく穏やかな人。控えめな印象があるが聞き上手。ちなみに自分がこれでした。うーん、そうかなあ。穏やかな印象は持たれたことあるけど、むしろ7が近い気がするんだが……。ちなみに、母音と子音を全部足すと7になります。

3

お茶目、明るくて楽しい。表現力豊かだが飽きっぽい。営業とかコンサルタントとか、人と接する仕事に向いているかもしれませんね。

4

落ち着いている。まじめ、誠実。クールな印象。テンパったような仕草はほとんど見せないような感じです。こういう人がテンパるということは、相当やばい事態が発生しているということかもしれませんね。

5

行動がスピーディーで臨機応変な人という印象。なので仕事中の印象は良いように見えるかもしれませんが、一方でいい加減、適当という印象もあるようです。

6

愛に溢れ思慮深い人という印象。気が効いている人という印象です。愛に溢れているから、きっと人に好かれやすいでしょうね。人間関係に案外困らないかも。

7

独特な存在感で、神秘的なオーラがある。あまり見たことないタイプとか言われそう。ただ、人を寄せ付けない孤高な印象も持たれているようです。

8

いつも一生懸命で、仕事をバリバリやる人という印象があるいたいです。肝が据わっていて、どっしりとしているという印象も。強さを維持したい気持ちが強いのかもしれないですが、結構このタイプって、崩れると大変なような気がします。

9

一貫した印象がなく、時と場合によって印象が異なる。変幻自在。大らかそうに見えて、実は繊細な一面も。大らかそうで、実は繊細な人は結構いるような気がします。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です