【個性心理学】ペガサスに言って良い言葉とだめな言葉

シェアはこちら

ペガサス1

この解放デビューというブログの管理人の自分が、個性心理学で言うと強靭な翼を持つペガサスであることは、他の記事で書いています。

参考記事:【個性心理学】強靭な翼を持つペガサスはどんな性格なのか?

一番レアなタイプなんてことが言われたりしますが、結構自分の周囲には多いです。職場には少ないけど、職場以外で関わっている人は、かなりこのタイプが多い。

正直そんなにレアなタイプではないような気がしますが、結構個性的と見られる性格の持ち主ではあるような気がします。

今回は自分のような強靭な翼を持つペガサスのような人との接し方について書いてみたいと思います。上の参考記事と照らし合わせながら読んでみてください。

スポンサーリンク

〇言って良い言葉

■好きなことしている時が一番良い顔している

波風を立てることを嫌う一方で理想を追い求めるのが強靭な翼を持つペガサスの特徴です。

かなり物事の好き嫌い、得意と苦手がはっきりしているタイプのような感じがするので、自分の好きなことを追求しようとします。

仕事でも理想を追い求めるので、企業社会から飛び出してしまう人も多いかもしれません。

こういう人が言ってもらえて嬉しい言葉となると、やはり「最近好きな仕事でもしてるの?輝いてるね」みたいな言われ方ではないでしょうか?

しかし、的外れで、全然好きな仕事してなくて、内心鬱屈した気持ちを抱えている場合は逆効果でしょうね。

■顔が広いよね

喜ばれるかどうか別にして、実際このタイプは顔が広いことが多いです。自分もこのように言われることが多いです。

知らない人と接することに抵抗があまりないですが、敢えて顔を広げようとして広げているのではなく、自然と広がっていく。それがペガサスの特徴のような気がします。

顔が広いと言われて、気を悪くするような人はほとんどいないでしょう。

■自由な発想が良いね、任せた

このタイプの特徴は、とにかく束縛が苦手です。「こうしなければいけない」と決められるのが苦手。組織的な仕事を嫌い、一人で作業の多い仕事を好みます(自分がこのタイプです)。

社内でもそういう仕事に誘導したり、自由度の高い発想が許される環境で、1人で仕事を任せてみると、かなり大喜びして仕事に励むタイプのような気がします。

〇言ってはだめな言葉

■これから何するの?

強靭な翼を持つペガサスは自由の欲求の強い、束縛の嫌いなタイプです。

強要、命令だけでなく、詮索、念押しみたいなのも嫌がります。

「これから何するの?」と聞かれれば、「なんでそんなこと答えなきゃないの?」とイラっとしてしまうタイプです。

あまり内面を詮索せず、プライベートな部分まで干渉すると、このタイプを怒らせてしまうような気がします。

■フラフラしている

自由を尊重するペガサスですから、こういう自由を否定されるような表現は我慢ならないと思います。

このタイプの人に、そういう説教してもかなりシラケさせてしまうか、キレられてしまうと思います。

自由を否定する、自由を奪おうとする言葉はほとんど全部タブーと思って良いと思います。

■何考えているかわからない

個性的なペガサスは、一見そういうふうに見えるところがありますが、やはりそれを否定されるのは嫌がります。

KY線B型の自分は、よく言われるフレーズですが、あまり気分の良いものではありません。

考えを否定したり、他人の考えを強要したり、理解を示さないような態度はこのタイプを不快にさせます。

かなり好き嫌いの激しいタイプなので、自分に理解を示さないようなタイプからは積極的に距離を置いてしまいます。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です