自分のために他人を犠牲にする人の5つの特徴|相手を負かしても構わない人の心理

シェアはこちら

max16011522_TP_V

自分が勝つためなら他人を犠牲にするタイプがいます。win-winタイプが自分も勝って相手も勝たせることなので、ここではwin-loseタイプと言います。

いかにも嫌な感じがするタイプですが、どちらかというと自分がこのタイプに該当するような気がしています。

でも、このタイプは悪いことだけではなく、良いところもあります。今回は、この辺について思うところを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

■孤立しやすい

他人を押しのけてまで自分が勝とう、成功しようというわけですから、当然周りから孤立しやすくなります。

このタイプは、「2階に上がったらはしごを外された」なんて表現をされますが、たしかに度が過ぎると人に恨みを買われやすい、嫌われやすい、人が去っていきやすいという特徴もあります。

自分の場合も、結構去っていった人も多かったです。

そして、このwin-loseタイプの人は、人を簡単に切り捨てるところもあるので、自ら人を遠ざけてしまうこともあります。自分がそうですから、何となく想像が付きます。

気付いたらみんな自分から離れてしまった。そのように陥りやすいタイプかもしれません。

■周囲から浮きやすい

他人と合わせたり、人の意向に従ったり、自己犠牲を伴うことが大嫌いで、自分の願望を押し通そうとします。しかも情熱があるのでこの傾向が大きいです。

周囲から浮いてしまいやすいタイプ、暴走しやすいタイプです。「何考えているかわからない」なんてことも言われます。ていうか、自分がそうです。

自分を抑えて相手に合わせるということが大嫌いで屈辱的なため、周囲から浮いても、良くも悪くもぐいぐい前に進むことがあります。

孤立しやすい、浮きやすい……。身近な仲間が定着しないタイプかもしれません。

■お金にシビア

人間関係を破壊してしまったりもするので、人間関係にルーズなところがあるwin-loseタイプですが、一方でお金にはシビアです。

お金がたくさんあれば選択肢が増えます。選択肢が増えるということは自由ということです。

win-loseタイプは自由に対する欲求が強い傾向にあると感じます。他人からの束縛を嫌がるところがあるので。なので、お金を大事にします。

一方で、利益を追求するあまり、本来の目的を見失いやすいかもしれません。自分の目標に執着するあまり、大切な人間関係を失いやすいかもしれません。

しかし、金銭管理、時間管理はしっかりしている傾向があります。なので、人間関係を良好にする習慣を身につけると最強な気もします。

【関連記事】人間関係を良くする7つの習慣&悪くする7つの習慣

■成功願望が強い

max16011542_TP_V

このタイプは情熱があり、成功願望が強いです。自分の願望というのが明確になっていたりします。

なので「あなたの夢はなんですか?」と聞かれると、結構具体的に答える特徴があるかもしれません。

人を押し退けてまで成功したい!というところがあるわけですから、成功に対する思いは人一倍大きいのです。

■win-winタイプに転換しやすい

成功願望が強く、人間関係を破壊しやすいということは、人間関係を良好にするようにすれば最強ということです。

願望を明確化すれば最強な自己犠牲タイプとは真逆で、このwin-loseタイプの人が取り組んだほうがいいのは人間関係かもしれません。

家族、両親、上司、部下、パートナー……誰かに対して人間関係を破壊するようなことはしていないでしょうか。怒りに任せて暴走していないでしょうか?

思考と行動を変えることは簡単なことではありません。でも、人を味方につけた方が成功しやすいと思いませんか?自分1人では成功しそうですか?

とは言っても、自分がまさにwin-loseタイプで、人を犠牲にしてでも、人を傷つけてでも、他人に構わずに成功したいと考えることがあります。

でも、結局これは自分を傷つけます。経験あるからとてもよくわかります。潜在意識では罪悪感というのが存在している気がします。

人を否定せず、拒絶せず、受け入れるような姿勢ができていくと、少なくとも現状の幸せに気付くようになるかもしれません。

まあ、自分の反省です……。

〇関連記事

【関連記事】自己犠牲的な人の4つの特徴|自分を負かして相手を勝たす人の性格とは?

win-loseの逆のlose-winタイプ、つまり自己犠牲タイプの人の特徴です。自分が我慢していればそれでいいの……というタイプです。このタイプについて思うところを書いています。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です