日本はやっぱり生きにくい国だと僕が思ってしまう理由6つ

シェアはこちら

生きにくい2

海外旅行を終えて日本に帰ってくると、なんか凹んだ気分になります。旅行を終えた時の寂しさとはまた違う、どこか落ち込んだ気持ちになってしまいます。

どこか息苦しさとか、生きづらさに似た圧迫感を感じてしまうんですよね。生きにくい日本に戻ってきてしまった……みたいな。

息苦しさを感じると同時に、虚無的な空気感も漂います。海外旅行から帰ってきた時に、電車に乗っている人を見ると、やたらとみんな目が死んでいるように見えてしまいます。

スポンサーリンク

■我慢して生きている

情報商材等のランディングページとかで、「いつまであなたは会社の奴隷でいますか?」「あなたは汗水垂らして会社に尽くして、それでも幸せですか?」という煽り文句を見たことがないでしょうか?

こういった煽り文句に踊らされて、詐欺に遭ったという話はよく聞く話ですが、こういう言葉に反応する日本人がとても多いのは間違いなさそうです。

多くの日本人は基本的に仕事が嫌い、それでも家族のためとか、会社のためとか言って、我慢して毎日会社に働き続ける。それを美徳とする文化が未だに根強いのはたしかです。

最近「頑張らない生き方」「我慢するのはもうやめよう」という言葉も多く聞きますが、それだけみんな我慢して生きてしまっているような気がします。

会社勤めしている人と関わっていると、本当にそんな感じがします。みんな、どこか自分に嘘を付いて働いているんですよね。全然今の仕事なんか好きでないのに。

経験が浅い段階で仕事を好きになるなんて不可能で、徐々に好きになっていくもんだ、という考えには賛成ですが、どこか仕事を好きになることを諦めて、割り切って会社員を続けてしまっている人がとても多いような印象です。

【参考記事】ストレスを我慢して仕事続けるか?好きなことだけして生きていくか?

【参考記事】橘玲著”残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法”文庫版の感想

■価値観の違いを認めない

以前、「違いは違いであって間違いでない」という言葉を聞いたことがありますが、これを聞いて、たしかになるほどなあ、と感じたことがあります。

というのも、多くの人、特に職場の人と接していたり、学生時代を思い出して感じるところなんですが、「違い=間違い」と受け取る人が非常に多いですよね。

多様な価値観を認めず、自分の考えが違う人を全員排除する文化、どこか日本的ですよね。

いじめやパワハラなんかは、まさにこういうところから生じているわけだし、そして、人間を排除することで快感を覚えるようなところも、どこか日本らしいと感じます。

【参考記事】「普通」という言葉が嫌いな理由|日常生活の口癖で注意したいこと

■お金の話をしたがらない

日本人は「お金は汚いものだと思っている」「お金の話をしたがらない」という話をよく聞きますが、本当にそう思います。

実際に職場とかで、投資の話とか副業の話、節約の話をしている人がどれくらいいるでしょうか?ほとんどいないのではないでしょうか?

生き地獄にはまりたくないなら、お金の知識は必須だと思うのですが(例:お金があれば会社を辞められる)、にも関わらず、お金の話を全然しない人がとても多い。

パチンコやギャンブルの話をする人はとても多いのですが、これは単なる浪費であり、こういう話に加わりたいとは思いません。

以前ほどではなくなりましたが、それでも副業も投資もしない人は本当に多いですね。言うまでもなく、それではずっと会社の奴隷として、生き地獄をさまようことになります。

【参考記事】なぜ日本人はお金の話をしたがらないと言われるのか?

■本音を言わない

生きにくい1

日本人は我慢して生きること、他人と足並みを揃えて生きることを美徳とする民族ですから、結果的に自己開示を控える人が本当に多いです。

自己開示といっても、深刻な悩みを相談するとか、辛い過去を全部ぶちまけるとか、そういうことではないです。

自分の本当の気持ちを話すことができないのです。特に職場の雰囲気なんか、そうではないでしょうか?

「それ言ったらだめだろう」みたいな雰囲気が、すごい漂っているんですよ。

少しでも列を乱せば孤立しやすい文化が日本には根強いですから、皆本音を言わずに生きているような気がします。

【関連記事】日本の同調圧力は異常すぎる|これでは誰も幸せになれない

■人間関係が狭い

多くの日本人の人間関係は非常に狭いです。人間関係の狭さとか広さは、単に友達の数ではなく、属しているコミュニティの多さです。

職場の人間関係だけではなく、セミナーの学びの仲間とか、何かお互いを高め合う関係。

大事なことは、職場の人間関係のように、どこか監視したり干渉するようなことはなく、助け合いたいときに助け合う、必要な情報交換をする、ゆるい関係。

顔を出したい時にだけ出せば良い、必要以上に干渉しない、そんな繋がりが人生を救うことがあります。

一方で多くの人は職場の人間関係しかない。退職後も会うような人が誰もいないにも関わらず。これは視野を狭めてしまうし、生きる力を奪われてしまいます。

【参考記事】職場や家族以外のゆるいつながりでかなり救われた気がしている

■モノを持ちすぎている

これについては、ここ数年、断捨離とかミニマリストという言葉が浸透しているので、多くの人が感じていることでしょう。

でも、僕が言いたいのは、こういう部屋の片付けのことだけを言いたいのではないです。むしろ、部屋の片付けがいらないくらいシンプルに生きたい。

お金の必要のない生き方をしてみたり、心が片付くような生き方。もともと所有を必要としないような生き方に価値があると感じます。

キャラクターで言えば、スナフキンのような感じが理想ですね。所有と自由は反比例するような気がします。

【参考記事】自由と孤独を愛する放浪の哲学者スナフキンの名言集が大好きだ

【参考記事】おすすめ本紹介|「断捨離」「捨てる」「減らす」「片付け」系

〇自殺率の低い地域から学ぶ

【参考記事】ストレスのない人生を送る5つの方法|実在の生き心地の良い町から考える

上の記事は、「生き心地の良い町」という本の書評ですが、自殺率が突出して低い、徳島県旧海部町の調査結果をもとにした本です。

そこには、自殺率の低い理由が大きく5つ書かれていました。この本を見ると、まだまだ日本も生きやすくできるのかな、日本に住んでいても、生き心地を良くする方法はあるのかな、と思います。

とても良いことが書いてあると感じた本なので、良かったら併せてご覧ください。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です