なぜか仲良くなりたいと思わせる人の5つの特徴|なぜそんなオーラがあるのか?

シェアはこちら

imari20160806343807_tp_v

なぜか仲良くなりたいと思わせてくれる人がいます。しかも、付き合いが長くなれば長くなるほど、というわけではなくて、初対面でそう思わせてくれる人がいます。今回は、そういう人の特徴について書いていきたいと思います。

笑顔が多い?空気が読める?優しい?うーん、近いですが、ちょっと違うかもしれません。

スポンサーリンク

■何かを乗り越えてきた人

初対面で、「この人は何か辛いこととか、大変だったことを乗り越えてきたようなオーラがある」と感じる人はいないでしょうか?

え、いない?であれば、付き合う人を変える必要があるかもしれません。大変だった過去がブレない軸を作り出し、今の自分を作っているような人は確実に存在すると思います。

成功願望の強い人は、だいたいそういうオーラを持っています。また、現在進行形で「いまの状況を脱しようともがいている」感じの人も、実は魅力的な要素を持っています。

逆にそういうオーラを感じない人は、だいたい魅力がないのではないでしょうか?成功願望のない人と付き合いたいですか?これは人間関係を判断する重要な要素だと思います。

【関連記事】辛いことを乗り越えてきた人が放つオーラには4つの特徴がある

■傾聴力がある

トークがうまい人と仲良くなりたいかというと、たぶんそんなことはないのではないでしょうか。どちらかというと、聞き上手の人と仲良くなりたいのではないかと思います。

ただ聞き流す人はそんなに好かれないと思いますが、本当に興味を持って、相手の目を見て、時々頷きながら共感していくと良いと思います。

なかなかできることではないですが、少しずつ意識していくようにすることになると思います。しかし、どんなに相手のことを聞き入れようとしても、それができないことがあります。

それは相手のことに興味がない、むしろ嫌い、という場合だと思います。そういう人はきれいに切り捨てても良いかと思います。

【関連記事】人間関係を良くする7つの習慣&悪くする7つの習慣

■何でも言えそうな雰囲気がある

TSU856_kawamuraageru_TP_V

傾聴力より高度かもしれませんが、相手を受容してくれる人には、だいたい人は好感を持ってくれます。他者を承認できる力と言っても良いかもしれませんが、ようは、何でも言えそうな話しやすい雰囲気があるかどうかです。

逆の人は、どこか近寄りがたい、なんか否定で返してきそうな人です。逆の例を出すとわかりやすいのではないでしょうか?

「なんか何でも話しやすい」「この人なら自分の話を聞いてくれる」つまり、自己開示しやすいんです。普段なかなか人に言えないようなことを、「この人になら話せる」と感じるんです。そういう人は確実に魅力があります。

こういう人が多いコミュニティに多く顔を出すことで、自分の辛いこととかを抜け出すきっかけを作れるかもしれません。

【関連記事】過労死する前に逃げる|悩みを吐き出せる安心安全な場が必要

■なぜか楽しそう

「なんでこんなに楽しそうなんだろう……」そう思わせてくれる人は、やはり仲良くしたいですね。

ただ、無理に楽しそうに振舞っている偽ポジティブな人もいると思います。これは見ていて辛いです。ただ、こういう人は自分を変えようとしている人もいるので、無下にはできません。お互い高め合う関係になれる可能性があるからです。

どこか楽しそうに振舞っている人を、基本的に見逃してはいけません。人生を変える大きなきっかけになるかもしれません。

自然と「なんか楽しそうだね」と言われるような人を目指していきたいですね。

■自己開示力がある

これは前述した「なんか言いやすい雰囲気を持っている」に近いところがあります。というのも、どこか話やすい人って、同時に自己開示している人が多いんです。

【関連記事】自己開示と愚痴を勘違いして言いたいことを我慢していませんか?

本当に辛かった過去の出来事を自己開示することで、人は勇気をもらえます。共感します。そういう人に対して、「あー、こういうことも言っていいんだ」と思うようになります。

結果的に、「なんか話やすい人」ということになります。人から仲良くなりたければ、多くの仲間に囲まれたいなら、自己開示力を高めると良いと思います。

なかなか過去の出来事を振り返ることは簡単ではありません。どういう過去がいまの自分を作っているか、意外とわかっていないものです。だから、いろいろ人と会って話してみることが必要です。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です