会社で嫌いな人ばかりだったら心がける4つのこと|そのまま突っ走ろう

シェアはこちら

tsuruno29_TP_V

仕事が嫌いになっていないでしょうか?会社で嫌いな人ばかりでないでしょうか?朝起きると憂鬱になるけど会社に行って、仲間という感じのしない人と毎日顔を合わせて、嫌いな仕事しながら夕方まで会社にいる。

こんな毎日を何年も繰り返していたら、辛くてどうしようもなくなるに決まっています。その場合、我慢を続けていくと精神的な限界がやってくるので、誰かに危害を加えたりすることになると思います。

しかし、嫌いという感情はどうしようもありません。会社は閉鎖的なところですから、嫌いな人ばかりになることは珍しくありません。

みんな世の中の常識とか、そういうものに洗脳されて画一的になっているので、だいたいは全員を好きになるか、全員を嫌いになるかのどちらかになると思います。

この場合、どうしたらいいか、思うところを考えてみました。嫌いな人ばかりだったら、一刻も早く関係を断つのが一番ですが、なかなかそうはいかないのが厄介なところです。

スポンサーリンク

■割り切って考えよう

会社で嫌いな人ばかりになったら、無理に好きになろうとしないことです。「相手の好きなところを1つ見つけよう」「1日に誰か1人に1回は感謝しよう」とか、よく言われますが、そんな心理状態になれないこともあります。(もちろんそういう状態になれれば理想です)

こういう場合は、もう割り切って考えるしかありません。激しく会社を嫌う自分を受容することです。無理に相手と仲良くする必要はありません。笑顔を見せる必要もありません。

【関連記事】【これから愛想笑いをやめる】面白くないのに笑うのは心が疲れる

ただ単に、淡々と目の前のことを無機質にやっていればいいと思います。ただ目の前の仕事を、機械的に処理していく。今の状態を受け入れる。嫌いな人は嫌いなまま。

何も頑固に無愛想を貫けばいいわけではありません。笑いたい時には笑えばいいし、共感したい時は共感すればいい。謝りたい時は謝ればいい。でも、自分の本心と違うことしてはいけないのです。

■距離を遠ざけよう

嫌いな人ばかりなんですから、毎日顔を合わせるのも苦痛なはずです。この場合はどうするか。自分から歩み寄るなんて良い子ぶるようなことはせずに、距離を遠ざけるのです。

いちいち話に合わせる必要もなければ、飲み会に誘われても断る。嫌いな人なのですから、極力顔を見ないようにすることです。関わっているだけ時間と精神を浪費します。

実際に会社の組織から抜け出そうとしない人は、付き合いを絶ったほうがいい可能性が高いです。ドリームキラーとなる可能性が高いのです。なので、距離を遠ざけても後ろめたさを感じることはありません。

【関連記事】こんな奴とは縁を切る!!人間関係を切り捨てろ!!ドリームキラーの傾向6選

何も無理して拒絶する必要もないですが、時間の無駄と感じるのであれば、なるべく距離を遠ざけるのが一番です。

■現実逃避しよう

YUKA160322230I9A4320_TP_V

会社で嫌いな人ばかりになっているということは、何か大きな変化が必要な時です。会社を辞めるか、それとも何か考えが変わって会社の残るか。

どちらにしても良い未来を描けることが必要ですが、このためには、案外現実逃避すると良いと思います。

ここで言う現実逃避とは、今この状態を嘆いて切り捨てるということではありません。目の前のことを先延ばしするということでもありません。

この嫌々な状態をモチベーションとして、大きな夢を描くのです。大きな「嫌い!」の反発で、大きな「好き!」にたどりつけたりするのです。

嫌いの感情に対して、どう思考するかどうかが、人生を大きく変えます。嫌いという感情には敏感になった方がいいのです。

【関連記事】会社を辞めたいという強い思いがモチベーションになって最良の行動を促す

会社から逃げてはいけないのはなく、自分の本当の夢から逃げてはいけないのです。嫌いというエネルギーを、本当の自分の願望にぶつけるのは大事だと思います。そのために、現実逃避は大事なのです。

【関連記事】現実逃避はとてもいいことだ|どんどん逃げて夢を追いかけよう

■お金を貯めよう

会社で嫌いな人ばかりという極端な状態に陥ったということは、既に会社を辞めたくなっているはずです。会社を辞めるにはどうしたらいいか?

何といってもお金を貯めるのが超重要です。貯蓄がほとんどない人は、いま仕事を辞めても何年か大丈夫な状態にはしておきたいところです。

会社を辞めるのは、ただでさえ恐怖を伴います。実際に貯蓄なしで会社を辞めるのは無謀でしょう。会社から全力で逃げるのは素晴らしいことですが、独立してから軌道に乗るまで何年もかかるかもしれません。

副業して実績を作るのは言うまでもないですが、同時並行で積立投資等を利用して、毎月いくらかは貯金するようにしましょう。毎月一定額貯金できるのは、会社員のメリットです。どんなに嫌いな会社でもメリットだけは利用していきましょう。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です