今すぐ全国民は「逃げてはいけない」を禁句にして他人の自由を守れ

シェアはこちら

逃げる

我々日本人は、どこか「嫌なことがあっても逃げてはいけない」と教え込まれたような気がします。

学校生活では部活のつら~い練習から逃げ出しそうになっても耐え続け、学校を出て就職して、仕事や人間関係でつら~いことがあっても「逃げてはいけない」と思って、ずっと同じ会社で耐え続ける。

しまいには、「これを乗り切れば、どんな辛いことでも耐えられる」なんてことを言って後輩を指導したりするのですが、これって本当に正しいことなんでしょうか?

そんなことを考えさせる詩が、2016年7月28日の産経新聞に掲載されました。

スポンサーリンク

■13歳中学生の考えた衝撃的な詩

以下、その産経新聞で掲載された詩を原文抜粋で紹介します。

逃げて怒られるのは人間くらい

ほかの生き物たちは本能で逃げないと生きていけないのに

どうしては人は「逃げてはいけない」

なんて答えにたどりついたのだろう

誰が考えた詩だろうかと思ったら、これは宮城県名取市の13歳の中学生が考えた詩だそうです。

この中学生が、どのような背景があって思いついた詩なのか、よくわかりませんが、多くの大人に衝撃を与えたのはたしかなようで、facebookでもシェアしていた人が多かったです。自分も共感して、いろいろ考えさせられました。

■逃げてはいけないのは人間だけ?

たしかに、動物は縄張りを守ったり、獲物を仕留めるために戦ったりもしますが、逆に身の危険を感じれば、全力で逃げますよね。

勝ち目のない天敵にまともに立ち向かっていれば命を失います。なので、全力で逃げないといけません。逃げるというのは、本来であれば生きるために必須の能力です。

ライオンに追いかけられているシマウマに対して、「逃げるな!戦え!」なんて言う人いませんよね。

でも、人間に対しては、このような状況でも「逃げるな!戦え!」と言ってしまいます。これはとても不思議なことです。

仕事が辛くても「会社を辞めたらだめ!逃げるな」なんてことを言われて、心が壊れるまで会社に通い続ける。こんなのは人間くらいです。

会社から逃げ出したほうが、本当の自分に向いた仕事に出会って、成功して金持ちになれるかもしれないのに、それでも多くの人は「会社を辞めてはだめ!」なんてことを言います。

特に大企業なんかは情報閉鎖社会なので、ずっと会社の中に居続け、人間関係も会社だけでは、独立や転職に関する情報を手に入れることは難しいです。

【関連記事】大企業に勤めるメリットよりデメリットの方を意識しよう

でも、会社の仕事や人間関係が自分に合っているとは限らないのです。逃げないことによって、どんどん成功から遠ざかり、心身ともに追い詰められることもあるのです。

そういう人に「逃げてはいけない」なんて言うのでしょうか?そんなに人間は他人を破滅に追いやりたいのですか?幸せな人生を阻みたいのですか?成功させたくないのですか?

【関連記事】もうだめ…嫌なことから逃げる人生はそんなに悪いことなのか?

■逃げてはいけないを禁句

今すぐ、全国民は「嫌なことがあっても逃げてはいけない」を禁句にするべきです。

人間には選択の自由があります。嫌なことがあっても耐えてもいいし、逃げ出してもいいんです。大事なのは、両方とも選択できるようにすることです。

それが自由です。自由とは多くの選択肢を持つことです。「逃げてはいけない」という言葉は、人間の自由を奪う言葉です。自由を奪われた先は人生の破滅です。

だったら、「逃げられるようにするにはどうしたらいい?」「このまま耐えていて良いことある?」と問いかけていきましょう。

そうすることで、人間は心が楽になります。追い詰められなくて済むようになります。

そうです、辛いことからは逃げ出してしまってもいいのです。会社から全力で逃げ出してしまってもいいんです。合わない環境で頑張ることほど不幸なことはありません。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です