変わり者こそ成功者になれる理由5つ|変人と言われても良いじゃない

シェアはこちら

Exif_JPEG_PICTURE

※ドバイのゴールドスークに行ったときに自分で撮った写真

たまにこんなことを聞いたことがないでしょうか?

「変わり者(もしくは変態)でも大丈夫、むしろあなたは変わり者だから成功できる」

 

「成功者はみんな周りから変わっている(もしくは狂っている)と言われてきた」

たしかに成功者の事例、例えばエジソンは何万回も失敗を繰り返したというエピソードがありますが、そもそも何万回も同じことを試すなんて、なかなかできないことです。

そして、これは現代でも同じようなことが言えるような気がします。少なくとも、自分の周りで成功者(定義は人それぞれですが)を目指す人の多くは、どこか変人と呼ばれそうな要素を持っています。

なぜ、変人が成功者になりやすいか、成功者が求められる変人の要素は何なのか、具体的に思うところを書いてみました。

スポンサーリンク

■無知な人の反対に耳を貸さない

成功者の多くは、「誰がなんと言おうとも、反対のことを言おうとも、自分の信念を貫き通す」という話を聞いたことがあると思います。

でも、多くの成功者は、全然人の話に耳を貸さないわけではありません。

アドバイスを聞く場合と聞かない場合、両方あります。

どういう人のアドバイスに耳を貸さないかというと、その分野のことを全然知らない人の否定意見です。

例えば自分が何らかの投資をしようとした場合、よく周りの人に反対されたりします。

ロバート・キヨサキの金持ち父さん貧乏父さんのエピソードにも出てくるのですが、これは実際に自分も経験があります。

しかし、反対する人は投資に詳しい人かというと、決してそんなことありません。株もFXもしたことがないような未経験者ばかりでした。

無知の人のアドバイスほど役に立たないものはないですが、実際にそういう場面は多いです。同じように会社の奴隷になっている人に「独立なんて辞めとけよ」なんて言われても全然説得力がないです。

成功者は、こういう無知な人の反対意見に耳を貸さずに突き進むので、周りから「何考えているかわからない」と思われがちです。

■びっくりするくらい素直である

逆に、メンターとかコンサルタントと呼ばれる人、または投資であれば優秀なファイナンシャル・プランナーに出会った場合、成功者はびっくりするほど素直になります。

相手の言うことで、「たしかにそうですね」と思えば、即実行に移します。

素直にそのまま実行するので、PDCAのサイクルがとても速く、すぐにフィードバックしてどんどん方法を改善していきます。

自分の目指している方向に対してピュアに取り組んでいるので、無我夢中です。また、自分より少し上をいく人のアドバイスなので、実行してうまくいく自信がどこかにあります。だから即実践します。

でも、これもまた、周りから見たら変人と思われてしまいます。「何をそんなに夢中になっているのか」とみんなが思うからです。

ちなみに、自分も「素直だね」と言われ、同時に「変人だね」と言われたことがあります。とても嬉しい気持ちになりました。

■成功者の周りも変人

多くの成功者は、案外直感を大事にしているような気がします。なので、僕も最近は直感を大事にするようにしています。

「なんかこの人合わないなあ」とか「この人ちょっとおかしいなあ」と思ったら、敢えて近づくようなことはせず、距離を置くようにします。

逆に、「この人と一緒にいると楽しいなあ」とか「この人、なんか自分に合うなあ」「この人、刺激になるなあ」という人がいれば、とりあえず関わらせてもらいます。

このようにしていると、成功者はどこか変人の要素を持っていますから、周りの人も変人になってくるのだと思います。

そういう自分も、周りに変人が多くなってきました。とても、今では「まとも」と言われるような人とは付き合えなくなっています。

なので変人の友達が増えた分、いなくなった友達もいますが、まあ良い傾向だと思っています。

■お金が目的になっていない

a0006_002418

月並みな表現ですが、会社員の多くは給料のために働いています。もっと一般的な表現をするとお金の奴隷というわけです。

ずっと前から問題視されていることですが、この傾向は変わっていません。お金が目的なので、会社に忠誠を尽くすわけでもなく、だからといって独立しようともしない。そう言うと聞こえは悪いですが、ほとんどの人はそんな感じです。

そのなかで、お金が目的ではなく、別の何かが目的となって、それが情熱となって動いていると、どうしても周りから見て奇異に映ってしまいます。

具体的に言うと、成功者、しかも黙っても人が寄ってくるような感じの人の多くは、「なんでそこまでするの?」「どうやったらそんなに尽くせるの?」ということを平気でやります。

■でもお金にはこだわる

だからといって成功者はお金に無頓着かというと、決してそういうことはないです。

むしろ、お金にはシビアな人が多いです。少なくとも、お金の奴隷になりつつある人よりも格段に倹約家です。

収入より遥かに低いレベルで生活できます。お金が自由に未来を選択できる手段であることを知っているからです。

でも、お金を稼いでも使わない人って、意外と少数派だったりするんですよね。これも、結構変人と呼ばれる要素のような気がします。

〇関連記事

【関連記事1】金持ちや成功者は付き合う人にどういう相手を選ぶのか?

【関連記事2】マイペースなB型には過去にどんな成功者がいるのか?

成功者に関する記事について、2つほどピックアップしてみました。

こちらも良かったら併せてご覧ください。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です