良かれと思ってやったのに逆に迷惑がられてしまったこと4つ

シェアはこちら

良かれと思って迷惑

ありがた迷惑という言葉があります。良かれと思ってやったのに、逆に迷惑がられる。これはショックだと思います。

きっと相手に喜んでもらえる。そう思ってやったのに、なぜか微妙な顔されてしまう。今回は、そんなエピソードについて、いろいろ書いてみたいと思います。

まあ、受け取る側の気持ち次第、というのもありますが。

スポンサーリンク

■ダイエット中に食べ物をあげる

これは結構経験ある人多いのではないでしょうか?

ダイエット中、しかもちょうど食事制限しようとしている時に美味しそうなお土産もらったり、食べ物を振るわれたり。

しかもかなりの量で、断ったら申し訳ないので、つい目の前にある分だけ食べてしまう。時には食べきれないくらいの量だけど、喜んで振舞ってくれたから、少し無理してでも食べてしまう。

もちろんお土産もらったり、手料理をご馳走になることは嬉しいのですが、ダイエット中はきついかなあ、という気がします。

自分だったら、「今日だけは解禁(*´∀`*)」(←弱いwww)と言って食べてしまいますが、ちょっと微妙な気分になります。

まあ、このパターンは多いですが、露骨に迷惑がられるようなことはあまりないかもしれませんね。嬉しい気持ちが先行して。

■自分の知っている知識をひけらかす

アドバイスするつもりで、自分の持っている知識をひけらかして迷惑がられることは多いと思います。

例えばお金に詳しい人が、「財形じゃ増えないよ、投資した方がいいよ」「お前がその保険入っていても無駄だよ」と言っても、そもそもお金にそんなに興味のない人にとっては迷惑になる場合があります。

相手の求めていないことに対して、ひたすら知識をひけらかしても「何だこいつ」と思われるだけです。自分もそういう思いをしたことがありますがwww

少なくとも、相手の行為を否定するような言い方をしてしまうと、反発を招いてしまうことになります。

特にお金の話は案外聞き入れてもらえないことが多く、良かれと思ってもウザがられてしまうこと多いです。(日本人はお金の話したがらないのは、案外本当かも)

また、セミナーや勉強会等で学んだ知識をそのまま職場でシェアしようとすると引かれたりウザがられることあります。

こういうのは説明するより行動で示すのが一番かもしれません。

■落ち込んでいる時に「元気だね」と言われる

職場でランチとか食べようとしている時、1人で食べている人の近くにいって、話しかける。

これ、たまに迷惑そうな顔されることないですか(ごく稀かもしれませんが)?人間、たまには1人でいたいこととかあるんですよね。

落ち込んでいるとき、元気のないとき、部屋にこもって考え事をしたいとき、1人になりたいことありますよね。そういう時に飲み会とか誘われて、「パーっと楽しもうよ~」と言っても、内心は嫌な顔すると思います。

似たような話で、落ち込んでいる時に、「おー、元気そうだね」なんて言われることありますが、これでイラっとしたことが何回かあります。

でも、逆にそんなに凹んでいない時に「元気ないね」と言われることもあります。そういう時は不思議とイラっとしないものです。「あれ?なんでそういうふうに見られたんだろ。疲れてるのかな」ぐらいには思いますが。

■飯に誘われてもう1人連れてくる

飲みとかに誘われて、断りもなしに、せっかくだからと思い他の人も連れてくるというパターン。例えば、

「今日はお前に話があったんだ」

という主旨なのに、他の人も連れてきて微妙な顔されることもあります。昔似たようなことやってしまったことあります。

そういう時は、一言「他に誰か誘います?」とか言えば良いのかなと思います。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です