職場で仲良くなりたいから群れるのは本当に無駄だと思う4つの理由

シェアはこちら

PAK86_thesyachiku20140407074103-thumb-1000xauto-18233

高校や大学を卒業して、会社に入社したとき、もしくは転勤とか転職で新しい職場に配属されたとき、多くの人は「早く馴染もう」「みんなと仲良くなりたい」と考えると思います。

それはそれで大事だと思いますが、だからといって、自分の本心を押し殺してまで周囲に馴染もうとか、本当の自分とは違うキャラなんだけど、違うキャラを演じてみたり、とりあえずみんなの行動に併せておこうみたいなことになってしまうケースもあると思います。

何を隠そう、自分の20代がまさにそんな感じでした。大学の研究室で研究や人間関係に馴染むことができず、苦い思いをした自分は、「就職してからは絶対に二度と同じ経験しないぞ!!」と変に肩に力が入ってしまい、とにかく周囲と仲良くなろうとしていました。

それが願望なのはとても良いことですが、その願望があまりに強かったのか、無理に相手に合わそうとしたり、自分の本心を押し殺してしまいました。

たしかに会社の同僚でも親友とか恩師とかいう関係まではなかなか至らないでしょうから、自分の全部をさらけ出すことは厳しいでしょう。

でも、自分の場合、振り返るとあまりにも自分を押し殺してきたような気がします。周りに誘われるがままにほいほい付いていったり、なるべく同じ考えを持つようにしようとか。

でも、それって、今考えるととても無駄なことだったなあと思います。今回は、その点について、思うところを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

■疲れる

20代の僕のように、無理して職場の人と群れようとすると、いずれ疲れてきてしまいます。

自分を押し殺してまで作った人間関係なんて、見せかけの繋がりでしかありません。見せかけの人間関係なんて、絶対に疲れます。

一時期は、それで楽しいこともあるかもしれませんが、いずれ破綻を迎えます。人間、そんな簡単に嘘を付くことができない人物なんですよ。

仲良くなるというよりは、合わせてるだけ。最初は様子見する必要があるので、それでも良いかもしれませんが、僕の場合、それをずっと続けてしまっていました。正直、あまりにもしんどかったです。

もっと自由になりたかった。もっと束縛のない人生を生きたい。いつの間にかそんなことばかり考えるようになりました。

我慢はいずれ心が壊れてしまいます。ロクなことがありません。

■自意識過剰になる

無理して周りと群れようとするのは、一種の自意識過剰だったな、と今振り返ると思います。

「ああ思われたらどうしよう」

「こんな発言したら、みんなから浮く」

「飲み会やイベントに断っていたら変な奴だと思われる」

そんなことをずっと考えていたような気がします。でも、ちょっとみんなと違う発言をしてみたり、付き合いが悪いなあ、と思われるようなことしても、意外と誰も何とも思わないんですよね。

そういう思いに悩むことじたいが無駄なことに気付くのに、だいぶ年月を要してしまいました。

■欲しい情報が手に入らない

そもそも、企業に勤めている人の多くは、早く会社を辞めてリタイアしようとか、独立しようという考えを持っている人は少ないです。

そういう人と群れていても、本当に欲しい情報は手に入りません。それどころか、自分と向き合うことも不可能でしょう。

僕が本当に会社の人と群れても無駄だなと思うところはこの部分です。決して早期退職に興味のない人を排除しようとするわけではありません。

でも、そういう人と一緒にいる時間が長ければ長いほど、チャンスを手にする機会を逃しやすいと思います。

なので、無理して一緒にいるくらいなら、会社以外のコミュニティと繋がった方がよっぽど有効です。会社だけの人間関係では、どんどん視野が狭くなります

【参考記事】会社以外のコミュニティを持つことが大切と言われる4つの理由

■お金について真剣に考えなくなる

皆さんの職場の中で、お金のことを真剣に考えている人がどれくらいいるでしょうか?そして、お金の話ができる人はどれくらいいるでしょうか?

おそらくほとんどいないのではないかと思います。

その代わり、浪費癖が激しい人なら、かなり多いと思います。

勢いで家を買ってみたり、車に無駄にお金かけてみたり、毎日のように飲み歩いてばかりだったり、土日はずっとパチンコしていたり。

ましてや、副業していたり、投資している人はほとんどいないでしょう。そういう人と群れても、お金と真剣に向き合うことなんてできないですよね。

なので、仲良くなりたいという理由で群れていても、経済的にも全然メリットがないのです。

■関連記事

【関連記事】なぜ群れない人は成功すると言われるのか?一匹狼はチャンスかも?

「友だちはつくるな」という刺激的なタイトルの本の書評です。見開き2ページで1項目というタイプの、読みやすい本です。

共感できた部分についてまとめてみました。良かったら、併せてご覧ください。

群れるのは、精神的に苦痛なだけではなく、成功からも遠ざかってしまうみたいです。

群れる人間にだけはならないようにしたいところです。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です