人が自己中になる原因はたった1つ|心に余裕がないから

シェアはこちら

takebe160224140i9a0405_tp_v

これまで何回か「自己中」と言われたことがあります。自由の欲求が高くて、人と一緒になって何かをやるよりは、1人で黙々と何かするのが好きだし、好き嫌いが激しいし、そんなに気が利く方でもないのでそのように思われるのかもしれません。

このようなことを言われると「何言ってんだこいつ?」と思うようなこともありますが、逆に「自己中」と言われてしまう原因が自分にあるのではないかと思うこともあります。

そんな自分が、今回自己中になってしまう原因について、思うところを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

■心に余裕ありますか?

自分が「自己中」「自分のことしか考えてない」と言われる原因について、思い当たる節はたった1つしかありません。

他人に自己中と見られているときは、決まって自分の心に余裕がない時なんです。自分のことに精一杯で他人に目を向ける気力も時間もない。だから他人に興味なんて持てない。

クレクレ星人とか、見返りだけを求めて自分は何も人に与えようとしない人を見てもだいたい想像が付く気がします。彼ら、全然自分に余裕がない感じがしませんか?お金に困っているオーラが半端なく伝わってくる人もいますよね。

自己中とかクレクレ星人とか、見ていてとてもイタい感じがしますが、実は本人が全然自分に余裕がないんです。自分に余裕がないから、他人から見たら信じられないくらい自己中に見えるような行動をしてしまう。

で、さらにどんどん人を遠ざけてしまうので、どうしようもなくなる悪循環に陥ってしまうのです。

自分も過去を振り返ると、そのような人生を長く送ってきたような気もします。それで誰かを悲しませたようなことはあまりないですが、遠ざかっていった人はいました。

それはそれで人間関係の断捨離になってすっきりしたので、あまり寂しさは感じませんでした。悲しませても構わないような、どうでもいい人に囲まれていたのかもしれません。

ただ、いくら人間関係を断捨離したり、お金を節約しても不幸感は募っていくばかりでした。

■嫌なことや無駄なことを捨てる

心の余裕を取り戻すには何をするか。まず、嫌なことを排除していきます。自分にとって不快感情を得てしまうようなことを排除します。

特に重要なのが疲弊する人付き合いを減らすことです。付き合い飲み会を拒否してみたり、愛想笑いを辞めてみたり、不快な時ははっきりと苦言を呈してみたり。たまには感情を爆発させても良いかもしれません。人間関係で溜まっているものは吐き出した方が良いかもしれません。自分はだいぶ開き直ることができるようになりました。

また、無駄なお金の使い方、無駄な時間の使い方もとことん減らした方がいい。何のメリットもないことにお金と時間を使っても限りある人生を無駄に過ごす事になるし、まず自分が不幸感に陥ってしまいます。

【関連記事】今すぐ辞めよう!時間もお金も破壊する無駄な行為8選

■自分は何に満たされるか?

takebe_fishon_tp_v

嫌なことや無駄なことを排除すれば心に隙間ができるので、だいぶ余裕が生まれるかと思いきや、案外そうでもないです。これは最近思ったことです。

人間、嫌なことを排除するだけでは、幸福感は出てこないのです。何だろう、何にもない部屋にぽつんと1人で体育座りしていても、何も楽しくないですよね。嫌なことを排除するだけでは、そのような状態です。

心の中はすっきりするでしょうが、自己中を改善するまではいかないでしょう。嫌なことを排除していくだけでは、人に興味を持つことはできません。

心の隙間を作ったら、その隙間に自分を満たすもので埋めていく必要があります。これは人それぞれありますが、おそらく効果が大きいと思うのは、付き合う人を変えることと、お金を貯めることです。どちらも精神的余裕を生むには欠かせません。

今まで、単に職場が一緒というだけで、本当は嫌いな人と付き合っていたのかもしれません。それでは自己中になるに決まっています。

じゃあ、どういう人に出会っていけばいいか、おすすめは辛いことを乗り越えてきた感じのする人と接することです。いろんなセミナーとかに行くと、そんな感じの人に出会えたりもします。こういう人と深く付き合うようにすると、自然と自分の心が満たされます。

今まで職場の人としか関わってなかった人は、こういう人に出会うと衝撃を受けると思います。パラダイムシフトを起こすと同時に、ようやく人間関係に充実感を覚えるでしょう。

お金を貯めることも重要です。心に余裕がなくて追い詰められる人の多くはお金がありません。お金がないと選択の自由がないわけですから、追い詰められるのは当然です。なので、自分の心にもお金にも余裕がないのなら、今まで以上にお金を貯めて、行動の選択肢を増やしたほうが良いです。

自己中から脱するには、まずは自分自身を満たすことです。自分自身を満たすためには、まずは人付き合いを変えてみることです。お金を貯めることです。

■願望に素直になる

150912275732_tp_v

人付き合いを変えたり、お金を貯めたら、少しずつ心に余裕が出てきますが、まだ完璧ではありません。もっと重要なことは、自分の願望に素直になることです。自分の潜在意識に素直に生きると言ってもいいでしょう。

わかりやすく言えば、自分の夢をはっきりさせて、夢を叶えるために必要な行動だけするということです。

自分の夢が明確であれば、傍から見たら「こいつ、どんだけ頑張るの?」と思えるようなことでもモチベーションが下がりません。

そして、何といっても夢に向かっているときは希望的で、不幸になりません。もちろん挫折を味わえば不幸感に満たされるでしょうが、やり直すことができます。

もっと不幸なのは、自分の夢を犠牲にして生きることです。本当の自分からかけ離れると、いずれ心を病みます。いくら無理に仕事をしていても、いずれバーンアウトします。自分の願望に素直にならない限り、人の心は満たされることはないのです。

■関連記事

【関連記事】自分を愛するというのはどういうことなの?人生を変えるために必要なこと

【関連記事】自分のことが大好きになって何者にも縛られない人生を送れる8つの方法

【関連記事】引き寄せる力が強い人になり他人に影響を与えるための8つの特徴

自分のことを好きなる、つまり自己愛を確立しないと、他人のことを考えたりすることはできません。今回、自己愛の確立について、参考文献をもとに書いた記事を紹介します。良かったら併せてご覧ください。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です